三坂峠85
三坂峠周辺地図

松山河川国道事務所の発表によると、三坂道路の開通(平成24年3月17日)によって実質的に旧道化していた三坂峠の現道区間9.2kmが、本年(平成27年)4月1日に国交省から愛媛県へ移管となった事に伴って、路線名が従来の国道33号線から国道440号線に変更されたとの事。元々、国道440号線の起点は松山市だったのですが、久万高原町にある柳谷大橋交差点以北は完全に国道33号線と重複していた為、久万高原町~松山市にかけては「440号」の路線名が表に出る事はありませんでした。今回、三坂峠においては国道33号線だけが三坂道路に移った為、現道(旧道)の方に単独区間として国道440号線が現れた訳です。(参考PDF

平成28年3月に確認してきました。


三坂峠86
三坂道路の起終点に設置されている青看
(平成27年8月18日確認)

今年の帰省時には国道440号線となった三坂峠が見られるものと期待してたのですが、8月に通った時点では現道の青看や国道標識の表示は全て「33号線」のままで、昨年度と比べて全く変化が見られません。愛媛県はこの手の変更は迅速かつ正確に行う県なのでちょっと意外でした。まあ、今年度中には差し替えられるのではないかと思ってます。


三坂峠100
9月6日に撮影された三坂道路の青看
なきいるか氏提供)

とか言ってたら私が最後に確認してから約3週間後になきいるか氏が通過した時には、旧道は国道440号線表示に差し替えられていたとの情報をいただきました。


三坂峠88
三坂峠

三坂道路が開通して以来、3年ぶりに通った三坂峠は、当然ながら交通量が激減して路線バスと上浮穴自動車教習所の教習車が通る程度になっていました。それと三坂道路開通前から危惧していた事だけど、路面のタイヤ痕から見てDQN(所謂ローリング族と言われる連中)も出没しているようです。


三坂峠89
三坂隧道と観音像

交通量が減ったのをいいことに三坂隧道手前の観音像の碑文にも目を通してみました。


三坂峠90

当久万街道は明治二十三年開通以来予土連絡の最重要路として又地方産業開発路としてその交通量は日毎に増加しつつあり而もここ三坂峠は天然の要害地にして至る所断崖あり曲角ありて自動車通行の激増に伴い不吉な事故も増加の一途を辿っていまして誠に憂慮に堪えません。
ここに於て我々運転者として事故に依る死亡者の冥福を祈り併せて将来この道を行き交う人車の安全を期する為悲願を起こし当局者はもとより各交通安全協会並に関係各位の一方ならぬご支援御協賛を得茲に丈餘の観音像を建立するに至った次第であります。
願わくば通行諸士は観世音の心を心とし人類相愛交通安全を期され将来永遠に事故の皆無ならんことを。
昭和三十五年十月二十八日 発願者一同謹記


昭和35(1960)年と言えば三坂峠の一次改築(昭和37年~41年)が完成する以前であり、県内屈指の事故多発地帯だったと言われている往年の難所ぶりが窺えます。ちなみに三坂峠の一次改築は大部分が現道の拡幅だったので旧道は殆ど生じていませんが、三坂隧道から大ヘアピンにかけては新道が建設された為、約1.5kmほどの旧道(廃道)が残っています。


三坂峠98
観音像付近から眺めた松山平野



三坂峠99
大癖筆 伊予面河渓 三阪峠ノ眺望

大癖とは宮城県出身の画家「大出大癖」(1863~1951)の事。彼は面河渓を中心に愛媛県上浮穴郡内での作品を何点か残しており、その中の一つには冬の三坂峠を描いた物もありました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おや、これは知りませんでした。高知西バイパスの並行区間は194号になるんでしょうかね。
2015/09/08(火) 07:53 | URL | 九朗 #-[ 編集]
私の予想では高知西バイパスの旧道は仁淀川橋以東は国道194号線、仁淀川橋から波川分岐までは県道39号線になるのではないかと思ってます。
三坂道路の記事になきいるかさんからいただいた国道440号線に変更後の青看の写真を追加しました。
2015/09/09(水) 22:34 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/621-d0f68bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック