明治橋01
昭和初期の明治橋
(戦前絵葉書より)

明治橋(愛媛県八幡浜市)の由来は明治37(1904)年に木造トラス橋が架けられた事に始まります。
翌明治38(1905)年には夜昼峠の夜昼隧道が完成しており、明治末頃からは西宇和郡の郡役所が置かれていた八幡浜を中心に、四方八方へ向けて車道の整備が進められていました。明治橋の架設位置は大正時代に定められた郡道制度では、卯之町方面(県道25号)、三瓶方面(県道26号)、川上方面(国道378号)の根元に当たっているため、八幡浜から南方への道路整備においては非常に重要な架橋であったはずです。初代の木造トラスは老朽化によって架け替えられ、昭和5(1930)年に現在の二代目・明治橋が完成しました。


明治橋02
現在の明治橋
(平成28年11月12日撮影)

明治橋を通っていた県道25号・八幡浜宇和線は昭和30年代に江戸岡から祇園橋にかけての新道(産業通り)に付替えられたため、二代目の明治橋は完成から約20年で幹線からは外れています。その事が幸いしたのか、元より頑丈な造りだったのか、完成から86年が経過した現在でも健在です。平成22(2010)年度には「RC下路アーチ橋としては現役最古の橋」という事で、選奨土木遺産に認定されました。
上の絵葉書と現状を比較してみると、橋時代は架設当時からほとんど変化していないものの、千丈川の護岸がずいぶん整備されて自然の趣きを全く留めていない事がよく分かります。

【明治橋】
昭和5(1930)年3月竣工
延長25.4m、幅員5.5m
RC下路タイドアーチ橋
選奨土木遺産
近代土木遺産Aランク




明治橋04
南側から見た明治橋
(平成17年6月25日撮影)

八幡浜は嫁の実家なので11年前にも明治橋を訪れています。当時から貴重な橋として一部には知られた存在だったものの、現地には特に明治橋を示すような物はありませんでしたが、選奨土木遺産認定を機に案内板が新設されると共に、親柱上の橋灯が架当時のデザインに復元されました。


明治橋03
南側から見た明治橋
(平成28年11月12日撮影)






明治橋05
復元前の橋灯(左)と復元後の橋灯(右)



明治橋06
北側から見た明治橋
(平成28年11月12日撮影)

明治橋の幅員は5.5m。当時としては十分な幅員をもって設計されていますが、橋を渡った南側が直角カーブが連続するクランク状になっている上に、五反田川沿いの狭路(市内古町)には拡幅の余地が無かった事が、早い段階で新道建設の運びとなった原因だと思われます。


明治橋07
「めいぢ橋」の親柱と新設された案内板

八幡浜市は明治のはじめ、大阪を仕入れ地として高知県の宿毛や、大分、熊本、宮崎方面を販売市場として中継貿易を盛大に行い、明治17年に県下一の移出入港となるなど、「伊予の大阪」と称されていました。
明治橋はその貿易盛んな明治37年頃、八幡浜港に陸揚げされた貨物を現在の西予市である東宇和地区や、更に内陸部へ運ぶための橋(木製トラス橋)として建設されました。その後、昭和5年に現在の鉄筋コンクリート下路式アーチ橋に改築され、今では現役で使用されている同形式の橋の中で、日本最古の橋となっています。
(現地の案内板より)



明治橋08
竣工当時の明治橋
(案内板より)



明治橋09
木造トラスの初代・明治橋
(案内板より)






明治橋10
旧国道197号と旧県道25号の交点

明治橋から北側に進み県道27号・八幡浜港線を通り過ぎるとレンガ通り商店街(旧国道197号)に突き当ります。この丁字路交差点が旧国道197号と旧県道25号の交点であり大洲町、卯之町、築港への距離を示した道標(大正2年4月建立)が建っていました。私はこの交点こそが八幡濱町の道路元標設置位置(字新町一丁目千四百四十七番地第五地先)であり、この道標を道路元標として代用していたのではないかと考えています。


明治橋11

道標に刻まれている距離を「1里=36丁」、「1丁=109m」で計算すると以下の通りとなり、大洲へは夜昼峠の旧道経由、卯之町へは鳥越峠経由のルートに概ね一致する数値でした。

「大洲町へ五里六丁」(20.2km)
「卯之町へ四里三十二丁」(19.1km)
「築港へ八丁」(872m)


明治橋12
江戸岡交差点
(平成19年11月27日撮影)

前述の通り国道378号、県道25号、県道26号の三つの幹線が一つに合流する祇園橋から江戸岡交差点にかけての国道378号(産業通り)は、昔から県下でも有数の渋滞スポットです。過去には祇園橋付近から予讃線を二度跨いで八幡浜駅付近に出てくるバイパスが計画された事もありましたが、諸問題をクリアできず最終的に頓挫してしまいました。平地が少ない八幡浜市内に新たなバイパス道路を建設する事は容易ではないだろうけど、必要とされている道路は万難を排して建設してもらいたいと思います。


明治橋13
明治橋周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/787-242ade3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック