下河原線01
武蔵國府中町清月橋及向ヶ岡眺望

武蔵國府中町。すなわち現在の東京都府中市で撮影された戦前絵葉書。この場所を探すには絵葉書に写っている線路と「清月橋」、「向ヶ岡」の二つの固有名詞がキーワードになります。


下河原線02
【A地点】 下河原線廃線跡
(上の絵葉書と同位置)

「清月橋」と「向ヶ岡」はぐぐってみると容易に現在地を特定する事ができましたが、線路に関しては当初は京王線(大正14年:府中~東八王子間開業)か南武線(昭和2年:南多摩~分倍河原間開業)に比定したものの、この二路線ではどうしても向ヶ岡を正面にして清月橋を右手に撮る事は不可能なようでした。そこで思い出したのが府中市内を南北に縦断していた下河原線の存在です。

地図


下河原線06
清月橋の碑

清月橋は市川(府中用水)に架かっていた橋。
府中用水の暗渠化に伴い撤去されて久しく、跡地には石碑が建っていました。

地図





下河原線04
下河原線

下河原線とは中央線・国分寺駅から分岐して北府中駅を経て東京競馬場駅、下河原貨物駅を結んでいた支線です。明治43(1910)年に東京砂利鉄道として開業し紆余曲折の後に国有化され、武蔵野線の開業に伴い昭和51(1976)年に全廃されていました。下河原線の北府中駅を含む北半分(の大部分)は武蔵野線に編入され、南半分は下河原緑道という名の遊歩道に整備されています。距離にすると東京競馬場前駅跡まで約1.3km、下河原駅跡まで約2.7kmですが、整備され尽くした感じで廃線跡としては見るべきものは残っていません。


下河原線05
【B地点】 下河原線広場公園

下河原緑道は国道20号線(甲州街道)の北側、駅風に造られた下河原線広場公園から始まります。

下河原線の歴史

 ここは、かつて国鉄下河原線の線路敷でした。
 明治四三年(一九一○)、東京砂利鉄道が多摩川の砂利の採取運搬を目的に、国分寺から下河原(府中市南町三丁目)まで貨物専用鉄道を開通させました。その後、大正三年(一九一四)の多摩川大出水による被害で一時閉鎖しますが、大正五年(一九一六)に軍用鉄道として復活し、大正九年(一九二○)に国有化され、名称も下河原線となりました。昭和八年(一九三三)に東京競馬場が開設すると引き込み線がもうけられ、昭和九年(一九三四)より競馬開催日に限り乗客を輸送するようになりました。戦時体制が深まってきた昭和一九年(一九四四)に、国分寺~東芝前間で通勤者用専用電車を運転、戦後の昭和二四年(一九四九)からは国分寺~東京競馬場前間の常時運転が開始されましたが、昭和四八年(一九七三)の武蔵野線開通にともない旅客が廃止になり、昭和五一年(一九七六)には貨物線も廃止され、六六年にわたる歴史の幕を閉じました。
 この跡地は、府中市が国鉄から用地を受けて自転車・歩行者道、花と緑の緑道として整備し、郷土の森や市民健康センターを結ぶ、市民のための道として生まれ変わりました。

(府中市設置の案内板より)



下河原線08
【B地点】 下河原線広場公園から北側の廃線跡を見る
この先200mほどで武蔵野線と合流する



下河原線09
【C地点】 京王線の高架を潜る下河原緑道



下河原線10
【D地点】 番場北裏通りとの踏切跡にはレールが残されている



下河原線11
道中にあったかまくらで記念撮影



下河原線07
【E地点】 下河原線の踏切(手前の信号)と清月橋(後ろの信号)の跡地



下河原線12
【F地点】 旅客線と貨物線の分岐点
今回は時間の都合で短い旅客線の方へ進む



下河原線13
【G地点】 鉄道らしい曲線を描く廃線跡



下河原線14
【H地点】 東京競馬場前駅跡

東京競馬場前駅跡地には何も残っていませんが、郷土の森博物館に駅名標が保存されているそうです。


下河原線15
下河原緑道地図


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/424-68847fdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック