ともん26
鮎と山女魚姿焼き定食(1,160円)

職場の先輩が餞別代わりに昼食を御馳走してくれるという事で、久しぶりに埼玉県入間市の「ともん」へ行ってきました。
本日のオススメは鮎と山女魚という事だったので姿焼き定食を主食にして、これまでに注文したことのない一品料理をいくつか選択してみる事にしました。そうは言っても仲間内で大人気の「沢がに」と「どぜう」の唐揚は外せないんですけどね。


ともん36
鮎(上)と山女魚(下)



ともん28
すいとん(550円)

主食の足しと汁物(定食に吸物が付いてるけど)に「すいとん」。これは家庭的で素朴な味わいがあってナカナカ良かった。


ともん27
山菜ときの子の精進揚げ(950円)

今日は飲酒OKなので酒肴として揚げ物を中心に注文。ご主人さんが精進揚げに使用している山菜とキノコについて解説してくれたのですが、不覚にも帰宅した頃にはアンズタケ、マスタケ、チチタケ以外は失念してしまいました。


ともん29
鰍唐揚げ

鰍(カジカ)は地方によっては別名「ゴリ」とか「ドンコ」とも呼ばれ、見た目は醜悪だけど非常に美味い川魚だと言われています。そう言えば久万には「ドンコ」と呼ばれている魚がいて、高知には「ゴリ丼」という物があったな。


ともん34
沢がに唐揚げ(750円)



ともん35
どぜう唐揚げ(750円)

唐揚メニューの中には「川海老」(手長海老)もあって非常に気になっているんですが、毎回「沢がに」と「どぜう」ばかりに気を取られて注文するのを忘れてしまっています。次回こそは忘れないようにしないと。


ともん30
山菜うどん(500円)

止め椀には「ともん」では唯一の麺類である山菜うどん。もちろん山菜は水煮ではない本物の山菜で、麺も手作り感たっぷりの風味とコシがあって美味かった。これだけ具沢山で500円は安いのではないでしょうか。


ともん31
鰍の弁慶干し

店内にて弁慶に干してある鰍は「カジカ酒」に使用されるそうです。今回の酒類は安易にビールにしてしまいましたが、カジカ酒の他にも岩魚、鮎の骨酒とか猿酒もあったので、これらも試してみれば良かったと後悔してます。今回、初めて知った事だけど「ともん」ではコース料理(3,500円~)や仕出し・弁当も扱っているとの事なので、年末に名古屋から戻ってきた時には有志で忘年会をやれたら良いなと考えています。


ともん32
ビール(580円)



ともん33
生簀を泳いでいる岩魚(イワナ)

【郷土料理ともん】
埼玉県入間市春日町1-3-2


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/630-23f1acd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック