新幹線01

長女と新幹線を見に行った写真を見て鉄子の次女(1歳11ヶ月)も「新幹線を見たい」と訴えるようになったので、再び東京駅まで新幹線を見に行ってきました。


新幹線02
「E5系はやて」と「E2系やまびこ」
(東北新幹線)

東京駅の東北新幹線ホーム(入場券は大人130円、子供60円)に着くと早速E5系新幹線がお出迎え。
平成23年の営業運転開始時には「はやぶさ」の愛称で一世を風靡したE5系も、平成25年には「はやて」、「やまびこ」、「なすの」でも運用されるほどまでに普及しています。


新幹線21
広島駅にて「ひかりレールスター」

愛媛時代には新幹線を見る為には広島駅か岡山駅まで行かなければならなかった事を考えると、中央特快に小一時間乗れば東京駅であらゆる新幹線を見られる八王子に引っ越してきて良かったと思うのでした。


新幹線03
次女にとって念願の新幹線との記念撮影



新幹線04
E3系こまち
(秋田新幹線)

「E5系はやて」と連結していたのは「E3系こまち」。理由は分かりませんが次女は新幹線の中では「E3系こまち」が一番のお気に入りらしいです。


新幹線05
E4系 Maxとき
(上越新幹線)



新幹線23
2013年3月15日をもって定期運転を終了した200系



新幹線06
E3系つばさ
(山形新幹線)

山形新幹線と秋田新幹線は東北新幹線を外れた在来線区間では最高速度が130km/hに制限されているミニ新幹線なので、本当の新幹線から乗り換える必要がないだけで(それが大きいのかもしれないが)実質的には我が地元の予讃線「しおかぜ」と大差ないようです。


新幹線22
8000系しおかぜ
(予讃線)

えきからで「つばさ」、「こまち」、「しおかぜ」を比較してみると以下のようになり、現状でも平均速度はほぼ同程度である事がわかりました。となると四国が誘致を進めているフリーゲージトレインが実現して、予讃線の山陽新幹線への乗り入れが可能になれば「四国新幹線」を名乗る資格は十分あると言えるでしょう。

福島15:45発→新庄着17:44 148.6㎞ 119分 【74.9km/h】つばさ141号
盛岡発16:24→秋田着18:00 127.3㎞  96分 【79.5km/h】こまち37号
岡山発16:35→松山着19:23 214.4㎞ 168分 【76.5km/h】しおかぜ19号


新幹線08

次々に入線してくる新幹線を堪能していると小一時間で電光掲示板に「スーパーこまち」が登場。これを長女が目ざとく見付け、まだ50分ほど時間がありますがホームで待機する事になりました。


新幹線09
「E5系はやぶさ」との連結で東京駅に入線する「E6系スーパーこまち」



新幹線10
E6系スーパーこまち

春休みの日曜日とあってスーパーこまちの到着時には凄い人だかりが出来てました。付近のホームから新幹線が発車するにも差し支えるほどのお祭り騒ぎです。
この時は、残念ながら「黄色い線内に立ち入らないように」等の駅員の注意指導にも全く耳を貸さずに独自の行動をとる鉄ヲタの異様さとモラルの低さが目立ちました。ホームでカメラを持ってるだけで同類だと思われるのは嫌なので「こんなんだから鉄ヲタはキモがられるんだよ」と、苦言を呈しておく事にする。


新幹線11
連結部分(はやぶさ側から)

シアン系とマゼンタ系、原色同士での連結は映えると言うか結構どぎつい印象を受けました。


新幹線12
連結部分(スーパーこまち側から)



新幹線13

11時56分発の「はやぶさ・スーパーこまち15号」は新青森駅に15時12分着、秋田駅には15時47分着です。今年中には「スーパーこまち」で秋田まで行ってみたいと思います。


新幹線14
700系こだま

東北新幹線が「スーパーこまち」の到着に沸き立っている時、隣の東海道新幹線ホームには地味に「700系こだま」が停車してました。私が四国と東京を頻繁に行き来していた7~8年前には主に300系が「こだま」、「ひかり」に当てられ、700系と言えば殆どが「のぞみ」だったような印象があります。


新幹線15
現在は山陽新幹線の「こだま」に使用されている500系
(1997年~)



新幹線16
300系
(1992年~2012年)



新幹線17
100系
(1985年~2012年)



新幹線18
青梅鉄道公園に静態保存されている0系
(1964年~2008年)


新幹線19

せっかくだから大宮まで新幹線に乗車して京浜東北線で東京に帰って来ようかと思ってましたが、子供たちは見るだけで満足らしいので代わりに中央線を「かいじ」で八王子まで帰る事にします。
この後に家族が東京駅で昼食をとっている間に私は晴海線廃線跡の漏れてた所を取り直してきました。


新幹線20
特急かいじ(中央線)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/329-7b638ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック