名坂道路07

平成25年3月17日に八幡浜市内(大平~保内町喜木、L=2.3㎞)の国道197号線・名坂道路が開通しました。
同道路は地域高規格道路・大洲八幡浜自動車道(L=13㎞)の西端部に位置しており、現道の名坂隧道が大型車同士の離合が困難で老朽化も進んでいた事から大洲八幡浜道の中では一番早い平成9年に事業化されています。
当初の計画では平成18年度の開通を予定していましたが、大平高架橋談合事件、八幡浜IC付近での地滑り、用地買収の難航等の問題が相次いで発生したため6年間も遅れる結果になり、高規格道路とは言え僅か2.3㎞の道路を建設するのに実に16年もの年月を要しました。


名坂道路60

開通日には11:30~13:30まで名坂道路を歩けるウォーキングイベントが実施されるという事をだったので、八幡浜出身の嫁の実家に連絡して嫁の姉(30歳、婚活中)に写真撮影を依頼したところ、思いのほか多量の写真を撮って来て貰えました。今回はこれらの写真と今まで撮っていた写真を比較してみたいと思います。





名坂道路08
【A地点】 神越高架橋

今回開通した名坂道路の大半は延長1865mの八西トンネルです。これにトンネル前後の神越高架橋(L=245m)と大平高架橋(L=184.5m)を加えた総延長は2294.5mとなり、本線部分2.3㎞のほぼ全部がトンネルと橋で占められている事になります。


名坂道路09
【A地点】 神越高架橋と八西トンネル
(平成21年6月21日撮影)

保内側の工事は順調に推移し平成17年1月に神越高架橋が完成、同年12月には八西トンネルも完成して予定通り平成18年度には開通を待つばかりの状態にまで出来上がってました。結局、この状態で6年間も放置される事になるんですけど。


名坂道路10
【A地点】 神越高架橋と八西トンネル
(平成17年2月18日撮影)



名坂道路11
【A地点】 建設中の神越高架橋と八西トンネル
(平成15年3月3日撮影)






名坂道路12
【A地点】 保内インター

名坂道路の終点であり、大洲八幡浜道の終点でもある保内インター。インターとは言うものの現道に突き当たるだけの丁字路交差点です。保内インター以西の自動車道は大分県に繋がる豊後伊予連絡道路(豊予海峡ルート)の構想がありますが現状では実現は無理でしょうな。


名坂道路13
【A地点】 保内インター
(平成21年6月21日撮影)



名坂道路14
【A地点】 保内インター
(平成17年2月18日撮影)






名坂道路15
【B地点】 神越高架橋

八幡浜インター(大平交差点)まで3㎞、大洲市まで19㎞。
八幡浜インターから先は郷インターを経て大洲北只ジャンクションで松山道に接続する予定になっており、2012年現在は八幡浜~郷間(L=3.8km)が平成27年度の開通を目指して建設中です。


名坂道路16
【B地点】 神越高架橋
(平成21年6月21日撮影)






名坂道路17
八西トンネル

保内インターから神越高架橋までは制限速度40km/h、八西トンネル内は60km/hです。


名坂道路18
八西トンネル
(平成21年6月21日撮影)

神越高架橋には保内インター出口に向けて標識の柱が二つ用意されていました。次の二枚の写真に取り付けられた標識が写っています。


名坂道路19
出口標識①
神越高架橋から保内インターを見る



名坂道路20
出口標識②
八西トンネルから神越高架橋を見る






名坂道路21
八西トンネル 保内側坑口

八西とは八幡浜市と西宇和郡(現在では伊方町のみ)を合わせた地域名なんだそうです。建設が始まった初期には新名坂トンネルの仮称で呼ばれていたように記憶してます。


名坂道路22
掘削中の八西トンネル
(平成15年3月3日撮影)



名坂道路23
八西トンネル内部

内部は新品状態だけど完成から既に7年以上も経過しています。貰った写真のタイムスタンプを見ると通り抜けにはちょうど30分かかっていました。


名坂道路24
八西トンネル銘板






名坂道路25
八西トンネル 八幡浜側坑口

八幡浜側には扁額付きの坑門が設置されています。こちらは現道のすぐ傍なので何度も目にしてきましたけど、間近で見るとだいぶ印象が違いますね。


名坂道路26
八西トンネル 八幡浜側坑口
(平成21年6月21日撮影)

この頃には扁額も嵌められ開通待ちの状態になっていましたが、八幡浜インターの建設が進まず「96%が完成しているのに開通できない」と言われていました。


名坂道路27
八西トンネル 八幡浜側坑口
(平成18年10月11日撮影)

平成18年度の開通を目指していたが手前の大平高架橋の談合が発覚し、開通の1年延期が発表された頃の状態。


名坂道路28
八西トンネル 八幡浜側坑口
(平成17年2月18日撮影)

確かこの数日前に八西トンネルが貫通していたはず。


名坂道路29
八西トンネル 八幡浜側坑口
(平成16年1月3日撮影)

八西トンネルは地形的な制約から主に保内側から掘り進められたので、八幡浜側に坑口が開いたのは貫通直前になってからでした。





名坂道路64
八西トンネルと大平高架橋



名坂道路65
八西トンネルと大平高架橋
(平成18年10月11日撮影)






名坂道路30
【C地点】 名坂峠旧道入口
(平成19年11月27日撮影)

現道から見た架橋工事中の大平高架橋と八西トンネル。右折して名坂道路を潜る道は名坂峠への旧道(名坂隧道が開通する以前の道)です。


名坂道路31
【C地点】 名坂峠旧道入口
(平成11年10月撮影)

まだ目立った工事が始まる前の名坂峠の様子。八幡浜側は谷間の限られた地形にフルインターの八幡浜インターまで建設した為、大規模な地形の改変が行われ現道も旧道も大きく様変わりしました。


名坂道路62


長くなったので後編に続きます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/322-272985d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック