石手川橋梁01
(旧)石手川橋梁と仮設橋
(平成25年8月1日撮影)

今から5年前の平成25(2013)年頃に、石手川橋梁(予讃線・松山~市坪)の架け替えが始まるという話を聞いたので見に行くと、既に架け替え期間中に使用する仮設橋が完成していました。この後、間もなく仮設橋への切り替えが行われ、旧橋は同年のうちに撤去されたそうです。仮設橋は新橋が開通する平成28(2016)年の秋頃まで約3年間にわたって使用されています。
なお、石手川橋梁の架け替えは松山駅付近の高架化事業に伴う複線化のほか、石手川の河道を拡幅(30m→80m)する河川改修によるものです。

【石手川橋梁】
昭和5(1930)年開業
延長48m
下路プラットトラス橋
平成25(2013)年廃止


[予讃線・石手川橋梁]の続きを読む
長浜大橋01
長浜大橋
(戦前絵葉書より)

肱川の河口付近に架かる長浜大橋(愛媛県大洲市)は昭和10(1935)年3月に完成。当時の肱川は舟運が盛んだったため、船舶の運航に支障が生じないよう中央部の18mが開閉可能な可動橋となりました。その後、肱川の舟運は減少の一途を辿り、橋を開閉のする必要はなくなりましたが、維持管理と点検を兼ねて毎週日曜日の13時に開閉が行われています。
国道昇格から間もない昭和52(1977)年に、さらに河口に近い下流側に新長浜大橋が開通したため、幹線道路としての役割は終えました。この際に管理費用の問題から旧橋を撤去する案もあったそうですが、諸般の事情から最終的に維持する事が決定し、町のシンボル、生活道路として活用されています。

【長浜大橋】
昭和10(1935)年3月竣工
延長232.3m、幅員5.5m(制限幅2.2m)、制限重量2t
鋼トラス+バスキュール式可動橋
総工費:29万円
近代土木遺産Aランク
国重文


[旧国道378号線・長浜大橋]の続きを読む
長浜港01
長浜港
(戦前絵葉書より)

高所から長浜港(愛媛県大洲市)を撮影した戦前絵葉書。撮影時期は不明であるものの、予讃線の伊予長浜下灘間が開通している事から昭和10(1935)年以後と推測できます。かつての長浜は新宮(和歌山県)、能代(秋田)と並ぶ木材集積地であり、現在では民家が密集している伊予長浜駅前も当時は大部分が貯木場でした。


[長浜港(愛媛県大洲市)]の続きを読む
サンフジ01
フカヒレスープ麺(1,500円)+大盛(150円)+麺セット(300円)

今日はイエローハットに車検に出していた車を取りに行く途中、昼食に「すずかけ通り」にある本格中華料理のサンフジに行ってきました。
メニューにはアワビやフカヒレを使用した高級料理(気仙沼産フカヒレラーメン(2,980円)等)も散見されますが、さすがに昼間から高いものを一人で食べるのは気が引けた為、セットでも2,000円弱のフカヒレスープ麺にしときました。濃厚なとろみのフカヒレスープにタラバ蟹がよく合っていて美味かったですよ。
過去にはフカヒレとタラバの缶詰もあったけど、この二つの食材は相性が良いんですかね。

[サンフジ]の続きを読む
箱崎ロータリー00
箱崎PA付近

首都高には通常の高速道路ほどにはPAの案内がされていないため、慣れない者にとってはトイレ休憩の予定が立てにくいものです。6号・向島線を走行中に箱崎JCT付近でPAの案内標識を見かけて入ってみると、そこは初見殺しのロータリー式PAでした。
箱崎PAは6号・向島線に9号深川線が合流する箱崎JCTの下層に設置されており、それぞれの本線への入出路に加え、下道への出入口が二つ(箱崎、浜町)に清洲橋出口も設けられている事から、いずれの方向に向けても円滑に出入りできるようロータリー式が採用されているのでしょう。


[箱崎ロータリー]の続きを読む
天神橋01
初代・天神橋
(戦前絵葉書より)

藩政時代に高知城から真如寺等の寺社への参道として架設された天神橋は、大正14(1926)年に初めて車両が通れる永久橋(初代・天神橋)に架け替えられました。その後は昭和33(1958)年の架け替えを経て、九反田橋(昭和39年竣工、L=152m)と対になる環状道路の一環として現在の橋(三代目・天神橋、L=145m)が完成したのは昭和61(1986)年の事です。


[天神橋(高知県高知市)]の続きを読む
雪16
立川市役所前バス停
(平成30年1月22日19時頃)

今日は事前の予報通り都内では積雪があり、23区内では4年ぶりとなる大雪警報が発令されたそうです。
四国出身の我が家としては珍しく積もった雪と触れ合いたくて、終業後に次女とバスに乗って市役所前まで出かけたものの、時間の経過とともに凍死するかと思うほど凍えてしまいました。降雪が土日だったら公園とかで子供達とゆっくり雪遊びできたのにな…。


雪17
立川市役所前にて


伊勢海老01
千葉県夷隅郡御宿町の返礼品「ボイル伊勢海老×2」
(寄附金10,000円分)

昨年のふるさと納税は年末に思い立って慌ただしく選択してしまいましたが、今年は限度額を5等分して2~3ヶ月に1回ずつ実施しようと思います。テーマに「自分で金出してまでは買わないもの」と定めて、まずは千葉県勝浦市の北隣に位置する御宿町からボイル伊勢海老2尾を貰いました。


[ふるさと納税③]の続きを読む
河口隧道16
河口二号隧道 西条側坑口

それでは50年前に廃隧道となった二号隧道の内部を見ていきましょう。内部は緩やかなカーブを描いていますが、正対すると出口が見えています。これまでの三号、四号隧道よりは幾分長く延長3~40mと言ったところでしょうか。隧道リストでは何故か二号隧道だけ記載が漏れているので正確なスペックは不明です。


[愛媛県道12号線・河口隧道群【後編】]の続きを読む
河口隧道01
河口隧道
(戦前絵葉書より)

「石鎚山王子ヶ森(新道トンネル)」というタイトルの絵葉書、これは愛媛県道12号・西条久万線の河口隧道(愛媛県西条市)を撮影したものです。


[愛媛県道12号線・河口隧道群【前編】]の続きを読む