京急蒲田01

平成13(2001)年に着工した「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」がいよいよ大詰めを迎え、来週の日曜日(平成24年10月21日)から京急蒲田駅付近の京急線が全線高架になると聞いたので、地上駅の京急蒲田駅を見納めに行ってきました。


京急蒲田03
京急蒲田駅6番線

4年ぶりに京急蒲田で下車すると見覚えのない高架ホームに降ろされました。
これは2階、3階部分での2層構造となる京急蒲田駅では平成22年5月に上り線が高架開通してからは、暫定的に1階を下り線、2階を上り線として運用していることによるもので、最終的には1階の下り線を3階に移して高架化は完成です。なお、2階ホームからは4番線(羽田空港・品川方面)と6番線(品川・成田空港方面)が発着しています。


京急蒲田04
2階ホームから横浜方面を見る



京急蒲田05
開業の時を待つ3階ホームへのエスカレーターと階段



kamata25
京急蒲田駅完成予想図



京急蒲田06
1階ホーム

仮設の階段通路を通って1階に下りると見覚えのある旧来の地上ホームに辿り着きました。2階ホームの供用開始後は1番線(横浜方面)と2番線(羽田空港・横浜方面)の列車が発着しています。高架完成後の地上ホーム跡地は駐車場、駐輪場に整備される予定になっているようです。


京急蒲田09
1番線から羽田空港線方面を見る
(2008年6月6日撮影)

これは今から4年前に京急蒲田駅から羽田空港方面を携帯で撮影した写真。
愛媛時代の私は平成17年~20年にかけて出張で愛媛と東京を頻繁に行き来していて、帰路に蒲田で空港線に乗り換える時はいつも1番線南端のこの位置で電車を待ってました。当時は「蒲田は年中工事してるな~」ぐらいにしか思ってませんでしたが、この時期は2階高架ホームがまだ供用前の完全な地上駅だったので、今となればもっと気の利いた写真を撮っておけば良かったと悔やまれます。


京急蒲田10
上の写真から4年後の様子

ここから見る光景は地上ホームの廃止が目前に迫った今でも、信号機の位置が変わったぐらいで特に変化はありませんでした。


京急蒲田07
2番線から発車する浦賀行き快特列車



京急蒲田08
1番線から発車する羽田空港行き快特列車



京急蒲田13
空港線から入線する新逗子行き急行列車

京急蒲田駅から分岐した空港線は駅構内を出るとすぐに京急蒲田(空)第1踏切で第一京浜(国道15号線)と平面交差しています。この踏切は上り線が高架になる以前は国交省から「開かずの踏切」に認定されており、第一京浜の大きなボトルネックとなっていたばかりか、京急側にも25km/h制限という非常な低速運転を強いていました。


京急蒲田14
京急蒲田(空)第1踏切を通過する羽田空港行き快特列車



京急蒲田15
平成19年12月から3年間使用された東口の仮設地下改札



京急蒲田16
第一京浜側の京急蒲田駅東口



京急蒲田17
第一京浜から京急蒲田(空)第1踏切を見る(奥が南側)



京急蒲田18
第一京浜から京急蒲田(空)第1踏切を見る(奥が北側)



京急蒲田19
南蒲田交差点

京急蒲田(空)第1踏切の南側、第一京浜と環八通りの二つの幹線が交差する南蒲田交差点ではアンダーパスによる立体化工事が進行中でした。第一京浜と環八は南蒲田交差点に隣接してそれぞれ京急との開かずの踏切を抱えていたので、京急の高架化と当アンダーパスが完成すれば慢性的だった交通渋滞は劇的に改善される事でしょう。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/291-a2c44768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック