三頭山荘11
山菜料理

今日の夕飯は檜原村の三頭山荘に行った時に村内の特産物直売所の「山吹屋」と「ばんば」で買ってきた行者ニンニク、ノビル、山ウド等の山菜を調理しました。行者ニンニクはふき味噌の要領で「行者ニンニク味噌」にして残りは天ぷら、ノビルの根はそのまま酢味噌で茎(葉?)は卵とじに、山ウドの調理はいつも通りで。あと、どちらの直売所でも午前中には売り切れてしまって滅多にお目にかかれない檜原産の手作りこんにゃく(刺身用)は相変わらず絶品でした。
上記の直売所では割と安価で売っている山菜ですが、自宅でこれだけ食べられるとちょっと贅沢な気分を味わえます。ノビルの根は生だと刺激が強過ぎだったから次は味噌汁にでも入れる事にしてみよう。
それにしても、うちにももう少し気の利いた食器があったら良いな。

三頭山荘14
行者ニンニクの天ぷら

行者ニンニクは初体験だったけどニンニクよりも豊富と言われるアリシンの刺激がクセになりそう。行者ニンニクの名前は深山で修業をしていた行者が愛用した事に由来するんだそうです。


三頭山荘12
若鮎の甘露煮

いくら美味とは言え、山菜だけだとちょっと物足りないのでタンパク源に「若鮎の甘露煮」。


三頭山荘13
檜原名物の漬物「ひのはら漬け」



三頭山荘10
手作りこんにゃくと山ウドとノビル



三頭山荘09
行者ニンニクと山ウド



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/573-d68444e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック