FC2ブログ
アイカツとコードブルー01
アイカツ!スタイル東京駅店のシャッター

8月末から研修で週末だけの帰宅となっている事から、土日ぐらいは家族サービスをしようと思い立ち長女と次女の意向を聴取したところ、長女はフジテレビ本社ビルで開催中のコード・ブルー展(7/21~9/30)、次女は東京キャラクターストリート(東京駅八重洲口)のアイカツ!スタイル東京駅店を希望してきました。
特に次女は開店前のシャッターも見たいと言う注文付きだったため、8時過ぎには立川を出発して東京駅構内で多少迷いつつも何とか開店20分前の9時40分には現地に到着できたのでした。


[アイカツ!とコード・ブルー]の続きを読む
ソラノイロ01
煮干し中華そば(680円)+大盛(120円)

東京駅のアイカツ!スタイルがオープンするまで20分弱の時間があったため、食事を摂ろうと東京駅一番街で物色していたところ、東京ラーメンストリート内の六厘舎とソラノイロでは朝ラーが食べられるという看板を発見。
ただし、六厘舎は9:30が朝ラーのラストオーダーで既に終了していたため、この時点では10:00まで朝ラーをやってるソラノイロしかありません。また、ソラノイロでも朝ラーのメニューは煮干し中華そばと朝ベジソバ(私はこの手の野菜系ラーメンは苦手)しかなく、選択の余地がない状況でした。幸い、実質的に一択のメニューだった煮干し中華そばは、上品な味付け(最近流行りの濃厚ではなく薄目の味付)ではあるものの、しっかりと煮干しの風味が活きていて美味かったと思います。680円という価格も立地を考えると非常にリーズナブルです。
写真ではガーリックチップが載っていますが、これはテーブル備え付けのものなので、嫌いな人は入れなくてもOK。


[ソラノイロと白えび亭]の続きを読む
阿波中央橋01
阿波中央橋北詰

コインスナック御所24と鴨島のガストを行き来するために、私が好きな国道318号の阿波中央橋を10年ぶりぐらいに渡りました。
阿波中央橋は吉野川に架かる永久橋としては吉野川橋(国道11号)、穴吹橋(国道193号)、三好橋(国道32号)に次ぐ4番目に完成した橋で、戦後では初となる吉野川への本格的な架橋事業でした。橋名の由来は吉野川橋と穴吹橋の中間地点付近に架かっている事に由来しています(吉野川橋から約20km、穴吹橋から約18km)。戦後の完成なので近代土木遺産等には指定されていませんが、1km近い13連もの長大なワーレントラスは壮観の一言です。

【阿波中央橋】
昭和28(1953)年竣工
延長821m、幅員6m
鋼ワーレントラス橋(13連)


[国道318号線・阿波中央橋]の続きを読む
伊予大洲01
愛媛鉄道時代の大洲駅
(戦前絵葉書より)

今年(平成30年/2018年)は愛媛鉄道の大洲~長浜町間が開業してから100年目という事で、国有化によって予讃線に編入された旧愛媛鉄道の該当区間(伊予大洲~伊予長浜間)の各所には、ささやかながら100周年を記念する看板が掲げられていました。


[内子線旧線跡【伊予大洲~新谷】]の続きを読む
とみ坂01
スタミナ中華ソバ旨辛味噌(1,050円)+大盛(100円)+辛ねぎ(150円)

今日は散髪の帰りに立川駅北口でラーメン屋を物色していると曙橋交差点の東側に見慣れない店を発見。今年の3月に「ばりき家」からリニューアルオープンした「スタミナ中華ソバ とみ坂」です。基本メニューは中華ソバ、野菜中華ソバ、そしてスタミナ中華ソバの3種で、醤油、塩、旨辛味噌のスープが選択できます。今回は初めてという事で店名にもなっているスタミナ中華ソバの旨辛味噌を選択してみたところ、濃厚な牛骨スープにニンニクが利いていて美味かったですよ。


[スタミナ中華ソバ とみ坂]の続きを読む
立川マシマシ08
すごい冷やし中華(950円)

連日のように暑い日が続いているなか、本日のラーメン会は以前から気になっていた立川マシマシの「すごい冷やし中華」を食べに行ってきました。
ここで出てきた冷やし中華は二郎系の極太麺(200~500gの間で選択可、私は300gにした。)に豚バラ、ガリ、キュウリ、マヨネーズが乗ったもの。確かに普通の冷やし中華とは一線を画したボリュームではあるものの、二郎系特有のアブラだのヤサイだのといった無料トッピングはなし。冷やし中華としては美味い部類に入るけど、せっかく二郎系の店に来て注文するにはジャンク不足を感じました。その証拠に我々が滞在していた間に訪れた10数人の客のなかでは、冷やし中華を頼んでいる人は1人もおらず、人気メニューという訳でもなさそうです。まあ、何にしても良い体験ができたと満足してます。


[立川マシマシ②]の続きを読む
野村町01
【A地点】 野村大橋
(平成30年7月25日撮影)

夏休みに帰省した際に平成30年7月豪雨によって大きな被害を受けた愛媛県西予市野村町の様子を見に行ってきました。野村町では7月7日に野村ダムの貯水量を超える水量が流れ込んだため、ダム下流の肱川が氾濫して町の中心部500棟以上が床上まで浸水しています。


[愛媛県西予市野村町]の続きを読む
鹿野川大橋01
二代目・鹿野川大橋

国道197号と旧肱川町役場を結ぶ位置に架かる鹿野川大橋(愛媛県大洲市)は、従来の渡し船に代わって昭和11(1936)年に開通したものです。この初代・鹿野川大橋はRC桁橋で、肱川本流に架設された永久橋としては肱川橋(国道56号)、大川橋(国道197号)、長浜大橋(国道378号)、大和橋(県道28号)と並んで最古の部類に該当しますが、開通から僅か9年後の昭和20(1945)年に発生した枕崎台風によって流失してしまいました。戦後の混乱期が一段落着いた昭和26(1951)年に、橋台等の一部を再利用して吊橋として再建され、昭和53(1978)年に少し上流に現在の橋が開通するまで利用されました。

【二代目・鹿野川大橋】
昭和26(1951)年竣工
延長101m、幅員3.0m
吊橋
昭和53(1978)年架替


[愛媛県道55号線・鹿野川大橋]の続きを読む
たちばな家15
やまめの塩焼き定食(1,450円)

今日は職場で世話になってる上司を接待するため、檜原村の三頭山荘まで出向いたものの、なんと台風のため臨時休業。山奥だけに簡単に代替店はありませんが、橘橋の袂の「たちばな家」がラーメンだけでなく川魚料理等も扱っていた事を思い出して行ってみました。改めてメニューを確認すると川魚は鮎、ヤマメ、マスの3種で、定食のほか塩焼きの単品メニューもあり、接待の案内人としては面目を保つことができました。私は定食を頼んだけどボリュームもあって美味かったですよ。


[たちばな家②]の続きを読む
鏡花07
たっぴらーめん全部乗せ(1,242円)+大盛(130円)

今夜は酒が飲めない日だったので、次女のアイカツがてら「ららぽーと」のフードコート内にある鏡花でラーメンを食べてきました。鏡花は立川では名の知れた有名店で、「ららぽーと立川立飛店」には辛さを利かせた立飛オリジナルの「たっぴらーめん」があります。基本メニューも立川南口の本店と同じであり、気軽に行けるフードコートの飲食店ではレベルが高い方ではないでしょうか。


[鏡花@ららぽーと立川立飛店]の続きを読む