福祉モノレール数馬線01
数馬線・数馬駅

檜原村福祉モノレールの最後の1路線(数馬線)は5路線中4路線が集中していた藤倉地区とは浅間尾根を挟んだ裏側の数馬地区にあります。駅は県道206号線(川野上川乗線)から南秋川を渡った対岸に設置されていました。

地図


福祉モノレール数馬線02

駅から見える範囲内の数馬線は浅間尾根への登山道に並行して敷設されています。折角だから登山道を使って線路を追っかけられる所まで追ってみましょう。


福祉モノレール数馬線03
登山道を跨ぐ線路



福祉モノレール数馬線04
かなりの急勾配で斜面を登っている



福祉モノレール数馬線05
途中駅

急峻な斜面を直線的に登攀するモノレールに対して登山道は勾配を抑えるため山肌に沿って遠回りしながら登って行きます。登山道が1件の廃屋を過ぎて次に線路に接する場所には途中駅と思しき足場が設置されていました。途中駅から先には登山道が見当たらなくなり、体力的にも丁度いい潮時でもあったのでここで引き返す事にします。


福祉モノレール数馬線06
途中駅からモノレール線路を見下ろす



福祉モノレール数馬線07
途中駅からモノレール線路を見上げる



福祉モノレール数馬線08
県道206号線から「民宿 浅間坂」を見る

この日は福祉モノレールの数馬駅からほど近い浅間坂にて蕎麦を食べて帰りました。民宿ですが食事、入浴のみでもOKです。


福祉モノレール数馬線09
数馬線周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/484-ca71ea32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック