大山道路01
大山トンネル 室戸側坑口

大山道路(L=2.0km)は平成27(2015)年2月28日に開通した地域高規格道路・阿南安芸自動車道の一部として開通しました。
これまでに開通していた阿南安芸道の日和佐道路(平成23年全通、L=9.3km)、北川奈半利道路(平成22年全通、L=5.0km)が自専道であったのに対し、大山道路は歩行者等も通行可能な一般道路として開通しており、並行する旧道が市道(大山旧国道線)落ちしている事も大きな特徴と言えるでしょう。


[地域高規格道路・大山道路]の続きを読む
高知西バイパス01
県道39号からの高知西バイパス入口
(高知県いの町鎌田)

老朽化した仁淀川橋と混雑が著しい伊野町内の国道33号を迂回する高知西バイパスの第2期工区が平成28(2016)年3月5日に枝川ICまで開通し第1期工区(平成9年開通、高知市鴨部~伊野町枝川)と接続しました。これによって高知西バイパスは8割方完成した事になり、未開通区間として鎌田IC~波川ICが残っているものの、県道39号・土佐伊野線を介して一連のバイパス道路として利用する事が可能になりました。


[地域高規格道路・高知西バイパス【鎌田~枝川】]の続きを読む
河ヶ平01

平成16(2004)年9月の台風21号がもたらした豪雨によって、愛媛県東予地方では一時は東西の幹線(松山道、国道11号、JR予讃線等)が不通になり、西条市と高知市を結ぶ国道194号も西条市荒川で発生した土石流によって寸断されました。特に国道194号の被害は大きく完全復旧までには2年以上の歳月を要し、この間には被災箇所を迂回する約350mの仮設道路が建設され国道の代役を務めています。


[国道194号線・西条市荒川の仮設道路跡]の続きを読む
兎之山隧道01
兎之山隧道 西条側坑門
(平成18年2月18日撮影)

今年のGWに11年ぶりに兎之山隧道(愛媛県西条市)を確認してきました。
兎之山隧道は黒瀬ダム(昭和48年完成)建設に伴って付け替えられた旧道に存在し、堤体より僅かに下流側に位置していた事から水没を免れ、ダムの管理用通路として利用されています。平成16(2004)年に西条側坑口で発生した土砂崩れ(おそらく台風21号による災害)によって通り抜けできなくなり、少なくとも私が愛媛を離れた平成22(2010)年の時点では復旧されておらず、むしろ堆積している土砂が年々増え続けているような状態でした。


[旧愛媛県道12号線・兎之山隧道]の続きを読む
臼杵隧道01
臼杵隧道 高知側坑口

久しぶりに旧国道195号の臼杵隧道(高知県香美市)を通り掛かると、封鎖方法が壁+扉から金網に変更されていて洞内の様子が窺がえるようになってました。

【臼杵隧道】
昭和27(1952)年竣工
延長170.0m、幅員4.6m、高さ4.6m(制限高4.0m)
昭和62(1987)年廃止


[旧国道195号線・臼杵隧道]の続きを読む
新府中街道01
新府中街道
(武蔵台~日吉町間)

平成19(2007)年に着工した国分寺3・2・8号線(L=2.8km、新府中街道の一部)のうち、府中市から国分寺市に跨る武蔵台~日吉町間(L=1.1km)が平成29(2017)年3月16日(木)に開通するそうです。私が府中方面へ行く時は専ら弁天通りから内藤橋街道(地図上で赤線で示した)を通っていますが、武蔵台~日吉町間が開通すれば新府中街道経由居に変更してみても良いのかなと考えています(所要時間には大差なさそうだけど)。


[新府中街道【武蔵台~日吉町】]の続きを読む
福生の白看01
「牛浜交差点」の白看
(距離は判読不能)

五日市街道(都道7号・杉並あきる野線)をあきる野市に向けて走っていると、福生市内の牛浜交差点にて白看を発見しました。


[都道7号線の白看(東京都福生市)]の続きを読む
氷川隧道01
氷川名所 氷川隧道
(戦前絵葉書より)

氷川隧道(東京都西多摩郡奥多摩町)の戦前絵葉書を入手しました。これまでに何度も通った事がある隧道なので、現状は百も承知だったけど改めて現地確認をしてきた次第。


[旧国道411号線・氷川隧道]の続きを読む
野越トンネル22
野越峠周辺地図
(平成26年道路地図より)

新野越トンネルが建設される運びとなった原因としては築50年を経過した野越トンネル(昭和42年開通)の狭隘さばかりが目立っていますが、明治34(1901)年に開通した郡道・津野山線を拡幅しただけで、ほぼそのまま活用している野越峠西側の悪線形が最大の要因でしょう。


[国道197号線・野越トンネル【後編】]の続きを読む
野越トンネル01
野越トンネル周辺地図

平成27年度から国道197号線にて旧来の野越トンネル(高知県高岡郡・檮原町~津野町)をバイパスする新野越トンネル(L=796m)の本体工事が始まりました。
上記区間の現道は昭和40年代から50年代にかけて一次改築が行われている為、2車線に拡幅済みであるものの旧道を拡幅した箇所には最小曲線半径30mのカーブを含む急カーブが連続しており、布施ヶ坂トンネル(平成3年11月開通)の開通によって快走路に生まれ変わった国道197号線の中ではちょっとした難所として残っています。


[国道197号線・野越トンネル【前編】]の続きを読む