原田橋01
ダム下流 原田橋附近の景色
(佐久間ダム完成記念絵葉書より)

昨夜、ニュース番組を見ていると『浜松市の国道473号線・原田橋が落橋した』 という聞き捨てならない報道が流れました。
※絵葉書の中央に写っているのが原田橋で、向かって左側(天竜川右岸)が土砂崩れを起こした法面。

31日夕方、静岡・浜松市で土砂崩れが発生し、橋の上で監視していた浜松市の職員2人が、巻き込まれて死亡した。
31日午後5時すぎ、浜松市の国道473号線で、のり面が高さ70メートル、幅70メートルにわたって崩れ、近くにかかる原田橋が崩落した。
(中略)
現場では、午後2時15分ごろから、細かい石が断続的に落ちてきたため、市は、午後4時20分に通行止めとし、2人は、のり面の監視をしていた。.


フジテレビ系(FNN) 平成27年2月1日(日)0時47分配信記事より


原田橋02
原田橋
フォトライブラリーより)

私が最後に原田橋を通ったのは平成22(2010)年3月末、松山から八王子への引越す道中での事。この時の原田橋には(通行制限等の)異状は特に無かったように記憶しています。
改めてwikiの記事を見てみると原田橋は今回の土砂崩れとは関係なく老朽化(吊橋にとっては致命傷となるメインケーブルの損傷が発見された)によって平成24年4月24日から一時通行止の処置が取られていたようです。同年6月25日からは厳重な監視の下で通行止を解除すると共に、現橋の16m下流側に新原田橋(L=156m、下路アーチ橋)を架設する事を決定。平成27年度中の開通を目指して架橋工事が進められている最中に起こった惨事でした。

【原田橋】
昭和31年5月竣工、延長138.6m、幅員5.5m


原田橋03
原田橋
フォトライブラリーより)

落橋した原田橋の画像については以下のまとめサイト等をどうぞ。

原田橋落橋に関する簡易まとめ


原田橋05
原田橋の迂回路

なお、平成24年に実施された一時通行止めの際には、河川敷に仮設の迂回路(上記赤点線)が設けられていました。今回の通行止は新原田橋が開通するまで1年前後に渡って続くでしょうから、いずれは前回と同様の迂回路が開設されると思います。

【追記】 2/17頃までに河川敷を利用した仮設道路が設置されるとの事です。


原田橋04
原田橋周辺地図


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/534-50c1e150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック