愛媛への道28
上り線が渋滞中の東名阪道
(鈴鹿IC~亀山JCT)

月初めの帰省で松山に残してきた妻子を8/16(日)~20(木)にかけて迎えに行ってきたので、今回も来年の為にコースタイムを記録しとく事にします。16日はお盆の最終日とあって上り線では各所で渋滞が見られましたが、下り線の方は名神高速・大津IC付近で故障車による5kmの渋滞に遭遇しただけです。通行料金は八王子IC~松山ICの11,150円(通常15,400円)と瀬戸中央道の1,950円(通常4,220円)で計13,100円でした。

八王子IC【11:40】→海老名JCT【12:07】→御殿場JCT【12:38】→藤枝PA【10分休憩】→浜松いなさJCT【14:03】→三ヶ日JCT渋滞1km→豊田JCT【14:47】→四日市JCT【15:15】→亀山JCT【15:30】→甲南PA【10分休憩】→草津JCT【16:05】→瀬田東JCT渋滞5km→吹田JCT【16:48】→龍野西SA【10分休憩】→瀬戸大橋【18:53】→松山IC【20:30】


愛媛への道29
渋滞中の名神高速
(草津JCT~瀬田東JCT)

名神高速は上記の渋滞5kmによって瀬田東JCT~吹田JCT(47km)の所要時間は55分と表示されてました(実際には40分で通過)。名神の並行ルートで京都を南部(宇治)に迂回している京滋バイパスの方は、笠取IC~久御山JCTでの事故渋滞(7km)により吹田までの所要時間さえ表示できない(-)状態でした。今回は京滋バイパスを初通過してみようと思っていたので残念です。


愛媛への道30
渋滞の原因になっていた故障車
(瀬田西IC~大津IC)

車線を塞いでいる訳でもない故障車程度の障害でもブレーキの連鎖によって渋滞が引き起こされる訳です。ひとたび高速道路上で車に不具合が発生すると、本人ばかりか周囲にも多大な危険と迷惑を及ぼすので、出発前と定期的な点検は怠らないようにしましょうね。





愛媛への道53
松山市周辺地図

松山に帰ってた4日間の天気は全て雨でした。5年間、毎年2~3回帰省しているけど、全部雨だったのは今回が初めてです。お蔭で道路趣味的な探索をする事もできなかった為、松山市内でラーメンばかり食ってたり、八幡浜と久万の親族宅を親戚回りに2周半もしてしまいました。まあ、こういう帰省もたまには良かったのではないかと思います。


愛媛への道54
国道378号線
(伊予市 下灘~上灘)

松山~八幡浜間の伊予灘沿いを通る国道378号線(通称:夕やけこやけライン)の風景は、今年去年に東京から連れて来た職場の人間からも極めて高い評価を貰いました。私は松山、嫁は八幡浜なんで愛媛時代には何度となく往復した道だけど、地元に住んでいる頃には有り難さに気付かなかったな…。





愛媛への道33
松山自動車道
(川之江JCT付近)

帰りの日(8/20)も相変わらず雨の予報だったので、寄り道なしで立川まで駆け抜ける事にします。帰りのルートには今年の3/14に開通したばかりの徳島道・徳島IC~鳴門JCT間を通れる神戸淡路鳴門自動車道を選びました。


愛媛への道34
徳島道
(美馬IC付近のLHシステムオービス)

徳島道は全長約100kmの内、ICやSAの出入口を除く殆どの区間が暫定2車線の対面通行です。たまに追越車線があったかと思うとオービスが設置されていたりするので要注意。また、パトカーによる取締りも全区間を通して行われてます。


愛媛への道35
パトカーによるスピード違反の摘発現場
(脇町IC~阿波PA)

限られた追越車線で低速車を抜いておきたいと思うのが人情なのか、いずれの追越区間でも制限速度(70km/h)を大幅に超過した130~140km/hにも達する追越が常態化してました(高速道路での速度違反は40km/hオーバーから赤切符)。


愛媛への道36
徳島本線料金所跡

徳島ICの3kmほど西側にあった徳島本線料金所は徳島道の延伸によって平成25(2013)年に撤去され、新たに徳島IC内に料金所が設置されました。この際に徳島ICの形状もY字型からトランペット型に改められています(下の地図を参照)。この変革を事前に把握していれば国道11号上に架かっている跨道橋(市道)からでも定点撮影を実施してたのにな~。


愛媛への道56
徳島ICの変化



愛媛への道37
徳島IC

ここ(徳島IC)から鳴門JCTまでの10.9kmが平成27年3月14日に開通したばかりの区間。最近の地方に多い無料の新直轄方式ではなく有料(徳島~松茂:370円、徳島~鳴門:490円)です。


愛媛への道38
徳島JCT建設予定地

徳島ICを過ぎると半径410mの急カーブで東から西へと180度進路を方向転換。将来このカーブ地点には徳島JCTが設置され、阿南方面に向けての四国横断自動車道が分岐する事になっています(平成31年度に徳島JCTから阿南ICまで開通予定)。


愛媛への道39
「松茂PA 5km、鳴門JCT 8km、高松 69km、神戸 107km」



愛媛への道40
追越車線は今切川橋南側の1ヶ所(約800m)だけ



愛媛への道41
今切川橋(L=1,180m)



愛媛への道42
スマートICを併設した松茂PA(鳴門JCT起点3.1km)



愛媛への道43
鳴門JCT

徳島IC~鳴門JCTの通過に要した時間は8分。この間に追い越した車は大型車1台、すれ違った車は3台だけでした。徳島市~鳴門市間には既に片側3車線の国道11号線(吉野川バイパス)が通っているから、対面通行の高速道路など需要が少ないのかもしれないな。


愛媛への道44
高松道・大代古墳トンネル

大代古墳トンネルの手前で高松道と合流。2週間前に通った高松道経由での川之江JCT~鳴門JCT間の所要時間を比較すると下記の通りになります。現状ではどちらを通っても所要時間に大差はないけど、高松道の全線4車線化(平成30年度完成予定)が完成すれば明確な差が出てくるでしょう。

徳島道108.4km=71分(平均91km/h)
高松道120.6km=76分(平均95km/h)


愛媛への道45
徳島IC周辺地図





愛媛への道46
醤油ラーメンセット(910円)

淡路島北端の淡路SAでちょうど昼時になり食事&給油休憩。ここでは過去に2度「淡路玉ねぎラーメン」にしているので、さすがに飽きてきて今回は平凡だけど「ラーメンセット」にしときました。


愛媛への道47
嫁が好物の「カレーうどん」(510円)



愛媛への道48
明石市の郷土料理「明石焼」(400円)



愛媛への道49
関西名物の「たこやき」(420円)





愛媛への道50
名神高速
(天王山トンネル付近)

本州に入ってからは名神の並行路線である京滋バイパス(国道1号線)を初走行した他は、いつも通り新名神→東名阪→伊勢湾岸→東名→新東名→圏央道で帰りました。予想通りの亀山JCT渋滞と予想外の厚木JCT渋滞があったけど、やっぱりこのルートが一番楽だな。


愛媛への道51
厚木JCT周辺地図

渋滞名所の厚木JCTとは言え、さすがに平日の19時頃にもなると渋滞する事は稀です。今回の渋滞(4.5km:37分)は海老名IC北側の走行車線を故障車(日野金属産業のトラック)が塞いでいた事によるものでした。こういう他人の過失によって生じた渋滞に巻き込まれるのは本当にムカつきますわ。

松山IC【9:38】→川之江東JCT【10:33】→鳴門JCT【11:44】→淡路SA【35分休憩】→神戸JCT【13:40】→吹田JCT【13:58】→草津JCT【14:30】→甲南PA【10分休憩】→亀山JCT【18:16】→渋滞7km→豊田JCT【16:07】→三ヶ日JCT【16:40】→藤枝PA【10分休憩】→御殿場JCT【18:18】→海老名JCT【18:53】→渋滞5km→八王子IC【19:50】

通行料金は平日昼間だったので松山IC~八王子ICは割引が僅か200円だけしかなくて15,200円。 神戸淡路鳴門自動車道が3,280円(通常5,610円)の計18,480円でした。瀬戸中央道の方が1,330円安く済み(本四ルートが短い為)、所要時間にも殆ど差はありません。今までは特に気にしていませんでしたが、次回からは寄り道等の事情がない限りは瀬戸中央道だな。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/618-98fcfba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック