山西旧線地図2
昭和7年鉄道補入「松山北部」(1:25,000地形図)

明治21(1888)年に開通した伊予鉄高浜線は、古三津と山西の集落を避ける為に山西駅周辺でS字カーブを描いていました。このS字カーブは昭和6(1931)年の改軌(762mm→1067mm)、電化、複線化に際して線形改良が行われ、3つの急カーブから緩やかな2つのカーブに付替えられました。この時、山西駅も現在地に移転されています。


山西旧線1
【A地点】 山西団地踏切から山西方面を見る

西衣山駅からの直線が三津街道に沿って右にカーブする地点が新旧線の分岐点です。歴地形図を見比べてみると旧線はもう100mほど直進してから、ややきつい曲線で山西に向けてカーブしていました。


山西旧線2
【B地点】 新旧分岐点を通過する伊予鉄電車



山西旧線3
【C地点】から西衣山方面を振り返る

B地点~C地点間の旧線はこの写真の範囲内に納まっているはずですが、何の痕跡も残っていません。住宅地図も調べてみましたが廃線跡地を感じさせるような立地の建物さえありませんでした。これは廃止後すぐに旧線跡が完全に撤去され農地になり、戦後さらに宅地化された事が原因らしいです。


山西旧線4
【C地点】 新田高校踏切

三津街道の踏切(C地点=新田高校踏切)で新旧線は交差して、ここから旧線は現在線の東側に出ます。昭和2年に開業した山西駅は現在線に付替えられる昭和6年まで、4年間だけこの踏切の傍に置かれていました。踏切北側の空地が旧山西駅の跡地です。新線切り替え後にも同じ位置に駅を設置する事は出来たはずですが、なぜ現在位置に移設したのでしょうか?


山西旧線5
【C地点】から見る新旧山西駅

新旧の山西駅間は約250m、この間の旧線は最大で東に50mほど離れています。こちらも今では住宅街となり、旧線の遺構は何も残っていないようです。


山西旧線6
【D地点】 現・山西駅(新旧分岐点)

新旧線が合流する現・山西駅には旧線の跡地が駐輪場(写真左側のスペース)に転用され、旧線の線形が僅かながら残っていました。


山西旧線地図1



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/58-999ce310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック