保土ヶ谷隧道01
【A地点】 新旧の保土ヶ谷トンネル 神奈川側坑口

立川から第三京浜→横浜新道(国道1号線)という経路で鎌倉に向かっている道中、準高速道路とでも言うべき横浜新道の保土ヶ谷トンネル(神奈川県横浜市保土ヶ谷区)にて、下りトンネルの隣に現トンネル(3車線幅)と比べると一回り小さな断面の廃隧道が口を開けているのが目に入りました。


保土ヶ谷隧道02
側道から見た保土ヶ谷トンネル神奈川側坑口

横浜市の中心部をバイパスする国道1号線・横浜新道は昭和34(1959)年に全通。この時に(旧)保土ヶ谷隧道も上下2本の計4車線で開通しています。その後の横浜新道は保土ヶ谷ICにて昭和43(1968)年に第三京浜道路、昭和60(1985)年に首都高速神奈川2号三ツ沢線(K2)との接続道路が開通し、さらに昭和48(1973)年には新保土ヶ谷ICで国道16号・保土ヶ谷バイパス・横横道路と接続した為、横浜新道の保土ヶ谷IC~新保土ヶ谷ICは横浜市の都市高速道路網(K1、K2、K3と共に環状線を形成している)に組み込まれる形となり当該区間の交通量は激増し渋滞が頻発する事態となったのでした。これを解消する為に保土ヶ谷IC~新保土ヶ谷IC間の改築が計画され平成8(1996)年に4車線から6車線への拡幅工事が完了、これにより旧上り線の保土ヶ谷隧道が廃隧道になった訳です。(上り線トンネルは新設、下り線トンネルは旧隧道を3車線に拡幅した)。
※こちらのpdfファイルには保土ヶ谷トンネルの改築工事記録の詳細が記されています。


保土ヶ谷隧道03
拡幅された下り線トンネル(左)と廃止された旧上り線トンネル(右)

旧保土ヶ谷隧道は片側3車線もある自専道の上下線に挟まれているので容易には近付けません。隧道の手前にはおあつらえ向きの停車スペースがあるものの「一般車両駐停車禁止」との標識が立っており、安全面からもここに停車するのは躊躇われます。まあ、無理をして内部に進入した所で写真を公開する事は(モラルの問題で)できないので潔く諦めるとしましょう。




保土ヶ谷隧道04
現在の地図(左)と保土ヶ谷トンネル改築前の空中写真(右)

さて、次は戸塚側の坑口です。現行の地図とトンネル改築前の空中写真を見比べてみると、改築後の保土ヶ谷トンネルは戸塚側へ大きく(倍程度に)延伸されている事が分かります。


保土ヶ谷隧道05
【B地点】 峰岡町3丁目公園

戸塚側の旧坑口があった場所は人工地盤(?)によってトンネル上に「峰岡町3丁目公園」(NEXCO東日本の管理)が造成されていました。さらにその先は国道16号線(現道)を跨ぐ保土ヶ谷陸橋までが覆道状の防音壁に覆われており、現在の保土ヶ谷トンネルの延長390m(緑看より)という数値はこれらの構造物を全てを含めています。上下線の間にあった旧上り線トンネルの戸塚側坑口は峰岡町3丁目公園の地下に埋没しているはずであり、旧上り線トンネルに開口している神奈川口から進入したところで洞内で閉塞しているのは明らかです。
旧上り線トンネルの戸塚側坑口は覆道内に現存していて、現下り線トンネルの峰岡IC付近に口を開けているとのご指摘をいただきました(Googleストリートビューで確認)。

保土ヶ谷隧道06
保土ヶ谷隧道の扁額

峰岡町3丁目公園の片隅には当公園の地下に眠る「保土ヶ谷隧道」戸塚口の扁額と銘板が保存されています。


保土ヶ谷隧道07
銘板:「昭和33年10月竣工、延長185米」

扁額と共に保存されていた銘板によって旧隧道の延長は現在のトンネル延長L=390mと比べると半分以下だった事が裏付けられました。


保土ヶ谷隧道08
【C地点】 峰岡IC

保土ヶ谷トンネルの延伸によって下り線の覆道内から分岐する形となった峰岡IC(峰岡出口)。


保土ヶ谷隧道09
【D地点】 現在の保土ヶ谷トンネル戸塚口から保土ヶ谷陸橋を見る



保土ヶ谷隧道13
【F地点】 国道16号線(現道)と保土ヶ谷陸橋



保土ヶ谷隧道10
新保土ヶ谷IC付近の横浜新道



保土ヶ谷隧道11
昭和45年頃の横浜新道周辺地図



保土ヶ谷隧道12
現在の横浜新道周辺地図



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
高橋は第三京浜と横浜新道のジャンクションの上にある大学に通っていたので、ここはかなり懐かしい場所ですね。もちろん旧トンネルしかなかった時代ですが。地図にあるラグビー場は学内のさいはて地点で、講義棟などがある地区からは10分以上かかりました(笑)。
当時の横浜新道は、第三京浜からの2車線と国道一号からの2車線が合流して2車線になるというマジックのような構造で、必然的に渋滞していました。
高橋が大学に行っていた当時、地下鉄の工事と三ツ沢交差点の立体化工事をほぼ同時にやっていたので、めちゃくちゃな渋滞がめずらしくなかったですね。
2014/12/06(土) 20:00 | URL | 高橋ま #-[ 編集]
往時の貴重な情報をありがとうございます。この界隈は今年中にもう一度行く用事があるのでネタを集めてこようと思います。
2014/12/07(日) 20:57 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
去年の記事へのコメントだけど大丈夫かな。
旧トンネルの戸塚川坑口ですが埋没はしていません。峰岡出口のすぐ脇あたりで現在線の横に口を開け、そのままトンネル内で合流しています。

ストリートビュー
https://goo.gl/maps/tp0Lh

少し離れると貫通も明らか。
https://goo.gl/maps/Ng7Zf
2015/08/29(土) 12:38 | URL | 通りすがり #jIlfV3WQ[ 編集]
ご指摘ありがとうございました。該当箇所は修正しました。
今後ともよろしくお願いします。
2015/08/29(土) 16:59 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/303-78b8beeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック