河口隧道01
河口隧道
(戦前絵葉書より)

「石鎚山王子ヶ森(新道トンネル)」というタイトルの絵葉書、これは愛媛県道12号・西条久万線の河口隧道(愛媛県西条市)を撮影したものです。


[愛媛県道12号線・河口隧道群【前編】]の続きを読む
木地隧道01
西条営林署
(戦前絵葉書より)

愛媛県東予地方を管轄としていた西条営林署は、現在は松山営林署と統合されて愛媛森林管理署になっています。西条営林署が管轄としていた主な国有林は石鎚山周辺と東三方ヶ森北側の木地奥(今治市)にあり、同営林署が戦前に発行した絵葉書には木地奥における活動が数多く撮影されていました。


[旧国道317号・木地隧道]の続きを読む
立石隧道01
高松道四車線化事業竣工碑と立石隧道竣工碑

年末にwikiの「立石隧道」の頁をチェックすると、隧道の竣工年が判明した旨の記載がありました。なんでも近隣の民家に保管されていた竣工記念碑が発見され、竣工年が刻まれていたんだとか。再発見された立石隧道の記念碑は、折から4車線化が完成した高松道(旧高松東道路)の竣工記念碑と肩を並べて、高松東ファクトリーパークの一角に建立されています。


[立石隧道(香川県高松市~三木町)]の続きを読む
高松東道路01
ワラジヤの道路地図
(平成12年発行)

平成29年11月21日に国道11号の有料バイパス道路だった高松東道路(津田東IC~三木町・高松市境)が4車線化に伴い高松道に編入されたそうです。高松東道路の有料区間(津田東IC~さぬき三木IC)は平成10(1998)年に開通。これによって既に開通していたさぬき三木IC以西の一般道路部分(~上天神町交差点)と合わせて全通となりました。その後、平成13(2001)年3月には、有料区間の起終点が延伸してきた高松道に接続して、実質的に高松道の一部として機能するようになりました。
とは言え、周辺道路の案内標識は当初から高松東道路を高松道として記載した上に、有料区間には国道標識は存在せず、緑看等の標識も高松道と全く同じものが使用されていたため、高松東道路(有料区間)の存在は文字通り知る人ぞ知る状態だった訳です。


[国道11号線・高松東道路]の続きを読む
以布利トンネル01
【A地点】 以布利トンネル土佐清水側坑口

高知県土佐清水市の以布利トンネル(以布利バイパス)は、まだ私が愛媛に住んでた平成21(2009)年に開通していましたが、土佐清水市は「東京からの移動時間を最も要する市」と言われるほどの僻地であるため、ようやく初通過が叶ったのは開通から7年も経った平成28(2016)年の事でした。
ちなみに「えきから」で東京駅から中村駅までの所要時間を検索してみると、航空機を利用しても6時間30分~7時間程度。さらに中村~土佐清水間はバスで約1時間かかります。現在は高知道が窪川まで開通しているので、高知空港でレンタカーを借りれば公共交通機関と比べて1~2時間ぐらいは短縮できるでしょう。

【以布利トンネル】
平成21(2009)年8月2日開通
延長504m

[旧国道321号線・以布利トンネル]の続きを読む
急勾配01
37%の「下り急勾配あり」
(東京都東大和市)

こちらの記事で東京都東大和市に国内最大の数値である「37%」を示した「下り急勾配あり」の警戒標識があるという事を知りました。この標識が設置されているのは住宅街の中の市道だというので、わざわざネタにする程でもないような気もしたけど、車で30分程度の隣町だったため確認してきた次第です。一応、解説しておくと37%の勾配とは100mの距離で37mの高低差が生じる坂道であり、この数値が本当だとすれば車両での通行は困難であると思われます。


[37%の急勾配(東京都東大和市)]の続きを読む
拝島駅01
【A地点】 武蔵野橋南交差点
(平成24年11月24日撮影)

久しぶりに拝島駅前を通ると、国道16号からのアクセス道路である都道164号(拝島停車場線)が全面的に付け替えられていました。都道164号は拝島駅南口から国道16号の武蔵野橋南交差点までを結んでいる全長349mの路線で、この内の半分以上を占める終点側の約200mは武蔵野橋が開通する以前の旧国道16号です。


[都道164号・拝島停車場線]の続きを読む
永木トンネル01
永木トンネルから大洲方面を見る
(平成12年6月4日撮影)

自動車免許を取得して間もない頃に、伊予郡双海町下灘(現・伊予市)から伊予郡中山町(現・伊予市)に向けて県道(54号→226号)を走行していると、途中で松山自動車道の永木トンネル付近の建設工事現場に出くわしました。永木トンネルを含む松山道の伊予IC~大洲IC間は、これより約50日後の7月28日に開通しているので、工事の進捗状況としては最終段階に当たるでしょうか。


[松山自動車道・永木トンネル]の続きを読む
筒井徳丸線01
西古泉の交差点
(平成22年9月23日撮影)

私が東京に出て来てから1年後(平成23年3月)に愛媛県伊予郡松前町の町道・筒井徳丸線が町内昌農内まで延伸開通しました。
町道筒井徳丸線は松前町内に不足している東西道路で、国道56号を除くと唯一の4車線道路です。初めての開通(県道22号~県道326号間)は、私が運転免許を取得して間もない平成12(2000)年の事で、当時は県道326号(旧国道56号)と突き当たる丁字路交差点には「ギノーみそ」の工場が建っていました。その後、筒井徳丸線の延伸工事に伴い「ギノーみそ」は立ち退きとなり、現在地(愛媛県伊予郡松前町永田345-1)に移転しています。


[松前町道・筒井徳丸線]の続きを読む
松山ジャンクション01
松山外環状道路

本日は松山外環状道路の余戸南IC~東垣生IC間(側道部分)が開通する日です。外環状が着工した平成20(2008)年から9年の歳月をかけて、ようやく松山ICから松山空港の間近まで開通した事になります。今回は外環状の本格着工前に暫定開通していた松山ICの入口部分(現在の井門IC~松山JCT~古川IC)の変化について紹介していく事にしましょう。


[松山外環状道路【松山ジャンクション】]の続きを読む