高知西バイパス01
県道39号からの高知西バイパス入口
(高知県いの町鎌田)

老朽化した仁淀川橋と混雑が著しい伊野町内の国道33号を迂回する高知西バイパスの第2期工区が平成28(2016)年3月5日に枝川ICまで開通し第1期工区(平成9年開通、高知市鴨部~伊野町枝川)と接続しました。これによって高知西バイパスは8割方完成した事になり、未開通区間として鎌田IC~波川ICが残っているものの、県道39号・土佐伊野線を介して一連のバイパス道路として利用する事が可能になりました。


高知西バイパス02
【9:11】 鎌田インター

鎌田ICは高知方面へ向けてのハーフインターなので、鎌田IC~波川IC間が開通しても松山方面へ行く事はできません。鎌田IC~波川IC間の開通予定は平成32(2020)年という事です。





高知西バイパス03
鎌田インターと本線の合流部
(平成29年5月5日撮影)

鎌田IC~天神IC間(つまり「いの大橋」だけ)は平成24(2012)年12月に開通していましたが、通る機会に恵まれなかったので今回が私にとっての初通過となります。


高知西バイパス04
鎌田インターと本線の合流部
(平成21年10月31日撮影)





高知西バイパス05
新仁淀川橋(仮称)として建設されていた「いの大橋」(L=508m)

本線に上がって驚いた事に高知西バイパス(第2期工区)は地域高規格道路・高知松山自動車道の一部であるにも関わらず、追越禁止ではない上に歩道まで併設されています(標識も青看)。最近の地方の高速道路は自専道と一般道の境界が曖昧だと感じていたけど(こことか)、この道路規格で追越可だと変な車が突っ込んで来そうで恐いですよ。


高知西バイパス06
【9:12】 天神インター

平成24(2012)年12月から平成28(2016)年3月まで終点だった天神IC。鎌田IC~天神IC間だけだと国道33号(現道)から利用するには遠回りになるので、この時点では大した交通量はなかったものと思われます。


高知西バイパス07
是友インター付近
「↑高知10km」

是友ICは鎌田ICと同様、高知方面にのみ出入可能なハーフインター。


高知西バイパス08
是友トンネル 松山側坑口

是友IC~枝川IC間には連続する二つの短いトンネル(是友トンネル:L=136mと西浦トンネル:L=228m)があり、これらを抜けると間もなく枝川ICに到達し今回の開通区間(第2期工区)は終了です。


高知西バイパス09
【9:14】 枝川インター



高知西バイパス10
枝川インターのランプと旧国道の交差点
(平成29年5月5日撮影)

枝川インター本線高架橋の下には土佐電の八代信号所がありましたが、高架橋の建設工事に伴い平成26(2014)年11月に廃止となり、旧来の位置から約250m西側に中山信号所が新設されています。


高知西バイパス11
枝川インターのランプと旧国道の交差点
(平成21年10月31日撮影)





高知西バイパス12
高知西バイパス周辺地図
(鎌田IC~枝川IC)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/868-e40cf240
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック