向ヶ丘遊園駅01
向ヶ丘遊園駅北口駅舎

登戸(神奈川県川崎市)でのラーメン会の際に、折角だからと最寄りの向ヶ丘遊園駅に立ち寄らせてもらいました。向ヶ丘遊園駅は昭和2(1927)年に向ヶ丘遊園と共に小田急小田原線の駅として開業しました。当所は駅が所在する地名から稲田登戸駅という駅名でしたが、向ヶ丘遊園の知名度向上の為に昭和30(1955)年に向ヶ丘遊園駅に改名し、平成14(2002)年に向ヶ丘遊園が廃業した後も既に定着していた駅名を変更する事はありませんでした。北口には開業時に建設されたギャンブレル屋根構造の貴重な駅舎が現存しています。


向ヶ丘遊園駅02
2面4線の向ヶ丘遊園駅構内



向ヶ丘遊園駅03
向ヶ丘遊園駅南口
(モノレール駅の跡地は駐輪場になっている)

向ヶ丘遊園駅の南口からは昭和41(1966)年から平成13(2001)年までの間、向ヶ丘遊園駅と向ヶ丘遊園を結ぶ全長1.1kmのモノレール(小田急向ヶ丘遊園モノレール線)が運行されていました。モノレールの遺構は廃止後まもなく撤去され、現在では僅かにモニュメントと案内板が残るのみ。


向ヶ丘遊園駅06
小田急電鉄 デハ500形跨座式電車
(モノレール開通10周年記念切符より)

向ヶ丘遊園モノレールは、昭和41年4月23日に開通しました。
それまでは、可愛い豆電車が駅と遊園地とを往復していましたが、都市周辺の交通雑緩和をはかる新しい交通機関としてモノレールが登場いたしました。
このモノレールは地上6メートルの高架上を走る跨座式で、2両固定編成です。軽合金製のスマートなスタイルです。一両の車体長13.2m、巾3.05m、高さ3.275m、自重16.2トン、一車両の定員は120人です。



向ヶ丘遊園駅08
向ヶ丘遊園正門駅
(モノレール開通10周年記念切符より)



向ヶ丘遊園駅07
昭和2年~40年まで利用されていた豆汽車
(モノレール開通10周年記念切符より)



向ヶ丘遊園駅04
モノレール線が記載されている地図
(ツーリングマップ1993年版)



向ヶ丘遊園駅05
現在の向ヶ丘遊園駅周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/858-01eedf09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック