五日市鉄道01
立川駅北口

都合により10月末に八王子から立川へ引越しました。
それに伴う諸手続きも漸く落ち着いてきたので新たな最寄駅となった立川駅から拝島駅までの廃線、五日市鉄道跡を歩いてみました。正直言って何が残っている訳でもなく、歩いて面白い廃線跡でもないので淡々と紹介していきたいと思います。


五日市鉄道02

立川駅からは中央線の他に南武線と青梅線が乗り入れている他、多摩地区を南北に縦断する多摩都市モノレールが交差している交通の要所です。戦前にはさらにもう一本、青梅線の南側に昭和5(1930)年に開業した五日市鉄道(現在の五日市線の一部)の路線が拝島駅までを結んでいましたが、青梅線と完全に並行していたことから昭和19年の国有化に際して不要不急線として廃線になりました。なお、立川寄りのごく一部の区間(立川~武蔵上ノ原間)は青梅短絡線の一部として現存しています。


五日市鉄道03
学校前踏切(立川起点1.092km)から拝島方面を見る

旧版地形図によると五日市鉄道は、青梅短絡線が南端部から西立川に向けて北上を始める地点(立川第四小学校北)から分岐していました。具体的に書くと写真の制限速度60km/hの標識付近から左カーブで分岐して、立川南通りに繋がっていたようです。また、この廃線分岐点の少し手前の青梅短絡線上には武蔵上ノ原駅(立川起点0.9km)がありましたが遺構は特に残っていないようでした。

地図


五日市鉄道04
立川南通りに転用された五日市鉄道跡
郷地駅跡(立川起点2.1km)付近

地図


五日市鉄道05
五鉄通り(昭島市東町)

立川南通りの廃線跡は郷地駅跡の産業サポートスクエア前交差点にて一旦途切れますが、交差点裏側の住宅地の中に「五鉄(五日市鉄道の略称)通り」となって姿を現します。五鉄通りはこの先も宅地化等により何度か分断されているものの、通りの名前としては拝島駅前まで続いていました。

地図


五日市鉄道06
五鉄通りの標識

この東西の道路は、昭和5年(1930年)から昭和19年(1944年)までの間、立川駅と拝島駅を結んでいた五日市鉄道(単線)の線路跡で、すぐ西には武蔵福島駅がありました。
現在のJR五日市線の前身である五日市鉄道は、大正14年(1925年)4月21日、拝島・武蔵五日市間(11.1km)が最初に開通し、蒸気機関車が走りました。後に立川駅までの延長が認められ、立川・拝島駅間(8.1km)が昭和5年(1930年)7月13日に開通しました。
立川・拝島駅間には、「武蔵上ノ原」「郷地」「武蔵福島」「南中神」「宮沢」「大神」「武蔵田中」「南拝島」の8駅がありました。
旅客用にはガソリンカーが運転され、「五鉄」の愛称で親しまれた五日市鉄道は、昭和15年(1940年)に南部鉄道と合併し、昭和19年(1944年)4月1日には、太平洋戦争の影響で青梅線といっしょに国に買収されました。そして、近くを青梅線が走っているという事情から、立川・拝島駅間は昭和19年10月11日付けで休止路線とされ、そのまま廃止されました。

(昭島市設置の案内板より)



五日市鉄道07
武蔵福島駅跡(奥が立川方面)

廃線跡が宅地化された区間内にあった武蔵福島駅跡(立川起点2.8km)は都道153号線(立川昭島線)のすぐ東側に設置されていました。真北には青梅線の東中神駅があります。

地図


五日市鉄道08
武蔵福島駅跡から拝島方面を見る



五日市鉄道09
南中神駅跡(奥が拝島方面)

一時的に姿を現した廃線道(五鉄通り)上にあった南中神駅跡(立川起点3.5km)。真北には青梅線の中神駅があります。

地図


五日市鉄道10
南中神~宮沢間の五鉄通り
いかにも鉄道らしいカーブを描いている

昭島市朝日町(南中神駅跡西側)からは拝島駅まで廃線跡は、ほぼ途切れることなく道路(五鉄通り→新奥多摩街道→五鉄通り)に転用されています。

地図


五日市鉄道11
宮沢駅跡(立川起点4.5㎞)

地図


五日市鉄道12
大神駅跡(立川起点5.1㎞)

八高線(昭和6年開業)を潜った所が大神駅跡。ホームと駅名標が建っていますが、これは近年整備されたモニュメントで五鉄時代の物ではありません。地図を作っていて思ったけど宮沢~大神~武蔵田中って駅間が短いですね。

地図


五日市鉄道13
武蔵田中駅跡(立川起点5.5km)

武蔵田中駅は五鉄通り(朝日~大神区間)と新奥多摩街道の合流点付近にあったようです。武蔵田中駅からは現在の拝島橋付近の多摩川原へ下りる貨物支線(砂利運搬線?)が分岐しており、こちらの廃線跡も一部が道路に転用され生活道路の一部になっています。

地図


五日市鉄道14

武蔵田中駅跡には車止めと転轍機が設置されていますが、何の解説も無いのでどういう意図で置かれているのかは不明。


五日市鉄道24
五日市鉄道と貨物支線



五日市鉄道25
貨物支線の廃線道
(奥多摩街道との交差点から撮影)

地図


五日市鉄道15
新奥多摩街道に転用された五鉄跡
(武蔵田中~南拝島)

新奥多摩街道は昭和40代から50年代にかけて整備されました。転用とは言っても単線だった五鉄を4車線道路に拡幅しているので鉄道らしい雰囲気は皆無です。
ところでセレナが不自然な位置に路駐してるな~と思ったら…。


五日市鉄道16

こういう事情でした。
新奥多摩街道はかなり頻繁に取り締まりをやっているのでスピードの出し過ぎには要注意。


五日市鉄道17
国道16号線・堂方上交差点

国道16号線と新奥多摩街道が重複・分岐する交通の要所である堂方上交差点も五鉄の廃線跡です。この交差点は将来的には立体交差になる予定だとか。


五日市鉄道18
南拝島駅跡から立川方面を見る

ここでも警官が手ぐすね引いて待ち構えてました。新奥多摩街道はこういう道なので私は専ら(旧)奥多摩街道を通るようにしています。


五日市鉄道19
南拝島駅跡(立川起点6.6km)

南拝島駅から先の五鉄跡は新奥多摩街道を外れ、再び五鉄通りになって拝島駅へ向けて北上を始めます。

地図


五日市鉄道20
五鉄通り(緑~松原区間)



五日市鉄道21
最後は拝島駅前駐輪場になる五鉄跡



五日市鉄道22
拝島駅(立川起点8.1㎞)から立川方面を見る

立川駅から拝島駅まで約8㎞の五鉄跡を約2時間半で歩き通しました。立川市におけるちょっとした廃線歩きには良いスポットだと思いますが、特に見るべき所が無いのが残念です。


五日市鉄道23
閉鎖後の拝島構内踏切

最後に「日本一長い」と言われた拝島駅の踏切をご紹介。
この踏切は拝島駅東側の青梅線、八高線、西武拝島線、横田基地専用線等に跨る広大な拝島駅構内を横切っていたその名も「拝島構内踏切」と「八高倉庫裏踏切」です。二つの踏切を合わせた長さが約127mあって、これが日本一の長さだったという事ですが、あくまで2つの踏切なので本当に日本一と呼べる物だったのかは疑義が残る所です。
上記の「拝島構内踏切」&「八高倉庫裏踏切」が拝島駅自由通路の開通により平成21(2009)年5月に閉鎖された後は、長さ約60mの総持寺踏切(横浜市鶴見区)が日本一となったものの、こちらも平成24年4月をもって廃止となりました。

地図


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/300-934d79f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック