仁淀川橋1
A地点 仁淀川橋
【近代土木遺産Cランク】

高知県伊野町内の仁淀川に架かる仁淀川橋(L=373.7m、W=5.0m、下路単純トラス7連)。
今から約80年前の昭和5年に県道松山高知線(現国道33号線)の橋梁として完成しました。戦前に架けられた国道33号線の橋は昭和40年代までに全て旧道化している為、同国道の橋の中ではダントツの古さを誇っています。辛うじて二車線幅が確保出来ていた事が長寿の秘訣だったのでしょうか。最近になってようやく高知西バイパスの新仁淀川橋の架設工事が始まりました。


仁淀川橋2
親柱 「によどがわはし」

親柱は歩道設置時に撤去されたのか下流側のみ現存しています。


仁淀川橋3
橋歴板 「昭和五年十月製作 株式会社播磨造船所」



仁淀川橋4
歩道部分(仁淀川歩道橋、W=2.0m)は昭和43年3月完成



仁淀川橋5
仁淀川橋梁と新仁淀川橋

下流の方を見ると建設中の新仁淀川橋(L=508m)が見えました。その手前の鉄橋は土讃線の仁淀川橋梁です。新仁淀川橋は約1km離れているのでバイパス開通後も仁淀川橋は(たぶん県道39号線に編入して)生活道路として残る事になるでしょう。

【追記】新仁淀川橋(仮称)の正式名称は「いの大橋」に決定しました。


仁淀川橋6
【B地点】 仁淀川橋東詰の交差点

仁淀川橋を渡ると寒風山トンネルを経て愛媛県西条市に向かう国道194号線との交差点に突き当たります。丁字路ながらも国道33号線同士の行き来に青の時間をかなり長めに取っていますが、それでも朝夕には橋上を埋め尽くす程の渋滞が発生しています。


仁淀川橋7
【B地点】 仁淀川橋

こちら側も歩道側(上流)の親柱が撤去されていました。


仁淀川橋8
激しく損傷している親柱 「昭和五年十月架設」



仁淀川橋9
【B地点】 仁淀川橋東詰の交差点(高知市側から)



仁淀川橋10
【B地点】から対岸を見る

「さて帰ろう」と思っていると現橋のすぐ上流側に橋脚の基礎のような物??が対岸まで点々と続いているのに気付きました。


仁淀川橋11
【A地点】から対岸を見る

それはやはり橋脚の跡だったようです。全部で5基残ってました。東側(写真奥側)には橋台は残っていませんが…。


仁淀川橋12
【A地点】 煉瓦橋台

西側には立派な煉瓦製の橋台が現存していました。
これまでに何十回と通っている道ですが、車からは死角になっているのか全然気付きませんでした。現仁淀川橋が古い事もあって初代の橋梁だと勝手に思い込んでいた為、先代の橋の存在とその遺構が残っていた事には驚きました。


仁淀川橋13
【A地点】 仁淀川橋西詰
(正面の電光掲示板の裏が煉瓦橋台)

そう言えば西側の橋への取付け道路は微妙にクランク状になっていて、以前からかすかな違和感は感じていたのですが、旧橋の存在に結び付ける事は出来ませんでした。まだまだ修行が足りないな。


仁淀川橋14

旧橋の事が気になったので後日「伊野町史」を紐解いてみると仁淀川橋の項に「明治四十四(1911)年着工、工費八万一千円で大正二(1913)年に堂々たる鉄橋が完成した」という内容の記事がありました。残念ながら昭和5(1930)年に完成する現鉄橋(二代目)への変遷に関する記述はなく、「堂々たる鉄橋」がなぜ短命(17年)で廃されてしまったのかは謎のまま残りました。
ちなみに初代鉄橋が架けられる以前は渡船の渡し場があり、明治末頃には船橋(仮橋)が設けられていたそうです。どちらも有料だったので大層評判が悪かったとか。

旧橋についての記事を公開しました。


仁淀川橋15
新仁淀川橋完成予想図

初代仁淀川橋の架橋からおよそ100年、まもなく三代目の橋が完成しようとしています。
高知西バイパス2期区間(L=5.5km)の内、新仁淀川橋を挟む天神IC~鎌田IC間(L=約1.2km)は先行整備が進んでおり、数年以内に部分開通する予定だそうです。この間だけ開通したとしても効果はかなり限定的な気もしますが。

【追記】「いの大橋」(高知西バイパス:天神IC~鎌田IC間)は平成24年12月22日に開通しました。


仁淀川橋16
【C地点】 建設中の天神IC



仁淀川橋17
【D地点】 新仁淀川橋



仁淀川橋地図



仁淀川橋18
E地点 仁淀川橋梁
【近代土木遺産Cランク】

大正13年に開通(橋歴板によると製作は大正拾弐年)した土讃線の仁淀川橋梁(L=397m、下路トラス橋8連)も近代土木遺産に指定されています。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お!煉瓦橋台には気が付いていたけど、橋脚跡もあったとは。
あそこって、車を停められんから撮影苦労したでしょう。
2009/11/06(金) 09:40 | URL | マフ巻 #nft/jt/c[ 編集]
この橋台に気付いていたとはさすがですね。
私も車は停められんかと思ってたんですが、橋台上の土手が河川敷公園の駐車場になってたのでここに停めて渡りました。
2009/11/06(金) 13:05 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
近所キタ!
あの橋見慣れているせいかあまり古く感じないんですよね。それで興味を持ち始めたころ、親柱の銘板を見てその古さに驚いた事があります。旧橋の橋脚は夏場は川で泳ぐ子供の要塞と化します。
2009/11/07(土) 07:05 | URL | 九朗 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/74-8dac4152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック