おとぎ列車00
西武山口線周辺地図

西武山口線は昭和25(1950)年に多摩湖の畔に開園した西武園の遊戯施設(おとぎ線:軌間762mmのナローゲージ)という形で、多摩湖ホテル前駅(後に遊園地前駅に改称)~上堰堤駅(現在の狭山スキー場付近)間が開業した事に始まります。翌昭和26年に山口観音の北側に、西武によって遊園地・ユネスコ村が開園した為、上堰堤駅からユネスコ村駅まで延伸して西武が所有する両遊園地を結ぶ路線が完成。昭和27(1952)年には地方鉄道に転換して山口線と改称、遊戯施設から正式な鉄道になりましたが、起終点が共に遊園地である僅か3.7kmの路線でした。
機関車には当初は蓄電池機関車(バッテリーロコ)が使用されていましたが、昭和47(1972)年からは集客の一環として蒸気機関車の運行を開始し、これは昭和59(1984)年に西武山口線が案内軌条式鉄道への改築工事によって休止するまで継続しています。案内軌条化に当たっては、起終点駅を遊園地から西武狭山線・西武球場前駅と西武多摩湖線・西武遊園地駅に変更する事によって山口線を狭山線と多摩湖線の連絡路線とし、途中駅として遊園地西駅を設置して西武園ゆうえんちへのアクセスも維持しました。ただし、ユネスコ村への旧線は廃止となり、ユネスコ村自体も6年後の平成2(1990)年に閉園しています。

おとぎ電車

オトギ電車の発駅は多摩湖ホテル前駅であり、此の駅よりユネスコ村駅間は三粁七にして約二十分を要す。途中には鉄橋あり、隧道あり、林間をぬけ、丘を越え車窓よりの眺めは又格別にして、世界各国の様々の形の変つた家を眺めながら走る、文字通りオトギの国の電車である。

(記念乗車券より)



おとぎ列車01
【A地点】 多摩湖ホテル前駅とオトギ電車

開業時に多摩湖ホテル前駅と言った起点駅は昭和38(1963)年に西武遊園地駅に改称、昭和54(1979)年には西武遊園地駅の駅名を多摩湖線の多摩湖駅(現在の西武遊園地駅)に譲って遊園地前駅と改称しています。山口線の新線は前述の通り多摩湖線・西武園遊園地駅に乗り入れており、旧山口線の遊園地前駅の代替えとしては遊園地西駅が開設されました。


おとぎ列車02
【A地点】 現在の遊園地前駅跡

遊園地前駅の跡地はループ・スクリューコースターの位置にあったという話を事前に聞いてましたが、現役当時の空中写真等を慎重に比較してみても間違いないようです。このような状態なので駅の痕跡は全く残っていませんでした。


おとぎ列車03
蒸気機関車による重連運転
(記念乗車券より)

休止時に西武山口線で使用されていた蒸気機関車はコッペルの527号機と532号機。527号機は廃止後に西武園ゆうえんち内に客車を利用したレストラン「れすとらんぽっぽ」として展示保存されていたらしいですが、平成23(2011)年になって台湾の博物館に移設されてしまいました。532号機の方は現在も北海道の丸瀬布町で静態保存されているという事です。


おとぎ列車04
ハローキティトレインと「れすとらんぽっぽ」の看板

527号機が展示されていた場所には、現在も「れすとらんぽっぽ」の看板だけが残っています。この看板を最初に見た時には何の事やら分からなかったけど、現存しないレストランの由来が分かってスッキリしました。


おとぎ列車05
【B地点】 新線の案内軌条を走るレオライナー



おとぎ列車06
【C地点】 車庫跡

遊園地前駅の北側には旧線時代には本線から分岐して車庫が設置されていました。廃止後には跡形も無く整地され、遊園地西駅の駅前広場や西武園ゆうえんちの駐車場に転用されています。


おとぎ列車07
【D地点】 3号トンネル遊園地側坑口

昔の空中写真を見ると、旧線は間違いなく3号トンネルの外側を通っていたはずなのですが、現地では旧線らしき痕跡は全く見当たりません。旧線にも新線同様にトンネルがあったのか、あるいは掘割と跨線橋(市道)だったのか、その程度の事さえも判然としない状態でした。


おとぎ列車08
【E地点】 3号トンネル坑門上から球場方面を見る

3号トンネルの球場側は向かって右側から旧線の路盤が合流していたはずですが、こちら側にもそれらしき痕跡は皆無です。旧線の跡地は大規模に埋め立てられてしまったのでしょうか。
ここから西武ドーム東側の新旧分岐点までは、旧線の路盤の大部分が新線に転用されています。つまり目立った遺構は最初から期待できない区間であるという事です。


おとぎ列車09
遊園地西駅周辺地図



おとぎ列車10
【F地点】 東中峯信号場

新線開業時に新設された東中峯信号場。山口線は便数が少ないので通常時には列車の交換は行われておらず、西武ドームで野球試合やイベント等が行われる多客時に増発列車を運行した場合にだけ使用されています。


おとぎ列車11
【F地点】 東中峯信号場
(列車内から撮影)



おとぎ列車12
【G地点】 新旧分岐点

東中峯信号場を過ぎると新線転用区間では最大規模(と言っても大した事はないけど…)の旧線が左側に分岐します。この旧線が生じた理由は線形改良によるもので、同様の旧線は多数存在しているものの、いずれも新線脇に小さな余地として残っている程度で、独立した旧線と言えるのはここぐらいのものです。


おとぎ列車13
【H地点】の旧線から新旧分岐点を振り返る
(奥が遊園地方面)



おとぎ列車14
【H地点】 市道に近接している旧線跡
(奥が球場方面)



おとぎ列車15
【I地点】 中峯信号所跡

旧線のカーブの頂点部分は広い空き地になっていて、この空き地に旧線の中峯信号所が置かれていました。当信号所は駅と見紛うばかりの島式ホームを有する1面2線の配線構造だったそうですが、現状は野原が広がるばかりで鉄道が敷かれていた当時の面影は残っていません。信号所跡の敷地の一部は現・山口線の中峯変電所の用地に転用された為、旧線を球場側に向けて通り抜ける事はできなくなっています。


おとぎ列車16
中峯信号所で使用されていたタブレット、腕木式信号機
(記念乗車券より)



おとぎ列車17
【J地点】 4号トンネル球場側坑口

東中峯信号場の西方に位置する4号トンネルは、市道が山口線を跨いでいるだけで土被りが全く無い、まるで跨線橋のような存在です。


おとぎ列車18
中峯信号所周辺地図



おとぎ列車19
【K地点】 新旧分岐点

西武ドームの東側が西武球場前駅とユネスコ村駅の新旧分岐点。現在線が大きく右カーブしている地点で、旧線は市道に沿って左カーブして旧上堰堤駅を経てユネスコ村駅に向かっていました。


おとぎ列車20
【L地点】 新線の5号トンネル(遊園地側坑口)



おとぎ列車21
【M地点】 5号トンネルを抜けると左下に山口線の車庫が見える



おとぎ列車22
【N地点】 西武球場前駅

狭山線との乗換駅である西武球場駅。この時の乗客は平日の昼間とあって10人もいませんでした。この後は徒歩にて新旧分岐点に移動して旧線をユネスコ村駅に向けて歩いて行く事にしましょう。


おとぎ列車23
西武球場前駅周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/660-7762bf24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック