こだま01
新横浜駅に入線する「のぞみ」

今日は先月の帰省時に松山に置いてきていた長女が新幹線で帰って来るので新横浜駅まで迎えに行って来ました。
長女は乗り換えが不要の夜行バスを希望していたのですが、安全面が信用できない上に片道だと料金が14,000円(夏休み料金?)と割高なのでハイリスク・ローリターンとして却下。いろいろと検討した結果、学校で学割証明書を発行して貰って「しおかぜ」→「のぞみ」の学割切符を購入する事にしました。この経路だと在来線から新幹線の乗換駅となる岡山駅で一回の乗換が発生するけど、立川から(長女が大好きな)原宿でも一回は乗換なければならないので大丈夫でしょう。
学割だと乗車券が2割引きになって9,530円(通常11,920円)、指定席特急券が8,610円で計18,140円。高速バスと比べても4,000円しか変わりません。学割切符は本人がいなくても保護者が「みどりの窓口」で買う事ができますよ。


こだま18
松山駅に停車中の「宇和海」と「しおかぜ」「いしづち」



こだま20
岡山駅で長女が撮影してきた500系「こだま」

10数年前には一世を風靡した500系も諸般の事情により、現在では山陽新幹線区間でのみ「こだま」として細々と運用されるだけの存在になってしまいました。


こだま02
「しおかぜ」()と「のぞみ」()の経路

所要時間は「しおかぜ」が松山~岡山間(214.4km)を約2時間50分、「のぞみ」は岡山~新横浜間(704.1㎞)を約3時間と、距離が3倍以上あるにも関わらず時間は同程度です。こうしてみると新幹線の整備効果が絶大である事を思い知らされます。松山~岡山間は高速道路でも2時間程度の距離なので、四国新幹線とまでは言いませんが、松山~伊予西条間の短絡線とか少しは高速化を計らないとJR四国の鉄道は存在意義がありませんよ。


こだま03
高松駅に停車中の「サンライズ瀬戸」

四国~東京、横浜間の鉄道だと多客期に松山まで延長運転をしていた「サンライズ瀬戸」も考えられますが、ググってみると数年前から延長運転は無くなってしまっていたようです。ちなみに「サンライズ瀬戸」はノビノビ座席なら寝台料金が不要で東京~高松間が約15,000円。学割を使えば高速バスと同水準の料金なるので、自分一人で子ども達を連れて帰る機会があれば検討してみる価値はありそうです。


こだま21
約1ヶ月ぶりに再開した長女と次女
(新横浜駅にて)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
先日、私も4~5年ぶりに松山を訪れましたが、相変わらず運転の難しい街並みでした。

奥道後の『でんぷん』はご存じですか。

あそこの「青ジソのグラニテ」は絶品ですよ。九朗くんと私の行きつけとなっています。

おそらく、かわいい娘さんたちにも満足いただけるかと…。
2016/08/25(木) 20:47 | URL | F氏 #KU.fK8B6[ 編集]
「でんぷん」は知りませんでした。
ググってみると良さそうな店だったので、次に帰った時にでも行ってみます。
2016/08/27(土) 05:55 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/743-2997ffbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック