伊賀鉄道01
伊賀市の中心部

伊賀鉄道は関西本線・伊賀上野駅から分岐して伊賀市街を南北に縦断し、伊賀神戸駅で近鉄大阪線に接続する全長16.6kmの鉄道路線です。
明治30(1897)年に開業した関西鉄道(現・関西本線)の上野駅(現・上野駅)が上野町(上野市を経て現・伊賀市)の中心部からは離れた位置に開設された為、上野駅と市街地を結ぶ事を目的として大正5(1916)年に上野駅~上野町駅(現・上野市駅)間が開業しました。大正11(1922)年には南に延伸して、現在の終点である伊賀神戸駅を通り越して名張駅(現・西名張駅)まで開業しています(昭和39年に近鉄大阪線と並行する伊賀神戸~西名張間は廃止)。
この伊賀鉄道には伊賀上野駅から桑町駅までの市街地内の区間に、近代土木遺産にされている鉄道構造物が4件もあるので、非名阪で伊賀市を通過する際に寄り道して見てきました。


伊賀鉄道02
伊賀上野駅舎
【近代土木遺産Cランク】

現在の伊賀上野駅舎は開業から14年後の明治44(1911)年に建設された二代目の駅舎です。前述の通り開業当初の駅名は上野駅でしたが、東京都内の上野駅(明治16年開業)と同名である事から、伊賀鉄道が開業した大正5(1916)年に旧国名を冠して伊賀上野駅に改称しています。

【伊賀上野駅舎】
明治44(1911)年竣工
木造駅舎(切妻屋根)
近代土木遺産Cランク




伊賀鉄道04
第二暗渠(西側から)

鍵屋ノ辻付近を通っている伊賀鉄道の築堤には3つの暗渠が開けられており、真ん中の小田カルバートこと第二暗渠は鉄道の暗渠としては非常に珍しい石桁造りです。このような石桁はアーチに比べると荷重に対して不利のような気がしますが、輸送量がそれほど大きくないローカル線だから問題なかったのでしょうか。断面狭小につき自動車の通行は不可能で、自転車・歩行者専用として利用されているようです(特に規制はされてないけど)。

【第二暗渠】
大正5(1916)年開業
石桁暗渠
近代土木遺産Cランク
地図


伊賀鉄道05
第二暗渠(東側から)



伊賀鉄道06
鍵屋ノ辻の拱渠(西側から)

第二暗渠の南側に口を開けている拱渠はオーソドックスな煉瓦+石で造られたアーチ形の断面で造られていました。こちらは自動車でも問題なく通行可能です(制限高2.2m)。




伊賀鉄道07
桑町跨線橋
(桑町駅側から撮影)

茅町~桑町間の線路上に架かっている西平尾拱渠こと桑町跨線橋は総煉瓦造りの美しい跨線橋。繊細なデザインが施された欄干の煉瓦にも損傷・欠損は無く、煉瓦建築が全盛だった時代の技術力の高さを窺い知る事ができます。

【第二暗渠】
大正11(1922)年開業
煉瓦拱渠
近代土木遺産Bランク
地図


伊賀鉄道08
桑町跨線橋
(茅町駅側から撮影)



伊賀鉄道09
桑町跨線橋
(東側の橋上から撮影)





伊賀鉄道10
上野市駅舎と伊賀上野城

伊賀上野城を背に建つ上野市駅の駅舎は、名張延伸時の大正11(1922)年に建てられた2階建ての木造モルタル造りです。
ちなみに開業当初の駅名は「上野町駅」であり、市制発足に合わせて昭和16(1941)年に「上野市駅」に改称しています。となると上野市が伊賀市になった現在では「伊賀市駅」に改称するのが相当な気がしますが、地元から駅名改称の要望がない為、市名変更から10年以上経った今も「上野市駅」のままなんだとか。

【上野市駅舎】
大正11(1922)年竣工
木モルタル建造物
近代土木遺産Bランク


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/668-743f18f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック