八十里体感バス01

7/27(土)に新潟県三条市が主催する「秘境八十里越体感バス」ツアーに参加してきました。
八十里越とは新潟県新潟市と福島県いわき市を結ぶ国道289号線(実延長250.8km)の内、新潟~福島県境の区間です。8里(31.4km)の行程があまりの険しさに10倍にも感じられる事から八十里越と呼ばれるようになったと伝わり、北越戦争で新政府軍に敗れた河井継之助率いる長岡藩の一行が会津への逃避行にした事で有名な峠道です。


八十里体感バス02
八十里越周辺

八十里越は昭和45年に国道に昇格したものの車両の通行が出来ない所謂「点線国道」であり、これを解消するべく昭和61(1986)年から八十里越道路(L=11.8km)の建設が始まりました。当地は険しい地形に加えて国内有数の豪雪地帯のため一年の内半年間は工事を中断せぜるを得ない事から工事は遅々として進まず、30年近く経った今でも全通の目途は立っていません(平成30年代半ばになると言われている)。
それでも平成22(2010)年には八十里越道路では最長となる県境の9号トンネル(3173m)が貫通し、工事用道路を介すると新潟~福島間を車両の通り抜けが可能になったとの事です。この9号トンネルを公開して国道289号経由による福島県への短縮効果を参加者に体感してもらい、建設促進の気運を高めようというのがツアーの趣旨なんだそうです。


八十里体感バス03
漢学の里しただ

当日は国道289号線沿線の道の駅「漢学の里しただ」で8:30から受付開始。ここから2台のマイクロバスに分乗して八十里越の建設現場へ向かいます。
ところでこのツアーは大変な人気で、6/6から予約受付が始まって私は翌7日に連絡したのですが、既に7月上旬の日程は全て予約満席になっていました(参加費は2,100円)。6月中には11/9までの全1092席が満席となった為、8月からはバスを1台増発して対応しているとの事です。

地図


八十里体感バス04
【A地点】 三条市笠堀

「漢学の里しただ」から7㎞南下すると三条市側で最後の集落となる笠堀集落から県道355号線(仙見守門公園線)が分かれます。この県道も1㎞ほど上流の笠堀ダムで行き止まりで、青看はどちらも行先がダムになっていました。


八十里体感バス05
【B地点】 旧国道289号線と県道355号線の交差点
現道と全く同じ青看が設置されている



八十里体感バス06
【C地点】 大谷大橋からと大谷橋と大谷ダムを見る

現道の大谷大橋から旧道の大谷橋(昭和32年架設、L=38.6m、W=6.0m)を見る。大谷橋の旧道はカーナビにも描かれていましたが、実際には薮に埋もれた廃道になっていました。


八十里体感バス07
【D地点】 大谷ダムから上流(ひめさゆり湖)を見る
奥に見えるのは布倉大橋

平成5年に完成した大谷ダムによって大谷、大江集落と共に旧国道も湖底に沈みました。新たに建設された付け替え国道はひめさゆり湖の左岸を通っています。


八十里体感バス08
【E地点】 大江トンネル
(昭和57年竣工、L=467.4m)

新潟県内に甚大な被害を及ぼした平成16年の新潟豪雨によって大江トンネルも損傷しており、ポータルに継ぎ接ぎのような補修がされていました。


八十里体感バス09
対岸の廃トンネル

大江トンネルを抜けた先(【F地点】)で何気なく「ひめさゆり湖」の対岸に目を向けると廃隧道…と言うか廃トンネルの坑口が視界に入ってきました。このトンネルは対岸からでも一目でその両坑口を確認でき、かつそれが被災した廃物件である事が解るほど目立つ存在です。


八十里体感バス10
上記写真の坑口部を拡大



八十里体感バス11
北側坑口をさらに拡大
近代的なトンネルが土砂崩れによって半分埋没している



八十里体感バス12
やまびこトンネル
(平成6年竣工、L=37m)

ぐぐってみると、このトンネルが平成6年に完成した長さ37mの「やまびこトンネル」であるという事が判明しました。数年前までは廃道ではあるものの特に閉鎖される事はなかったようですが、両坑口を襲った土砂崩れが影響したのか現在はフェンスにより塞がれているようです。行って行けないトンネルではないでしょうが時間の都合もあって今回はパスしました。


八十里体感バス13
【F地点】 三条市側では最後となる国道標識



八十里体感バス14
【G地点】 三条市側の「木の根橋ゲート」

三条市側は車道の終点(点線国道の始まり)より9㎞も手前の「木の根橋」にゲート(警備員付)が設置されており一般車両は通行止となります。ここから先は工事用車両と許可証を持った者(地元民、手続きを踏んだ登山者、今回のツアー参加者など)だけが進入を許される領域です。
以下次回に続きます。


八十里体感バス43
大谷ダム周辺の国道289号線



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/375-9b38398c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック