万世橋1
万世橋 【近代土木遺産Cランク】

万世橋は昭和5年に神田川に架けられた中央通りの橋で、東京のメインストリートに相応しい重厚なRC充腹アーチ橋です。橋の直下には神田川を潜る東洋初の河底トンネルである東京メトロ銀座線の神田川トンネルが通っています。万世橋のやや複雑な歴史については千代田区の教育委員会が建てた案内板に詳しいので以下に紹介しときましょう。

はじめはこの場所には橋がなく、約一五〇メートル上流に筋違橋門に附属する橋がありました。明治五年(一八七二)に門が解体されたとき、不要になった枡形石垣を転用して、門の跡に東京最初の石橋が架けられ、時の東京府知事大久保一翁により万世橋と命名されました。しかし一般には、半円形の二つの通船路の川面に映るさまが目鏡のようなので、目鏡橋の愛称で呼ばれました。
明治三十六年(一九〇三)に元万世橋と改称しましたが、明治三十九(一九〇六)年に撤去されました。橋名を刻んだ石の親柱は神田神社の境内に保存されています。
この場所に初めて橋が架けられたのは、明治十七年(一八八四)のことで、上流の昌平橋が流失したため代用として昌平橋が架けられました。上流の昌平橋が復旧すると、この橋は新万世橋と改称し、明治三十六年(一九〇三)には鉄橋に改築されて万世橋と再度改称しました。
現在の橋は、関東大震災の後の昭和五年(一九三〇)に架け替えられました。



万世橋2
万世橋北詰

26mの橋長に対し幅員は6車線(+歩道、中央分離帯)36mもあります。
おにぎり(国道標識)を見て気付きましたが、万世橋は三国峠を越えて新潟県まで至る国道17号線の橋なんですね。そう考えると何だか旅情を誘われるような気がしますが、この日は徒歩なので如何ともできません。


万世橋3
立派な親柱



万世橋4
萬世橋



万世橋5
昭和五年三月完成



万世橋6
万世橋南詰



万世橋7

ちょうど歩行者天国の時間帯(日曜祝日の12:00~17:00)だったので、広い橋上は歩行者(と自転車)だけの物です。お上りさんの私はその事に気付くのにしばらく時間がかかりました。
それにしても同じ中央通りでもうちの前の中央通り(国道437号線)とは全然規模が違うなー。


万世橋8
万世橋交差点から上野方面(都道437号線)を見る

この日(H20.6/1)から1週間後の6月8日に万世橋交差点から北側約200mの交差点(写真奥)で「秋葉原通り魔事件」が起こり、その影響を受けてか現在は万世橋の歩行者天国は行われていないようです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/43-953113a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック