FC2ブログ
伊予市駅01
松山~南郡中間 開業記念絵葉書

昭和5(1930)年2月27日、予讃線が松山駅から南郡中駅(現在の伊予市駅)まで延伸開業した際、この記念絵葉書が発行されました。ここで注目したいのは大洲以南の予定線が坂石~近永を通っている点です。当時、南予では現行の八幡浜、卯之町ルートと坂石、近永ルートの沿線が熾烈な誘致合戦を繰り広げており、ようやく現行ルートでの敷設が決定したのは昭和8(1933)年の事でした。これは両ルートの沿線人口を比較してみると妥当な判断だったと思います。


伊予市駅02
昭和2(1927)年頃の松山市街

それではせっかくだから松山駅~伊予市駅まで現在の様子を見てきましょう。
wiki等にも記載されているところですが、国鉄・松山駅は諸般の事情から当時は町外れの田園地帯だった南江戸に設置された上に、既に松山市駅を中心とした市内を網羅する伊予鉄道の路線網が完成していたため、現在に至るまで利用がイマイチ伸びない状態が続いており、専ら都市間の中長距離移動に利用されています。





伊予市駅03
二代目・松山駅舎
(平成21年10月20日撮影)

そんな松山駅でも平成に入った頃から、周辺の区画整理と合わせた高架化が計画されています。これらの事業は私が松山に住んでた時は愛媛国体が開催される平成29(2017)年に完成予定とされていたものの、帰省に度に見に行っても一向に進捗している様子がないので不審に思っていると、いつの間にか平成32(2020)年に延期されており、最近さらに平成36(2024)年に延期となっていました。
なお、高架化の際には路面電車が松山駅前駅からJRを突っ切って総合公園下の松山環状線まで延伸するらしい。


伊予市駅04
二代目・松山駅舎
(昭和30年代の絵葉書より)

現在の松山駅舎は昭和28(1953)年に建設された二代目のもの。昭和30年代の駅舎と現在の駅舎比較すると、異なっているように見えますが、これは平成12(2000)年に正面の三角屋根が増設されたためです。


伊予市駅17
平成2(1990)年に撮影された二代目・松山駅舎



伊予市駅05
初代・松山駅舎
(戦前絵葉書より)






伊予市駅06
南予への本線と貨物駅
(平成21年11月7日撮影)

松山駅の車両基地と旅客駅の南側に設置されている貨物駅は、高架化した際には北伊予駅~伊予横田駅間(伊予市上三谷)に移転する事になっており、現地では建設工事が進められています。


伊予市駅07
高架化によって除去される予定の竹原踏切
(平成21年8月5日撮影)



伊予市駅08
平成28年に架け替えが完成した石手川橋梁
(平成25年8月1日撮影)



伊予市駅09
重信川橋梁を渡る特急・宇和海
(平成26年8月21日撮影)

開業記念絵葉書に記載された松山~南郡中間の橋梁工事費は20数万円となっていますが、その大半は石手川と重信川の二つの橋梁が占めているはずです。

【重信川橋梁】
昭和5(1930)年開業
延長277.1m
上路プレートガーダー橋


伊予市駅10
北伊予駅から伊予市駅方面を見る
(平成29年5月7日撮影)

北伊予駅は松山~南郡中間では唯一、開業当初から存在した途中駅です(現在は市坪、北伊予、伊予横田、鳥ノ木の4駅がある)。かつては北伊予付近から四国山地を縦断して佐川に至る幻の予土線計画がありました。


伊予市駅12
伊予横田駅に停車する普通列車
(平成25年8月1日撮影)






伊予市駅13
(旧)伊予跨線橋
(平成20年2月28日撮影)

国道56号が予讃線を跨ぐために建設された伊予跨線橋(昭和37年竣工)は、伊予インター関連事業による4車線化により平成28(2016)年に架け替えが完了しました。


伊予市駅14
(新)伊予跨線橋
(平成30年1月2日撮影)






伊予市駅15
伊予市駅舎
(平成19年10月22日撮影)

伊予市駅が南郡中駅として開業した当時は、既に伊予鉄が伊予郡郡中町の中心駅として郡中駅を営業しており、南郡中駅開業後には国鉄に対抗するかの如く正面に郡中港駅を延伸開業させました。その後、昭和30(1955)年に郡中町が周辺3村と合併して伊予市となった事から南郡中駅も伊予市駅に改称しています(伊予鉄の郡中駅と郡中港駅は改称せず)。


伊予市駅16
伊予市駅を発車する特急・宇和海
(平成21年11月8日撮影)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/988-74e8bf9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック