仁淀川大橋19
松山側から撮影された旧仁淀川橋

5年前に公開した「国道33号線・仁淀川橋」(高知県吾川郡いの町)の記事で軽く触れていた旧橋(明治44年着工・大正2年完成)の絵葉書4枚を入手しました。これによって新たな発見がいくつかあったので頁を改めて以下に紹介。
まず、伊野町史の旧仁淀川橋についての記載は 「明治四十四(1911)年着工、工費八万一千円で大正二(1913)年に堂々たる鉄橋が完成した」 というもの。実は旧橋の竣工年は大正2(1913)年と大正4(1915)年の2説があって、従来はどちらが正しいのか判断が付かなかった(特に気にもしてなかったけど)のですが、絵葉書に押印されたスタンプから大正4年3月28日に開通式が挙行された事が判明しました。また、実際には鉄橋ではなく9連の木造トラス橋(橋脚のみ鉄管製)だったようです。これなら15年ほどで現在の鉄橋に架け替えられたのも納得できます。


仁淀川大橋20
昭和5年に竣工した現在の仁淀川橋
(旧橋は電光表示板の裏側に架かっていた)





仁淀川大橋21
左岸側(高知側)の橋台
国道194号線の拡幅により現存しない



仁淀川大橋22
現存している右岸側(松山側)の橋台



仁淀川大橋23
左岸側(高知側)の橋台跡





仁淀川大橋24
旧仁淀川橋

【旧仁淀川橋】
大正4年竣工、延長約380m、幅員-m
下路木造トラス橋
工費81,000円


仁淀川大橋25
上の絵葉書と同位置から撮影した現在の仁淀川橋



仁淀川大橋26
旧仁淀川橋全景



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/468-1eadf1ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック