愛媛県道9号線01
旧愛媛県道9号・新居浜山城線の標識
(平成12年6月17日撮影)

10年ぐらい前からwikiの愛媛県道の頁には愛媛県道9号・新居浜山城線の標識が添付されています。
かつての県道9号(新居浜山城線)は愛媛県新居浜市西喜光地町を起点とし、徳島県三好郡山城町川口を終点としていた約85kmの主要地方道でしたが、全国的に国道昇格が実施された平成5(1993)年に、県境を含む終点側の約40kmが国道319号線に昇格した事から残された区間は新たに誕生した愛媛県道47号・新居浜別子山線の指定を受けました。
この時に欠番となった愛媛県道9号は当時の県道101号線・大野原川之江線を主要地方道に昇格させて、愛媛県道9号・大野原川之江線が誕生しています。





愛媛県道9号線02
旧愛媛県道9号線
(平成12年6月17日撮影)

wikiを見て探しに行った人もいるかもしれないので書いとく事にしますが、この標識は富郷ダムによって生じた付替道路の旧道にありました。ただし、15年以上も前に撤去されていて現存してません(平成13年の春に行ってみると撤去されていた)。
それにしても道路趣味的な活動が今ほど認知されていなかった当時に、この標識を写真に撮っていた人物がいた事には驚かされました。


愛媛県道9号線03
旧愛媛県道9号線
(平成21年5月2日撮影)





愛媛県道9号線05
新田橋西交差点の青看
(平成24年8月5日撮影)

新居浜市内の新田橋西交差点の青看には今でも(といっても最終確認は4年前だが)県道47号線を県道9号線としたままの表示が残ってました。市道に向けての標識だから国道、県道と比べると更新作業が甘いんでしょうな。




愛媛県道9号線06
塩塚坂の旧道
(平成28年7月24日撮影)

前時代の路線番号が残存している例としては平成5(1993)年に国道441号線に昇格した高知県道3号・宇和島中村線の標識があります。国道昇格の20年も前に新道(塩塚トンネル、昭和48年竣工)が開通し、旧道はほとんど忘れられた存在となっていたため撤去を免れたのでしょう。今は欠番になっている高知県道3号の生き証人として末永く残って欲しいものです。


愛媛県道9号線08
塩塚トンネル 江川崎側坑口



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/742-0c6691cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック