安芸橋01
【A地点】 二代目・安芸橋(左)と初代・安芸橋(右)
(戦前絵葉書より)

高知県安芸市の安芸川に架かる安芸橋は昭和7(1932)年に木橋からRC造りの永久橋に架け替えられました。絵葉書に残された二代目・安芸橋の姿を見ると、大きな親柱と凝ったデザインの欄干を備えており、「安芸」と「県道高知徳島線」(国道55号の前身)の名前に恥じない立派な橋だったようです。

【安芸橋】
昭和7(1932)年竣工
延長207m、幅員5.5m
昭和53(1978)年廃止


安芸橋02
【A地点】 二代目・安芸橋跡
(平成29年5月5日撮影)

記録によると二代目橋の幅員は幹線国道としてはやや不足気味の5.5m。西詰の五差路交差点に右折レーンがないのも渋滞を引き起こす原因になっていたでしょう。このような経緯もあってか二代目・安芸橋は完成から46年後の昭和53(1978)年に廃止され、すぐ隣(上流側)に三代目となる安芸川橋が架けられました。使命果たした二代目橋は廃止から間もなく撤去されたものの、両岸には橋台が残っているほか親柱二基が左岸側に移設保存されています。


安芸橋03
木造の初代・安芸橋
(戦前絵葉書より)





安芸橋04
【A地点】 西詰の五差路交差点と二代目橋の橋台

前述の通り西詰の交差点は安芸市街へ続く旧道を含めた五差路交差点であるため、国道側の赤信号も他と比べると少々長めに設定されていますが、三代目の橋には右折レーンが設置されているので橋上で渋滞が発生するような事は滅多にありません。


安芸橋06
【B地点】 川北交差点

左岸側(室戸側)は三代目橋への取付道路が不自然なクランクを描いており、一目見ただけで直進していた旧道の存在が分かる線形です。この新旧道に挟まれた緑地に二代目橋の親柱が保存されています。


安芸橋07
二代目橋の親柱



安芸橋08
「あきはし」、「昭和七年三月架換」



安芸橋09
【C地点】 二代目・安芸橋跡

二代目橋に続いていた旧道の路面には、ごく僅かだけオレンジ色のセンターラインが残っていました。





安芸橋10
【C地点】 二代目・安芸橋
(戦前絵葉書より)



安芸橋11
【C地点】 三代目・安芸川橋
(平成29年5月5日撮影)





安芸橋05
安芸橋周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/872-281c6a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック