島々駅01
新島々駅に停車中の電車

現在、松本電鉄上高地線の終着駅になっている新島々駅(長野県松本市)は大正11(1924)年に淵東駅~島々駅間の途中駅として開業しています。当時は上高地側(西側)にさらに1.3km進んだ島々駅が終着駅であり、その一つ手前に位置する新島々駅は駅が所在する地名を取って赤松駅と名乗っていました。
島々駅は開業以来、乗鞍・上高地方面へのバスとの連絡駅として繁栄していたものの、バスの運行本数が増加するに従って次第に手狭となってきました。しかしながら島々駅前にはバス乗り場を増設するだけの余裕がなかった事から、昭和41(1966)年に用地に余裕があった隣の赤松駅を新島々駅と改称した上でバスターミナルが新設されました。
以後の島々駅は乗換駅としての役割を喪失したため利用客が激減し、昭和58(1983)年に新島々駅~島々駅間が土砂災害によって不通になった際には復旧される事もなく廃止されています。


島々駅02
渕東なぎさ

ところで松本電鉄上高地線もローカル線の例に漏れず、深刻な乗客減少によって全線が廃線の危機に瀕しており、知名度向上の一環として平成24(2012)年から「渕東なぎさ」なる萌えキャラを登場させました。正直「こんなんで乗客が増えりゃ世話ねー」という気がしますが、それでも座して死を待つよりは遥かにマシと言えるでしょう。なお、上高地線の廃線危機は経営統合や行政支援によって取り敢えずは沈静化しているみたいです。


島々駅03
新島々駅の駅名標
(かつては右方向に島々駅があった)



島々駅04
新島々駅から島々駅方面を見る

新島々駅から西側を見てみると駅構内を過ぎても島々駅に向けて200mほどレールが続いており、そっぽを向いてはいるものの古びた出発信号機も残っていました。


島々駅05
廃ガーダー橋

新島々駅~島々駅間の廃線跡は概ね国道158号沿いに一段高い築堤として残っていますが、薮化による荒廃の度合いはひどく歩き通すのは容易ではなさそうです。中間地点付近には名も知れぬ小さな沢にガーダー橋が架かったままになていて、これが当廃線区間の中では唯一の遺構と言って差し支えありません。


島々駅13
国道158号から撮影した廃ガーダー橋



島々駅06
島々駅前の旧国道

島々駅に到着する直前で廃線跡の路盤は国道158号のバイパス(新渕橋の架換事業)に飲み込まれてしまい、駅構内の跡地も含め完全に跡形もなくなっていました。このバイパスが開通したのは島々駅が廃止になってから13年後の平成8(1996)年の事です。駅舎と駅前広場だった場所はアルピコ交通バスの駐車場に転用されていますが、新島々駅前のバスターミナルと比較すると明らかに手狭であったろうと感じました。
ちなみに、この駅前の旧国道は(旧)新渕橋が撤去されている為、上高地方面への通り抜けは出来なくなっています。


島々駅07
島々駅跡を転用した国道バイパス
(奥が新島々方面)



島々駅08
島々駅周辺地図



島々駅09
(旧)島々駅舎

跡地には何の遺構も残っていない島々駅でしたが、開業当時(大正11年)からの駅舎は新島々駅前のバスターミナル傍に移築されて、地域の観光案内所兼物産品販売所として活用されています。私はこの物産販売所にて波田地区特産の下原スイカを使用した「スイカの粕漬」と「イナゴの佃煮」を買って帰りました。


島々駅10
「スイカの粕漬」と「イナゴの佃煮」



島々駅11
スイカの粕漬

スイカの粕漬は見た目も味わいも奈良漬のような感じで御飯に良く合って美味かったです。


島々駅12
淵東駅~波田駅間を走行する上高地線の電車



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/769-627b08e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック