愛媛への道36
渋滞中の海老名ジャンクション

12/30~1/4まで6連休が取れたので愛媛まで帰ってきました。最近の帰省はできるだけ渋滞しそうな時期は避けるようにしていたのですが、今回は年末年始の帰省ラッシュだった事から各地で渋滞が発生していて、まずは渋滞名所として定着している海老名JCTで最初の渋滞に巻き込まれます。
海老名JCTでは渋滞対策として圏央道内回りからのランプを、平成28年7月から2車線での運用を開始したものの、左車線(走行車線)からしかランプに進入できない事には変わりないため、この部分がボトルネックになっていて渋滞を完全に解消するには至っていません。
待ち遠しい古里 渋滞きょうまでピーク

年末年始の帰省ラッシュが本格化し、各地の高速道路は29日、古里へ向かう車などで混雑した。日本道路交通情報センターによると、東名阪自動車道下り線=写真=は、三重県亀山市の亀山ジャンクション(JCT)付近で同日朝、23キロ渋滞した。上り線は同県鈴鹿市の鈴鹿インターチェンジ付近で一時14キロ渋滞。名神高速道路下り線は、愛知県一宮市の一宮JCT付近で午前、17キロ渋滞した。同日と30日がピークとみられるという。(以下略)


YOMIURI ONLINE 平成28年12月30日(金)配信記事より


愛媛への道59
平成28年7月15日の運用変更
NEXCO中日本のサイトより)

こうなると圏央道からランプを暫定的に本線扱い(左車線を東名・東京方面、右車線を東名・名古屋方面)にして、圏央道・茅ヶ崎方面へは右車線から分岐するぐらいの思い切った運用変更をして貰いたいと思います。現状では海老名JCTを茅ヶ崎方面に直進する車は殆どいないんだから。


愛媛への道37
海老名JCT付近での渋滞は12km・43分



愛媛への道38
東名山北バス停付近の東名高速
(左ルートは渋滞で車が詰まっている)

東名高速に入ると下り線は大井松田IC~足柄SAで左右のルートに分かれます。通常であればどちらのルートを通っても大差ないのですが、この日(12/30)の左ルートは都夫良野トンネル付近で発生した事故により6km・20分程の渋滞が発生していたようです。





愛媛への道39
2車線に戻った東名高速
(豊田JCT付近)

御殿場以西は名古屋まで新東名が開通しているので渋滞シーズンでも混雑する事は殆どありません。ただし、この日は新城IC~岡崎東ICで8km・50分(東名経由:60分、新東名経由:100分)の事故渋滞がアナウンスされていた為、久しぶりに引佐連絡路から東名高速に迂回しました。やはり東名、名神クラスの大幹線には2ルート以上が必要だと思います。


愛媛への道58
暫定3車線で運用されていた頃の東名高速
(平成24年8月3日撮影)






愛媛への道40
四日市ジャンクション

伊勢湾岸道から東名阪道に入ると年中渋滞している四日市JCT~亀山JCT間の渋滞に巻き込まれました。この間は新名神が未開通の為、新名神と東名阪の交通を東名阪一本で賄っているので必然的に混雑してしまう訳です。新名神は平成28(2016)年8月11日に新四日市JCTまでの4.4kmが開通したものの、今のところは東海環状の東員ICまでしか行けないので新名神としては案内されていません。東名阪に並行する新四日市JCT~亀山西JCT間の開通予定は2年後の平成30年度です。


愛媛への道10
新名神(東海環状)開通前の四日市JCT
(平成28年7月22日撮影)



愛媛への道41
東名阪での渋滞は16km・35分

帰省ラッシュのピークとあって四日市~亀山間の通過には、どれほど時間を要するのかと恐れていましたが、渋滞の規模には限界があるのか通常時と比べて大した違いはありません。良かった良かった。





愛媛への道42
国道1号・京滋バイパス
(石山IC~南郷IC間)

続いて名神高速では瀬田西IC~京都東IC間で7kmの渋滞が予告されていて、吹田JCTまでの所要時間が珍しく京滋バイパス(国道1号)の方が少なかった事から(名神=50分、京滋=45分)、下り線では初めて京滋バイパスに入ってみました。名神高速から瀬田東JCT~大山崎JCT間を京滋バイパスで迂回しても途中に料金所が無いので通行料金は名神通過と変わりません(私は最近まで知らなかった)。


愛媛への道50
国道1号・逢坂1丁目交差点
(平成16年12月31日撮影)

ところで平成16(2004)年の12月31日に京都、大津辺りで鉄道遺構巡りをした事があって、その時は大津市街でも猛吹雪だったので、今回の帰省時(平成28年12月30日)にも大津辺りで雪に見舞われる事態を危惧していたのですが、幸いにも天候に恵まれたのか降雪は見られなかったです。


愛媛への道43
高槻第一JCT付近

高槻~神戸間でも中国道の宝塚渋滞(名塩坂)を回避すべく新名神が建設中です。この区間の新名神は有馬川の橋桁落下事故により開通が約1年の遅れましたが、10ヶ月後の平成29(2017)年秋頃には開通する予定で、分岐部の標識は既に準備されていました。ちなみに今日(12/30)の名塩坂には渋滞は無く、吹田JCT~神戸JCT間の中国道は約20分(過去の渋滞時には2時間以上もかかった事がある)で通過できました。


愛媛への道44
山陽道
播磨JCT~赤穂IC間の事故渋滞

名塩坂では渋滞もなく「愛媛までもう渋滞は無いだろう」と油断していたところで遭遇したのが山陽道での事故渋滞。事故現場に差し掛かった頃には事故車両は撤去された後だったので大した事故ではなかったんだろうけど、一人の事故者の為に私を含む多くのドライバーが大迷惑を蒙りました。これ程まで迷惑を掛けられたのに事故者から何ら謝罪も説明も受けられないのは理不尽に思わざるを得ません。事故渋滞を惹起した事故者は渋滞が解消するまでの間、謝罪の意を込めて路側帯にゴザでも敷いて座らせておいて欲しいもんです。


愛媛への道45
播磨JCT~赤穂IC間の事故渋滞は本日最悪の6km・60分

八王子IC【9:20】→渋滞4km・30分→海老名JCT【10:14】→渋滞8km・12分→御殿場JCT【10:56】→休憩10分→浜松いなさJCT【12:26】→豊田JCT【13:07】→休憩10分→四日市JCT【13:47】→渋滞16km・35分→亀山JCT【14:33】→休憩20分→草津JCT【15:13】→吹田JCT【15:54】→神戸JCT【16:13】→事故渋滞6km・60分→倉敷JCT【18:46】→休憩10分→坂出JCT【19:17】→松山IC【20:25】→大洲IC【20:50】


愛媛への道46
野菜ちゃんぽん(530円)

遅くとも19時から20時の間には八幡浜に到着するつもりだったのに、山陽道での事故渋滞のせいで着いたのは21時過ぎ。お陰で食事会を予定していた八幡浜の名店はキャンセルせざるを得ず、よりによって西日本ではブラックで有名なジョイフル(愛媛南大洲店)となってしまいました(21時以降に空いてる店が他に無い為)。

食べログ


愛媛への道47
かつとじ定食(638円)

ジョイフルも久しぶりに行ってみると食事と接客は許容できる範囲内だったと思います。まあ、ブラックなのは労働環境であって、顧客満足度ではない訳ですけどね。


愛媛への道48
嫁の実家での年越し蕎麦

東京に出て来てから7年目にして初めて愛媛で迎える正月。こちらでの暮らしもようやく安定して来て今年は4回も帰省できる事ができました。そろそろ少しでも西の方へ転勤できると良いなあ。





愛媛への道49
高槻第一JCT付近

東京への復路は少しでも渋滞を避けるため有給を取得して1/4(水)に出発。その甲斐あってか目立った渋滞は日頃から渋滞が頻発している名神高速・草津付近、東名阪・四日市付近、東名高速・海老名付近の3ヶ所だけであり、それらの渋滞個所もノロノロながらも一応は流れていました。

内子IC【8:20】→休憩15分→坂出JCT【10:03】→休憩10分→倉敷JCT【10:32】→休憩10分→神戸JCT【12:07】→吹田JCT【12:25】→渋滞5km・10分→草津JCT【13:05】→休憩15分→渋滞4km・20分→亀山JCT【14:06】→渋滞15km・30分→四日市JCT【14:47】→休憩10分→豊田JCT【15:30】→休憩15分→御殿場JCT【17:30】→渋滞38km・60分→海老名JCT【18:40】→八王子IC【19:06】


愛媛への道51
草津JCTの渋滞を悪化させていた追突事故
(瀬田西IC付近)



愛媛への道52
草津JCT付近での渋滞は6km・15分



愛媛への道53
亀山JCTの渋滞を悪化させていた追突事故
(安坂山トンネル出口付近)



愛媛への道54
亀山JCT付近での渋滞は19km・41分



愛媛への道55
都夫良野トンネル

東名高速・御殿場IC~大井松田ICの都夫良野トンネルでも小規模な追突事故が発生しており、自然渋滞に油を注ぐかのように悪化させていました。ネットニュースによると都夫良野トンネルでは前日(1/3)にも事故があったみたいです。高速道路のように運転しやすい道でも事故を起こすようなドライバーは、他人に迷惑、危害を加えるおそれが大なのでハンドルを握って貰いたくありませんな。
今回の帰省(5泊6日)での走行距離は計2,300km。高速料金が往路18,170円、復路13,330円(深夜割引)、ガソリン代は29,000円(238L)でした。

東名で車16台が“玉突き” 高速道路で事故相次ぐ

渋滞している東名高速で、乗用車16台が絡む玉突き事故が起きるなどUターンラッシュが続く高速道路で事故が相次ぎました。
警察によりますと、3日午前10時20分ごろ、東名高速の上り都夫良野トンネルで渋滞している車の列に後ろからきた乗用車が衝突し、後続車両などと合わせて16台が次々と玉突き事故を起こしました。2人が軽傷です。この事故の影響で午後5時現在、東名高速は都夫良野トンネル付近の上り線で約19キロ渋滞しています。(以下略)


テレビ朝日系 平成29年1月3日(火)17:30配信記事より


愛媛への道56
海老名JCT付近での渋滞は38km・67分

なお、月末に静岡からの帰路にも秦野中井IC~横浜町田IC間で17km・110分の事故渋滞が発生していた為、この時は御殿場から富士五湖道路→中央道に迂回してみると渋滞なしの東名→圏央道と大差ない約80分で八王子ICに到着しました。通行料金も400円程(平日だと900円)しか変わらないようなので、海老名付近の渋滞が余りにひどい場合には富士五湖道路に迂回するのも有りかと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/799-41adfac5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック