万世橋駅01
万世橋駅の初代駅舎
(戦前絵葉書より)

中央線の前身である甲武鉄道は明治22(1889)年に新宿~八王子間を開業しました。その後も都心へ向けて順次延伸を進め、明治37(1904)年には御茶ノ水まで開業を果たしました。さらに東進して万世橋駅が開業したのは甲武鉄道の国有化(明治39年)後である明治45(1912)年の事です。
万世橋駅の初代駅舎は、後に東京駅舎を設計した辰野金吾氏による設計と言われ、戦前の絵葉書には東京駅と同様に豪壮な煉瓦造りの駅舎が写っています。駅舎内には1等、2等の待合室の他に食堂、会議室、バーまで備えており、当時としては非常に豪華な設備が備え付けられていました。
しかしながら万世橋駅の栄華は長くは続かず、開業から7年後の大正8(1919)年に中央本線は東京駅まで延伸開業し、万世橋駅は終着駅としての役割を終える事になります。さらに大正12(1923)年に発生した関東大震災では駅舎を消失、これに前後して当駅と近接する位置に神田駅、秋葉原駅が相次いで開業した事により、万世橋駅が開業した当時と比べると駅としての重要性は著しく低下しており、二代目となる再建駅舎は初代と比べると簡素な造りになりました。昭和18(1943)年には万世橋駅は遂に休止状態(事実上の廃止)となりました。

地図


万世橋駅14
大正12年9月1日 東京大震災実況
焼失後の須田町万世橋駅



万世橋駅04
開館当時の鉄道博物館

なお、万世橋駅の末期である昭和11(1936)年には東京駅から鉄道博物館(後に交通博物館に改称)が移転して来ています。鉄道博物館は万世橋駅の廃止後も残され、平成18(2006)年に大宮駅(さいたま市)に移転するまで万世橋駅の跡地で営業を続けました。ちなみに駅前の道路を通っていた市電(路面電車)は、昭和4(1929)年に須田町交差点の新道(国道17号線と都道302号線)が開通した事から、新道の方に移設され万世橋駅前を通らなくなっています。


万世橋駅02
現在の万世橋駅舎跡
(JR神田万世橋ビル)

交通博物館が取り壊された跡地(万世橋駅舎跡地)には、平成25(2014)年に「JR神田万世橋ビル」が完成。これに合わせて万世橋駅のプラットホーム・階段等の遺構も整備して「マーチエキュート神田万世橋」として開業しました。


万世橋駅05
マーチエキュート神田万世橋

プラットホームに上がる階段は駅舎が無くなっているため、唐突に高架橋(御茶ノ水・万世橋間高架橋)に口を開けた状態で露出しています。ちょっと違和感があるけど、まあ仕方ないか。


万世橋駅06
万世橋駅が開業した当時からの歴史的階段



万世橋駅07
「重点輸送強化運動」と書かれている駅貼りポスター



万世橋駅08
万世橋駅のプラットホーム
(奥が東京方面)

プラットホームは「マーチエキュート神田万世橋」の整備の一環としてガラス張りの展望デッキになりました。中央線の上下線に挟まれ、通過する電車が間近で見られるという立地が人気らしいです。


万世橋駅09
カフェデッキ
(奥が東京方面)

プラットホームの中ほどはカフェデッキになっている為、何かしらオーダーしないとデッキの先端部分(八王子方面)に進む事はできません。メニューにはサンドイッチとカレーにコーヒー等のドリンクがあります。訪問時は飯時を外れた微妙な時間帯だったので、軽くサンドイッチとドリンクを頼んでみました。


万世橋駅10
サンサンサンドイッチ(750円)
アイスコーヒー(500円)、オレンジジュース(350円)



万世橋駅11
万世橋駅のプラットホーム
(奥が八王子方面)

ラッキーな事にカフェデッキの一番先端部分の席だけが空いていたので、間近からホーム跡と中央線の列車を見放題です。とは言え、通る電車はE233系とE257系ぐらいしかなく、すぐに飽きてしまい喫食を終えると速やかに帰りました。


万世橋駅12
整備前の万世橋駅のプラットホーム
フォトライブラリーより)

整備前のプラットホームには駅名票のレプリカが建っていました。こうして見比べてみると整備前の方が駅跡らしい雰囲気が濃厚に残っていたと思います。ただし、整備がなければ容易にホーム上には立てなかった訳ですが。


万世橋駅13
万世橋駅跡を通過するE233系電車



万世橋駅03
万世橋駅跡周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/653-87d905a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック