都道小平3・2・8号線01

先週は小平市で「都道建設計画の見直しを問う住民投票」が実施されるという話題が盛んに報道されてました。
これは昭和38(1963)年に東京都が都市計画決定した府中市と東村山市を結ぶ都道3・2・8号線の内、小平市内の五日市街道~青梅街道間1.4㎞の建設に反対する一部の住民が計画の見直しを求めて起こしたものだそうです。道路趣味者としては気になる話題だし、うちから15㎞程度の距離なので5月27日(住民投票翌日)に現地を見に行ってきました。なお、住民投票は投票率が成立要件の50%に届かない35.17%に留まったため不成立となっています。


都道小平3・2・8号線02
【A地点】 五日市街道と都道3・2・8号線の交差点予定地

問題の小平3・2・8号線は五日市街道(都道7号線)から始まります。位置的には上水本町交差点と西武国分寺線の踏切のちょうど中間辺りで、五日市街道も常時混雑している地点です。


都道小平3・2・8号線03
【A地点】から所沢方面を見る

住民投票をやってる五日市街道から北側の小平市内の区間は未だ未着工でしたが、南側(国分寺3・2・8号線)は国分寺、府中方面に向けて工事が進められているらしく、交差点予定地には西武鉄道との立体交差事業の工事看板が建っていました。軽くぐぐってみると3・2・8号線は小平だけでなく、過去には国分寺でも訴訟沙汰になっていたみたいです(参考ページ)。


都道小平3・2・8号線04
国分寺3・2・8号線と小平3・2・8号線計画線

国分寺3・2・8号線が開通に向けて動き出している以上、今さら小平3・2・8号線の見直しも無いと思いますが?小平市内だけ建設しないとなると、府中街道(都道17号線)へのアクセスが南北(小川町交差点と上水本町交差点)共にクランク状となってしまうため現実的ではないと思いますよ。


都道小平3・2・8号線05
国分寺3・2・8号線の工事看板



都道小平3・2・8号線25
国分寺市日吉町の国分寺3・2・8号線
(平成28年7月2日撮影)

国分寺市内では新府中街道(国分寺3・2・8号線)の建設が順調に進捗しており、平成30(2018)年頃には五日市街道まで開通できそうな様子です。
※平成28年7月追記





都道小平3・2・8号線06
【B地点】 上水本町交差点から所沢方面を見る

それでは小平3・2・8号線の現道である府中街道(都道17号線)を北上してみましょう。
3・2・8号線が計画された理由の一つとして府中街道の渋滞解消があり、この日は南行きが上水本交差点を先頭に約300m渋滞してました。


都道小平3・2・8号線07
【C地点】 久右衛門橋

玉川上水に架かる府中街道の久右衛門橋。

現在の久右衛門橋は、本橋については昭和7年3月、人道橋については昭和48年3月にそれぞれ架けられました。
久右衛門橋の橋名は、名主久右衛門の名前に由来していると言われています。
江戸享保年間に、徳川幕府第8代将軍吉宗により新田開発が奨励され、新田開発が盛んになりました。これにより玉川上水の南側の新田開発が行われ、この開発に伴って、ここに初めて橋が架けられたものと思われます。
東京都では、平成3年度に行った久右衛門橋整備工事において、まわりの環境に留意し、現橋のイメージを大切にしながら、本橋と人道橋を一体化し、鋳鉄と石を用いてアカデミックな橋とするべく、親柱や高欄、歩道舗装の改善などをおこないました。

(案内板より)



都道小平3・2・8号線08
【D地点】 小平中央公園入口

小平3・2・8号線は小平中央公園の入口を幅員32mで横切る計画です。この公園の周囲一帯に反対派が反対理由の金看板に掲げている「雑木林」、「都営住宅」、「玉川上水」が近接しています。いずれも「んなこと言ってたらどこにも道路を通せないやん」って程度の問題だと思いますけど(参考PDF)。


都道小平3・2・8号線09
小平中央公園周辺地図



都道小平3・2・8号線10
玉川上水遊歩道

住民投票の翌日とあって遊歩道にはマスコミが待ち構えてました。対岸から取材の様子をしばらく見てたんですけど、大人しそうな老人には見向きもしないで見るからに過激派みたいな風体のBBAばかりを選んでマイクを向けていたのには思わず笑っちゃいました。


都道小平3・2・8号線11
都営住宅と雑木林

先ほどのPDFには「道路ができたら子どもだけでは外に出せない環境になる」という都営住宅の住民の声みたいなのが載ってましたけど、んなこたーない。この程度の道路は日本中にいくらでもある訳で、子どもをダシにして強談判みたいな姿勢はいかがなものか。


都道小平3・2・8号線12
小平中央公園東の雑木林

都道3・2・8号線によって貫かれる形になる中央公園東の雑木林には約780本の樹木があり、この内500本が都道の建設によって伐採されますが、東京都のサイトによると「可能な限り環境施設帯に残し、改変される雑木林の面積の低減に努めます」との事です。


都道小平3・2・8号線24

こちらが小平中央公園東側の都道3・2・8号線のイメージ。こうして見ると確かに環境施設帯も完備され、周辺住民に十分配慮された構造である事が分かります。


都道小平3・2・8号線13
【E地点】 小平中央公園北側の住宅地

最後に小平中央公園から小川町交差点に向けて都道建設予定地上の住宅地を歩いてみました。小平中央公園の建設に当たっては200世帯以上が立ち退きを余儀なくされる事になりますが、現地では横断幕や幟などの露骨な反対運動は見られず、僅かに2~3件の民家に住民投票への投票を呼びかけるチラシが貼ってある程度でした。


都道小平3・2・8号線14

「小平市都市計画道路に住民の意志を反映させる会」なるプロ市民団体が掲示しているチラシ。日本は議会制民主主義の国なんだから意志を反映させたいなら市議なり都議に立候補すれば良いんじゃないの?
それにしても住民の中にも賛成派は少なからずいる訳で、「住民の意志を反映させる会」などより「我らの意志を反映させる会」とでも名乗ってくれた方が実態に即していてスッキリする。


都道小平3・2・8号線15
【F地点】 たかの街道との交差点予定地
ここには「36m道路反対」の看板が掲げられていた。



都道小平3・2・8号線16



都道小平3・2・8号線18
【G地点】 根古坂児童公園前



都道小平3・2・8号線19
【H地点】 小川町交差点

現道の府中街道(都道17号線)は青梅街道に対してクランク状の変則交差点になっている上に、南行きは4車線から2車線に狭まるため渋滞多発地点になっています。都道小平3・2・8号線が開通すれば小川町交差点のクランクが解消され、府中~東村山間が4車線以上の高規格道路で結ばれる事になるので期待される経済効果は非常に大きいと言えるでしょう。私は公益の為に都道3・2・8号線は早期開通させるべき道路だと思います。


都道小平3・2・8号線20
【H地点】 現道から小川町交差点を見る



都道小平3・2・8号線21
小川町交差点の青看
(府中方面から)



都道小平3・2・8号線23



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/347-f036d25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック