廣瀬隧道01
広瀬トンネル 茂畑側坑口

静岡市清水区の国道1号線・横砂交差点から始まる静岡県道371号線(茂畑横砂線)の広瀬トンネル。平成16年トンネルリストによれば平成7(1995)年に竣工したトンネルのはずですが、昭和後期の道路地図にも同規模のトンネル記号が描かれていた事から旧隧道が存在する可能性があると考え平成17(2005)年に現地調査を実施しました。
なお、こういう時に頼りになるのが全国隧道リストなのですが、県道371号線は昭和49(1974)年に認定された比較的新しい県道なのでリストには記載されていません。


廣瀬隧道02
広瀬隧道 茂畑側坑口跡

やはり旧隧道は現トンネルのすぐ隣(西側)に存在しており、埋め立てられてはいるものの扁額、笠石など坑門の一部が露出していたため容易に発見できました。


廣瀬隧道03
広瀬隧道 茂畑側坑口跡
(平成25年4月26日撮影)

上の写真から8年が経過した茂畑側坑口。
何でも旧隧道を後世に語り継ぐ為に「見顧の丘」として整備したそうで、それはそれで非常に結構な事なのですが却って旧隧道の痕跡が薄れてしまったような気も…。新たに旧隧道の案内板が設置されたほか、前回は存在に気が付かなかった「廣瀬道路沿革碑」が何処かから移設されて来ています。

見顧の丘

この場所には、平成七年まで広瀬隧道の入り口がありました。
このトンネルが出来るまでは波多打川沿いの急峻な斜面を切り開いて作られた狭い道路しかなく、災害により度々崩落する為、地区住民はトンネルの建設を切望していました。
大正時代にトンネル建設の計画が持ち上がりましたが、当時は資金もなくとても実現できるものではありませんでした。実際に計画が現実のものとなるまでには約半世紀を待たなくてはなりませんでした。
昭和二十九年、地区住民の夢でもあったトンネル建設が着工され、昭和三十二年に待望のトンネルが完成しました。
完成後は地区の産業の発展に大きな役割を担ってきましたが、このトンネルも平成七年、新しいトンネルの開通と共に入り口を塞がれ、三十七年間の役目を終えました。
この公園は先人たちの苦労の歴史を少しでも後世に伝えようと平成十八年に整備され「見顧の丘」と命名されました。

平成十九年三月吉日
(案内板より)



廣瀬隧道04
茂畑側の扁額

今を去る百二十年前は当地から東海道へ通する山川を越える細道だけであって産物は人の力だけによって運搬されていた。こういう不便極まりない時代に部落の有志が道路の改良を志し幾多の困難を克服して天保十一年千八百四十年に川添に馬道の開通を見たのであるが当時十九戸の部落民としては実に歴史的な大事業であった。その後時代の推移と共に荷車荷馬車が利用されるようになり道路の横張と傾斜緩和の必要に迫られ部落民の外近村入山者にも労力の應援を得て明治三十四年千九百一年第二期工事を完成し大いに交通運輸の便増大したのである爾来大正を経て昭和に入り統治産物は年と共に増産され殊に戦後は輸送機関の発達によって従来の道路では十分の利用が出来ないのみならずむしろ危険な状態とさえなったので三十四戸の部落民と関係入山者の同意を得て昭和二十九年千九百五十四年土地改良区を結成し庵原村袖師町及び国庫の助成を得て五千万圓の巨額を投じ昭和三十五年千九百六十年隧道と共に新道路開通の大事業を完成したのである。これは実に関係町村の深い理解と部落の先輩諸賢及び関係者一同の心血の結集であることを忘れないため碑を立てて記念とする。

昭和三十六年三月吉日
(廣瀬道路沿革碑より)



廣瀬隧道05
広瀬隧道から茂畑方面を見る
坑口前に架かっていた旧広瀬橋は跡形もなく撤去されている



廣瀬隧道06
広瀬トンネル 横砂側坑口


【広瀬トンネル】
平成7年8月竣工
延長349.5m、幅員9.25m


廣瀬隧道07

横砂側も新旧の坑口が並んでいます。旧隧道の諸元は不明ですが延長は約340m、幅員は普通車同士の離合も出来なかったとの事なので3~4mぐらいでしょう。こちら側は8年前と比べても特に変化は見られませんでした。


廣瀬隧道08
広瀬隧道 横砂側坑口跡
坑門の一部(向かって右側)が切断されている



廣瀬隧道09
横砂側の扁額



廣瀬隧道10
広瀬隧道から茂畑方面を見る

隧道を抜けると1kmほどで国道1号線に接続して県道371号は終点となります。地図を見ると広瀬隧道開通前の「波多打川沿いの狭い旧道」も車道として現存しているようです。


廣瀬隧道地図
広瀬隧道周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/334-d5965734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック