小倉橋01
小倉橋と新小倉橋
【近代土木遺産Aランク】

小倉橋は昭和13(1938)年に旧津久井郡内(川尻~串川間)の相模川に架けられた開腹アーチ橋です。その優美な容姿から「かながわの景勝50選」(昭和54年)、「相模川八景」(昭和61年)、「神奈川の橋100選」(平成3年)等に選定されており、平成20(2008)年には「選奨土木遺産」に認定されました。しかしながら橋上の幅員は4.5mと狭く普通車同士でも離合が困難であり、築60年以上が経過して老朽化も進行してきた事から、平成12(2000)年から上流側に津久井広域道路(橋本五差路~相模湖IC)の一部として新小倉橋が着工され平成16(2004)年に開通しています。なお、新小倉橋の建設に当たっては(旧)小倉橋との景観についても十分な配慮がなされました。


小倉橋02
小倉橋(奥が長竹側)

小倉橋の旧県道510号線(長竹川尻線)は同橋西詰(長竹側)で相模川右岸の県道511号線(太井上依知線)と接続している為、県道511号線から川尻方面へは現在も小倉橋が新小倉橋の側道的な位置付けで機能しています。それにしても、ほんの10年前まではこんな狭い橋が新小倉橋と同じ役割を担っていた事には驚かされます。

【小倉橋】
昭和13(1938)年竣工、延長176m、幅員4.5m
RC開腹アーチ


小倉橋03
新小倉橋

新橋である新小倉橋は旧橋の狭隘さによって長年蓄積させられたストレスを一気に発散するかの如く広大な4車線幅が確保されています。現在開通している津久井広域道路(橋本~緑区根小屋間、約7km)の中で、4車線化されているのは新小倉橋から相模原インターまでの約1kmだけです。

【新小倉橋】
平成16(2004)年開通、延長193m、幅員22.5m




小倉橋04
【A地点】 新小倉橋西側交差点
(平成22年10月17日撮影)



小倉橋05
【A地点】 新小倉橋西側交差点
(平成27年3月31日撮影)

新小倉橋の開通から11年経った平成27(2015)年3月29日。新小倉橋西詰で終点だった津久井広域道路が県道65線(厚木愛川津久井線)付近まで約2.5kmの延伸を果たしました。ちなみ津久井広域道路の開通は予定より遅れた為、圏央道の高尾山IC~相模原愛川IC間は昨年に開通していながら、この間に位置する相模原ICのみ未供用のままになっていました(相模原ICは津久井広域道路と共に3/29に開通した)。





小倉橋08
【B地点】 相模原インター付近

それでは今回開通した津久井広域道路を新小倉橋から西へ進んで行きましょう。圏央道の圏央厚木IC~海老名JCT間は今日も渋滞中でした。今日は東名の方には行かないから良いけど。




小倉橋09
開通の時を待つ相模原インター
(平成27年2月6日撮影)



小倉橋10
開通後の相模原インター
(平成27年4月19日撮影)





小倉橋11
【C地点】 尻久保沢に架かる荒句大橋(L=149m)



小倉橋12
【D地点】 東金原交差点

津久井広域道路と県道65号線が交差する東金原交差点(仮称)は交通量が多い幹線道路が交わる交差点でありながら、何故か信号機が設置されなかったため問題視されています。この交差点は津久井広域道路が優先道路で県道65号線の方に一時停止が課せられているのですが、県道65号から徐行もせずに交差点に突っ込む奴が結構いて、私が見ていた僅か10分ほどの間にも危険な状態が頻発してました。神奈川県警さん、絶好の取締ポイントの誕生ですよ。と言うか、さっさと信号機を設置して下さい。


小倉橋13
【D地点】 東金原交差点(奥が長竹側)

津久井広域道路が開通も 信号機なく地元不安

 圏央道相模原インターチェンジ(IC、相模原市緑区小倉)が29日開通する。同時に、ICへのアクセス道路の津久井広域道路も新小倉橋から串川ひがし地域センター付近までの約2・8キロが開通するが、県道65号と接続する小学校付近の交差点に信号機が設置されず、地元の人たちを不安にさせている。市は交通誘導員を24時間態勢で配置するほか、学校も住民らの協力を得て登下校の時間帯に交差点に立ち、子どもたちの安全確保に努めることになった。
(中略)
 圏央道相模原ICが開通すれば、この地域周辺の交通量が増えるのは必至。市は今回、広域道路の開通区間を信号機が付かない東金原交差点で止めず、その先の串川ひがし地域センター前までにしたことについて、「各方面に交通の分散を図るため」などと理解を求めている。ただ、設置時期は未定のままだ。


神奈川新聞 平成27年3月27日(金)7時3分配信記事より

(追記)神奈川県公安委員会が平成27年9月までに東金原交差点に信号機を設置する事を決定しました。


小倉橋14
【D地点】 東金原交差点(奥が橋本側)



小倉橋15
【E地点】 今回開通した津久井広域道路の終点

東金原交差点から西へ300m進んだ「串川ひがし地域センター」前で津久井広域道路の今回開通区間は終了。ここからは市道と県道513号線(鳥屋川尻線)を暫定的に利用して長竹三差路で国道412号線に接続します。なお、これより先に津久井広域道路の既開通区間が姿を現すのは、約10km先の終点(相模湖IC付近)に位置している勝瀬橋だけです。


小倉橋16
小倉橋周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/559-c92d619e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック