松前駅01
松前駅舎
(平成29年5月7日撮影)

伊予鉄郡中線の松前駅(愛媛県伊予郡松前町)は、南予鉄道(郡中線の前身)が開業した明治29(1896)年から存在している非常に古い歴史を持つ駅です。年季の入った木造駅舎は開業当時に建てられた可能性があるものの、確証がない為か文化財等の指定は一切受けていません。最近は何百年も前の古代建造物でも建築年が判明するケースが多々あるようなので、今後の詳細な調査に期待しましょう。


松前駅02
松前駅舎
(平成26年8月21日撮影)

ところで3年前に撮影した写真と現状(平成29年)を比べてみると、正面屋根の軒下に掲げられていた駅名看板がなくなっている事に気が付きました。左書きとは言え、駅舎のシンボル的な看板だっただけに残念です。


松前駅09
松前駅舎
(平成17年9月24日撮影)



松前駅10
在りし日の駅名看板





松前駅04
松前駅舎
(平成29年5月7日撮影)

さらに全体像を比較してみると、ここ数年の間に駅舎の一部や木の柵が撤去され、白壁部分がきれいに補修されている事も分かります。古い駅舎だけにこういうメンテは不可欠なんでしょうけど、出来るだけ外観を損なわないようにお願いしたいと思います。


松前駅03
松前駅舎
(平成19年12月2日撮影)






松前駅05
松前駅構内

駅構内は上下線に旧貨物線跡を加えた2面3線の配線。貨物線跡には架線も張られておらず長らく使用されていませんが、他の伊予鉄駅(郡中駅、余戸駅等)では不要になった貨物線は駐車場等に転用されているので、レールが敷かれたまま残っているのは珍しい例です。


松前駅06
松前駅南側の長尾谷川橋梁を通過する伊予鉄電車





松前駅07
地蔵町駅舎

松前駅の南隣に位置する地蔵町駅の駅舎も、かつては古くて汚いものでしたが、平成2(1990)年頃に現在の駅舎に建て替えられました。この際に構内も改築工事が行われ、従来の棒線駅に1線追加して現在の2面2線となっています。


松前駅08
地蔵町駅構内


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/884-d179db71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック