五郎駅01
【9:24】 「伊予灘ものがたり(大洲編)」
(伊予市上三谷)

平成27(2015)年度に開業が予定されている予讃線の新駅(愛媛県伊予市上三谷)を探していると、期せずして「伊予灘ものがたり」が通過して行きました。登場から半年以上が経つ「伊予灘ものがたり」だけど人気ぶりは相変わらずです。ちなみに今年の4/4からは大洲編(松山駅→伊予大洲駅)の松山駅発車時刻が9:10から8:26に前倒しされています。

※新駅の開業は平成31(2019)年に先送りされました。

五郎駅02
北伊予駅~伊予横田駅付近

伊予市の新駅は駅間距離2.7kmの北伊予駅~伊予横田駅間(いずれも特急通過駅)に建設が予定されています。この辺りの地図を見ていると、伊予横田駅前を通っている従来の県道219号線(砥部伊予松山線)に並行して、上三谷地内にも近年になって未完成の県道219号線が新たに出現していました。


五郎駅03
【A地点】 建設中の上三谷立体

(新)県道219号線は現在、上三谷に建設中の車両基地と貨物駅(新駅計画とは別)の西端に当たります。車両基地と貨物駅によっていくつかの市道町道が分断される事から、それらの代替えとして県道23号線と県道214号線を結ぶ(新)県道219号線が建設されている訳です。上三谷の新駅も、車両基地に隣接する形で建設される予定になっています。

※2年後に再訪しました。


五郎駅04
【A地点】 (新)県道219号線
上三谷立体から県道23号線方面を見る



五郎駅05
【B地点】 (現)県道219号線

(現)県道219号線の方は15年ほど前に改良を終えて田園を突っ切る快走路に生まれ変わっています。あまりの走り易さに制限速度(40km/h)を大幅超過の80km/h以上で走行している車も頻繁に見掛ける程です。
ちなみに改良前の同県道には、当時は天井川だった大谷川を土手上の橋で渡っており、この橋と土手を登る取付道路が離合困難な難所でした。近年では少しずつ改良が進んで、ある程度は県道の体裁になってきた219号線ですが、20年前なら間違いなく県内三指に入った特異県道でした。


五郎駅06
【C地点】 昭和50年撮影の空中写真



五郎駅07
【D地点】 上野鶴吉跨線橋から新駅建設予定地を見る



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/577-418e650f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック