臨港線1

昭和62年まで日豊本線・西大分駅と大分港を結ぶ貨物支線(臨港線)が存在していました。
昭和25年に開通した約1.5kmの短い支線ではありますが、道中では国道10号+大分交通別大線(昭和47年廃止)と平面交差し、途中駅も「金谷橋」「王子町」の二駅設けられており、なかなか存在感のある路線だったようです。西大分駅から大分港まで直線距離で約300mですが、今回は少し寄道して廃線跡を歩いてみました。
西大分駅は今も貨物取扱駅なので広い構内を持っています。西大分駅から東に約200mほど進んだ所から貨物支線が分岐していました。


臨港線2

分岐点は未舗装のまま放置(?)されている為、鉄道の雰囲気が濃厚に残っています。この先では廃線跡の一部が家屋や駐車場に転用されていますが、鉄道らしい曲線のまま利用されているので道筋を見失う事はありません。

臨港線3

踏切の跡地にはレールも残されています。
地図に記載が無いので正確にはわかりませんが、この辺りに「金谷橋駅」があったものと思われます。


臨港線4

天下の国道10号との交差点にはさすがに何の痕跡も残っていません。ちなみにこの国道10号は昭和40年代後半に開通したバイパス道路です。


臨港線5

国道を渡ると廃線跡は緑地として整備されています。その名も「臨港緑地」。


臨港線6

県道22号線(大在大分港線)との交差点。昔はこの道が国道10号線であり、昭和47年まで路面電車の大分交通別大線が通っていました。国道と路面電車と貨物支線が交差していた踏切があったはずですが、今では県道に横断歩道が通るのみです。
ここから先は県産材流通センターの敷地になっている為、線路の跡地は完全に消滅していますが、地図によると約100m先の「王子町駅」と思われる場所でスイッチバックして「大分港駅」に向かっていたようです。

臨港線7

大分港駅跡地は広い空地として残っていますが、鉄道の名残は何も残っていません。奥に見えるのは松山・関西行きのダイヤモンドフェリーです。この便で松山に帰りました。


臨港線地図(S45)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
貨物と路面電車と国道が平面交差していたのですか!
現役当時は凄い光景だったでしょうね・・・(^^;
2009/01/07(水) 15:43 | URL | RYO #-[ 編集]
貨物の便数にもよりますが、国道は大変な渋滞を起こしてたんじゃないかと思います。
割と最近まで残ってた路線なので地元では覚えてる人も多いでしょうね。
2009/01/08(木) 23:44 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
臨港線は私が小さい子供の頃はまだ残っていたので覚えています。
東の方は今の大分県医師会館の辺くらいまで伸びていて、県道22号から端が見えました。バスの中から見た記憶があります。あの辺に確か工場がありました。
金谷橋駅と王子町駅は見た記憶がありません。おそらく路面電車の駅ではないでしょうか。大正時代に廃線になったらしい路線にその名があるようです。
大正11~14年の間らしく、当時の地図は持っていないので確かめようが無いです。

何度か列車が通ったのを見た記憶があります。
2010/02/14(日) 22:28 | URL | Faulenzer #-[ 編集]
p.s.王子町駅の方は地図に載ってますねorz
金谷橋の方だけが別路線です。
2010/02/15(月) 09:17 | URL | Faulenzer #-[ 編集]
ああぁ、表の見方間違ってました。金谷橋駅は旧線の駅で、大正14年に廃線になってました。

このページに載っている地図の路線が開業したのが大正11年のようです。
2010/02/15(月) 20:48 | URL | Faulenzer #-[ 編集]
こんばんは、はじめまして
当時の状況を教えていただきありがとうございます。
実は金谷橋駅と王子町駅はソースが曖昧でして、ご指摘の通り実在しなかった可能性があります。
以前、オフ会でも指摘された事があったのですが、そのままになっておりました。
また詳細を調べて修正しておきます。
2010/03/01(月) 21:46 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/9-f78f5827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック