美濃赤坂駅01
美濃赤坂駅

美濃赤坂駅は東海道本線の大垣駅(岐阜県大垣市)から分岐する赤坂支線の終着駅として大正8(1919)年に開業しました。近隣で産出される石灰石輸送を主目的としている事から、駅構内には旅客ホームの他に広大な貨物ヤードが設置されています。昭和3(1928)年には当駅からさらに奥地の市橋駅まで西濃鉄道が開業し、赤坂支線を介して東海道本線との直通列車の運行も始まりました。
現在は貨物専用線になっている市橋線ですが戦前の一時期は旅客の扱いも行っており、市橋線の旅客列車が終着駅としていたのが美濃赤坂駅の北隣に位置していた赤坂本町駅でした。市橋線の旅客営業は戦時中の燃料統制によって昭和20(1945)年に終了した為、旅客専用駅として開設された赤坂本町駅は役割を喪失する形で廃駅になっています。


美濃赤坂駅02
美濃赤坂駅舎



美濃赤坂駅03
美濃赤坂駅の駅名標



美濃赤坂駅04
【11:29】 美濃赤坂駅を発車した石灰石貨物列車

美濃赤坂駅から赤坂本町駅に向けて県道214号(養老赤坂線)を歩き始めた途端、DE10-501が牽引する石灰石貨物列車が市橋線に入線して行きました。wikiによると市橋線の貨物列車は乙女坂駅~名古屋南貨物駅間に1日2往復の定期便があるそうです。





美濃赤坂駅05
赤坂本町駅跡

赤坂本町駅跡は美濃赤坂駅から北方へ約350mの距離です。「本町」と名乗っていただけあって、赤坂地区の中心である赤坂宿本陣跡隣接しており、多くの地域住民にとっては美濃赤坂駅よりも利便性が優れています。駅の跡地には車両1両分ほどのホームが残っていて、旧中山道(県道216号・赤坂垂井線)に向けて「赤坂本町駅跡」の碑が建立されていました。


美濃赤坂駅06
赤坂本町駅に残っているホーム跡



美濃赤坂駅07
赤坂本町駅前の旧中山道



美濃赤坂駅08
所郁太郎の銅像

帰りに立ち寄った赤坂宿本陣跡には所郁太郎なる人物の銅像が建っていました。どこかで聞いた事があるような名前だなと思ってググってみると、司馬遼太郎の短編「美濃浪人」(『「人斬り以蔵』に収録)の主人公になっている人物なのでした。彼は幕末に刺客に襲われた井上馨の命を救い外科医として名を馳せたものの、明治維新を見る事なく若くして病没しています。


美濃赤坂駅09
美濃赤坂駅付近の西濃鉄道昼飯線跡

美濃赤坂駅からは市橋線の他にも西濃鉄道の昼飯線(昭和3年開業、平成18年廃止)という路線が分岐していましたが、こちらの方は平成初頭から長らく列車が走らない休止状態になっていて、平成18(2006)年をもって正式に廃線として処理されてしまいました。


美濃赤坂駅10
美濃赤坂駅周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まさかのようなタイミングで脱線事故。

何か、細工を!?
2016/10/06(木) 23:40 | URL | F氏 #-[ 編集]
まさか、私が行ったのは去年の12月ですよ(笑)
まあ、あまり保守が行き届いている感じではなかったので、こういう事故が起きても不思議ではないですね。
2016/10/07(金) 17:45 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
そのジョークはあまり笑えませんね。

しかし、あれがまだ走っていたとは。昔、鉄道模型で同じやつを持ってました。
2016/10/07(金) 22:56 | URL | 九朗 #lcZPo9ns[ 編集]
そう言えばプラレール等で貨車を見た事がありますね。
2016/10/13(木) 20:02 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/770-7951bd84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック