愛媛への道01
平成28年2月13日に延伸開通した新東名高速(新城IC付近)
【写真:msks / ピクスタ

今年は3/17(木)~3/21(月・祝)の日程で春の帰省をしてきました。
金曜日は有給を取って仕事が終わった木曜の夜から立川を出発。20:20に八王子ICから高速道路に乗って、約790km離れた石鎚山SA(愛媛県西条市)に到着したのは4:40だった事から概ね100km/h程度の速度で移動できた計算です。石鎚山SAでは1時間半ほど仮眠を取って松山ICに到着したのは6:30でした。
この日の昼間には山陽道の八本松トンネル(広島県東広島市)で、トラックが死者を出す多重衝突事故を起こしたばかりだったので、いつも以上にトラックとかツアーバスには近寄らないよう注意を払いました。
高速料金は深夜割引を適用させる為に善通寺ICで3:50に出入りして13,960円(通常:19,170円)になりましたが、もしかするとわざわざ深夜時間帯に出入りしなくても深夜割引は受けられていたかもしれません。今年は去年と比べるとガソリンが25円安かった(145円→120円)ので片道の旅費は約2万円です。

八王子IC【20:20】→刈谷PA【23:25】→淡河PA【1:50】→石鎚山SA【4:40~6:05】→松山IC【6:25】


山陽道トンネル事故 運転手「事故当時、自分は寝ていました」

3月17日、東広島市の山陽道八本松トンネル内で、渋滞に突っ込み、2人を死亡させたとして、逮捕・送検された埼玉県のトラック運転手・皆見成導容疑者(33)は、警察の調べに対し、「事故当時、自分は寝てました」と供述を始めた。


フジテレビ系(FNN) 平成28年3月23日(水)13時36分配信記事より





愛媛への道02
刈屋トンネル付近の高知道
(左:平成17年7月、右:平成28年3月)

3/21(月・祝)の帰路には川之江JCTから高知道に入って高知県の大豊町へ寄り道する事にします。約10年ぶりに通った高知道は暫定2車線から4車線に拡幅されていました。
国道32号線を吉野川沿いに走って高速に復帰したのは徳島道の井川池田ICから。八王子ICまでは約700kmの距離ですが、3連休の最終日とあって宝塚(12km・40分)と亀山(13km・60分)の渋滞にハマッてしまい八王子ICに着いたのは22:20。平均速度にすると70km/h程度のローペースでした。これらの渋滞を解消すべく、上記の渋滞スポットでは新名神が建設中です。

井川池田IC【12:45】→宝塚渋滞12km亀山渋滞13km→豊田東JCT【19:20】→浜松いなさJCT【19:50】→御殿場JCT【21:12】→八王子IC【22:18】


愛媛への道03
高知道の立川PA

高知道の新宮IC~大豊IC間の深い山中には立川PA(高知県長岡郡大豊町)があります。読みは「たちかわ」ではなく「たぢかわ」でしたけど。


愛媛への道04
立川PAで「牛串焼き」(400円)を喫食する長女



愛媛への道05
次女は「あげたこ焼き」(390円)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/686-4bd864a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック