箱崎ロータリー00
箱崎PA付近

首都高には通常の高速道路ほどにはPAの案内がされていないため、慣れない者にとってはトイレ休憩の予定が立てにくいものです。6号・向島線を走行中に箱崎JCT付近でPAの案内標識を見かけて入ってみると、そこは初見殺しのロータリー式PAでした。
箱崎PAは6号・向島線に9号深川線が合流する箱崎JCTの下層に設置されており、それぞれの本線への入出路に加え、下道への出入口が二つ(箱崎、浜町)に清洲橋出口も設けられている事から、いずれの方向に向けても円滑に出入りできるようロータリー式が採用されているのでしょう。


箱崎ロータリー01
【A地点】 6号・向島線(上り)からのロータリー入口

6号・向島線(上り)からのロータリーへの入口には一時停止の標識が立っていました。この他には箱崎入口からの進入路が一時停止になっており、停止しない車を摘発すべく頻繁に白バイが見張っているとの事。ここからだとPAはロータリーに入ってすぐ左側にあって標識も立っているのですが、この建物がPAには見えなかったため素通りしてしまいました。


箱崎ロータリー02
【B地点】 箱崎PAからの合流と6号・向島線(上り)への分岐

PAを過ぎると6号・向島線(上り)に復帰するランプが内側から分岐しています。つまり6号・向島線(上り)からだとロータリーを100mも走行しないでPAを利用できる構造になっている訳です。


箱崎ロータリー03
【C地点】 浜町入口からの合流と9号・深川線(下り)への分岐

続いて左側からは浜町入口からのランプが合流し、直ちに9号・深川線(下り)へのランプが分岐します。この合流及び分岐地点はロータリーの中でも特に交通が輻輳するためか、ロータリー内でも唯一となる普通の信号機(夜間は点滅式になるらしい)が設置されていました。


箱崎ロータリー04
【D地点】 9号・深川線(上り)からの合流と箱崎出口への分岐
(点滅式の信号機が設置されている)

ロータリーの西端は9号・深川線(上り)からの合流、箱崎出口への分岐、箱崎入口との合流点になっており、これら二つの合流ではロータリー内の走行が優先道路になっています。


箱崎ロータリー05
【E地点】 東端の合流及び分岐点

ロータリーの東端では6号・向島線(下り)からの合流、浜町出口への分岐、6号・向島線(下り)への分岐、清洲橋出口への分岐、私が入ってきた6号・向島線(上り)からの合流が立て続けに現れます。中でも6号・向島線(下り)からのロータリーへの進入は、信号機がない上に短区間で2回の車線変更を要するため特に注意が必要です。


箱崎ロータリー06
【F地点】 6号・向島線(上り)への分岐

ロータリーを一周して大体の構造を理解したものの、東端から内側の車線を走行していたためPAに入る事はできず、6号・向島線(上り)への分岐から本線に復帰。結局のところロータリーを一周しただけで終わっていまい、トイレは1号・羽田線の平和島PAまで我慢する事になりました。次に来た時にはトイレを利用させて貰いますよ。


箱崎ロータリー07
首都高のサイトから拝借した箱崎ロータリーの案内図






箱崎ロータリー08
平和島PAにて

平和島PAは売店の缶詰コーナーが充実していて、「横須賀海軍カレー」(975円)や「鯨の須の子」(990円)に八戸名産「いちご煮」の缶詰(1,300円)まで売ってました。いちご煮缶はそのまま食べるのは勿論、炊き込みご飯にしても美味いですよ。


箱崎ロータリー09
いちご煮の炊き込みご飯



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/974-3e3ebc4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック