本山駅1
本山駅跡のホーム

昭和5年10月に鶴見臨港鉄道(現・鶴見線、当時は貨物線だった)が弁天橋~鶴見間(L=2.0km)を開業させ旅客営業を開始しました。この時、鶴見駅と国道駅の中間辺りに設置されたのが本山(ほんざん)駅です。駅名は西側に隣接する曹洞宗大本山総持寺に由来しており、本山駅も参拝客の乗降で賑わったと言われていますが、何故か開業から僅か12年後の昭和17年12月に廃止されてしまいました。現在でもプラットホームが残っていますが、高架上に位置している為、列車以外では接近する術はありません。
なお、鶴見臨港鉄道は本山駅廃止の翌年(昭和18年)に国鉄に買収され国鉄鶴見線となりました。

地図


本山駅2

鶴見線の列車内から撮影した本山駅跡。少し手前にホームへの階段も残っています。



本山駅3
コンクリートで塞がれている本山駅入口



本山駅4
ホームへ上がる階段



本山駅5
この上が本山駅。高架下部の斜めになっている所が階段部分。



本山駅6
駅のすぐ前が総持寺



本山駅8
総持寺踏切(奥が総持寺側)

本山駅のすぐ北には線路11本(横須賀線×2、京浜東北線×2、東海道本線×2、東海道貨物線×5)を跨ぎ、開かずの踏切として名高い「総持寺踏切」があります。一番上の写真は踏切の歩行者用跨線橋から撮影しました。

※総持寺踏切は平成24年4月1日に廃止されました。


本山駅7
鶴見線・東海道本線跨線線路橋

現在の東海道本線跨線線路橋は、昭和9年に鶴見臨港鉄道が国鉄鶴見駅へ乗り入れを開始したのと同時に架け替えられた物です。それ以前の4年間は一体どんな橋が架かっていたのでしょうか。


本山駅9
鶴見線高架橋、国道駅【近代土木遺産Bランク】

近代土木遺産にも指定されている東海道本線跨線線路橋から国道駅にかけての鶴見線高架橋は、下部が住居や居酒屋のスペースになっており、何とも独特な雰囲気を醸し出しています。

地図


本山駅10
鶴見線高架橋下の国道駅改札口



本山駅11
国道駅ホーム



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/67-ff967061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック