箱根新道01
【A地点】 箱根新道の料金所と箱根PA
(平成23年3月12日撮影)

箱根新道は「箱根の山は天下の嶮」と謳われた箱根峠の交通を改善する為、箱根湯本~宮ノ下~芦ノ湖畔を経由する現道に代わって昭和37(1962)年に開通した国道1号線のバイパス道路(有料道路かつ自動車専用道路)です。当初は20年後の昭和57(1982)年の無料開放を予定していましたが諸般の事情から度々延期となり、平成22(2010)年に実施された約1年間の無料化社会実験を経て、開通から50年近く経った平成23(2011)年7月26日をもって漸く恒久無料解放を迎えました。
無料の自専道と聞くと、現代では新直轄方式の高速道路等を想像しがちですが、箱根新道は開通時期が古い上に全長14kmで約780mもの高低差を克服している事から、最小半径30mの急カーブと8%の急勾配が連続する難路です(参考:国道33号線の三坂峠は12kmで620mの高低差)。
なお、箱根新道が無料開放となる直前の通行料金は普通車で250円でした。


箱根新道21
【A地点】 撤去が進む箱根新道の料金所と箱根PA跡
(平成23年12月28日撮影)

当然ながら無料開放後は山崎IC付近にあった本線料金所は撤去。料金所に併設していた箱根PA(うどんと蕎麦が名物だったらしい)も閉鎖されています。


箱根新道02
【A地点】 箱根新道の料金所と箱根PA跡
(平成27年4月19日撮影)





箱根新道03
【B地点】 イチコクの国道標識

箱根新道は全線に渡って対面通行の片側1車線(登り坂になる下り線には所々に登坂車線がある)。センターポールは途中2ヶ所あるIC付近にしか設置されていないので自専道らしい雰囲気はあまり感じられません。


箱根新道04
【B地点】から山崎IC方面を見る
(無料開放された現在では料金所の予告標識は撤去されている)



箱根新道05
【C地点】 須雲坂IC

山崎起点3.6km付近の須雲坂IC(山崎ICに向けてのハーフインター)は旧東海道(県道732号・湯本元箱根線)沿いに位置している奥湯本温泉街へのアクセス向上を目的に平成7(1995)年に新設されたインターです。箱根新道の無料開放が延期された原因の一つに、このインターの新設による事業費の償還分が上乗せされた事が挙げられます。


箱根新道06
【D地点】 イチコクの国道標識



箱根新道07
【E地点】 「七曲り」の予告標識

起点からの6kmポストと共に現れる「この先 七曲り」の警戒標識。ここまでの箱根新道は山岳道路ながらも直線的な線形を保っていた為、50km/hの制限速度を辛うじて維持していましたが、最小半径54mと30mのヘアピンカーブが連続する「七曲り」区間(下り線)に限っては自専道としては最低ランクの40km/h制限です。


箱根新道08
【F地点】 最小半径54mのヘアピンカーブ



箱根新道09
【G地点】 「七曲り」の箱根新道と「十六曲り」の県道732号線

道を通すには限られた地形の畑宿において複雑に絡み合う箱根新道と県道732号線(旧東海道)。箱根新道が「七曲り」なのに対して県道732号の方は実に16ヶ所ものヘアピンカーブで高低差180mの急斜面をクリアしています。高所から七曲りと十六曲りの交錯を俯瞰できたら、さぞかし絵になる写真が撮れるだろうな。


箱根新道22
【G地点】 「七曲り」の箱根新道と「十六曲り」の県道732号線



箱根新道10
【H地点】 「七曲り」の下り口
(奥が山崎IC方面)



箱根新道11
【I地点】から箱根峠IC方面を見る
七曲りを過ぎても8%の急勾配が延々と続く



箱根新道12
【J地点】 イチコクの国道標識



箱根新道13
【J地点】から山崎IC方面を見る
「下り急勾配 12km連続エンジンブレーキ使用」

全然が下りの急勾配となる上り線(山崎IC行き)には、5ヶ所のブレーキ故障車退避所が設けられています。


箱根新道14
【K地点】 芦ノ湖大観インター

芦ノ湖、伊豆スカイラインへのアクセスとなる芦ノ湖大観インター(山崎IC起点12.0km付近)。有料道路時代にも当インター⇔箱根峠IC間の1.7kmに限っては道中に料金所がなく無料で通行できていたそうです。


箱根新道15
【L地点】 箱根峠IC
「TOLL ROAD END」

箱根峠間近の箱根峠IC(山崎IC起点13.7km付近)で箱根新道は終点、箱根国道と合流して県境の箱根峠に臨みます。箱根新道の走行時間は過去4回走行では上下線とも約13分なので概ね60km/hぐらいで流れているようです。有料道路時代の終点部にあった「TOLL ROAD END」の標識は、無料開放を受けて「HAKONE SHINDO Ave. END」との標識に改められていました。


箱根新道16
「HAKONE SHINDO Ave. END」



箱根新道17
【L地点】 箱根峠IC
(奥が小田原、山崎IC方面)



箱根新道18
箱根峠(標高846m)



箱根新道19
箱根新道周辺地図



箱根新道20
笹原山中バイパスの1号トンネル
(三島市山中新田)

箱根峠の西側(静岡県三島市)では山中新田付近の隘路を改良する笹原山中バイパス(L=4.3km)が建設中。この内、1号トンネル(L=79m)を含む山中地区の約1.6kmは平成27年度中に開通する予定です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/574-8e02ead4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック