坂根スイッチバック01
木次線・坂根スイッチバック
【近代土木遺産Cランク】

木次線は山陰本線・宍道駅(島根県松江市)と芸備線・備後落合駅(広島県庄原市)を結ぶ陰陽連絡線の一つとして昭和12(1937)年に全通しています。この内、最後の開業区間となった県境北側の出雲坂根から三井野原にかけては、直線距離では1㎞程度に過ぎないものの高低差が160mにも達することから、これを解消するためZ型の3段スイッチバックとΩカーブを描く6.4㎞の勾配緩和ルート(平均25‰)が採用されました。
なお、木次線の開業から55年後の平成4(1992)年に開通した国道314号線・三井野原道路は高低差105mの二重ループ橋「奥出雲おろちループ」によって、この急峻な地形をクリアしています。


坂根スイッチバック02
出雲坂根駅

下段のスイッチバックが行われる出雲坂根駅。
奥に見えている橋は標高約700m地点に架かる三井野大橋で、出雲坂根~三井野原間の木次線もスイッチバックとΩカーブを駆使して三井野大橋の傍まで登って行きます。


坂根スイッチバック19
乗客は我々しかいない木次線(出雲坂根~三井野原)

出雲坂根~三井野原間には何度か乗車した事がありますが、県境を跨ぐ超閑散区間のため乗客は殆どなく、稀に鉄ヲタとか18きっぷ利用者が乗ってるのを見掛けるぐらいです。運行本数も末期の岩泉線と同じ1日3往復しかありません。はっきり言って木次線の出雲横田~備後落合間29.6㎞については、いつ廃線になってもおかしくない状態だと思います。


坂根スイッチバック03
【A地点】 坂根踏切から出雲坂根駅のシザースクロスポイントを見る

右奥:1番のりば(備後落合行きホーム)
左奥:2番のりば(宍道行きホーム)
右前:宍道方面
左前:備後落合方面


坂根スイッチバック04
【A地点】 坂根踏切から進行方向を見る
左:宍道方面 右:備後落合方面



坂根スイッチバック05
【B地点】 中段から出雲坂根駅を見る



坂根スイッチバック06
【C地点】 上段のスイッチバック

中段のスイッチバック線を700mほど登ると上段の分岐に到着。ここで再度の方向転換をして車両の進行方向が元に戻ります。


坂根スイッチバック07
【D地点】 末端部分から上段のスイッチバックを見る
豪雪地帯のためポイントにスノーシェルターが設置されている



坂根スイッチバック08
【E地点】 上段のスイッチバック
左:備後落合方面 右:宍道方面



坂根スイッチバック10
【F地点】 第1坂根トンネルを抜け出た所
この辺りが上段線から中段線が見える最後の地点



坂根スイッチバック11
【G地点】 Ωカーブ区間内は制限速度30km/h



坂根スイッチバック12
【H地点】 中央坂根トンネル
右手には見えているのはおろちループの一部「新平家橋」



坂根スイッチバック13
第6坂根トンネル内

Ωカーブ内には第1~第8坂根トンネルに中央坂根トンネルを加えた計9ヶ所のトンネルが連続しています。


坂根スイッチバック14
【I地点】から三井野大橋を見る

第7坂根トンネルを抜けると出雲坂根駅では遥か上空に見上げていた三井野大橋と同じ高さまで到達します。ここまで来ると三井野原駅まであと一息。


坂根スイッチバック15
【I地点】から新平家橋、新三国橋等を見る

三井野大橋を大ループとするなら、こちらは小ループ。
【H地点】では木次線は新平家橋より低い位置を通っていましたけど、ここまで登ってくると新平家橋を含む小ループを見下ろすようになっていました。
ところで、小ループには「新」の付く橋名が目に付きますが、旧国道上で見付けられるのは平家橋のみ。残りの新三国橋、新紅葉橋に旧橋は存在するのか?。そのうち「おろちループ」の旧国道である三井野越についても記事にする予定です。

※(旧)紅葉橋については↑写真内の「新紅葉橋」の文字の下に架かっているとの情報を頂きました。(10/17追記)


坂根スイッチバック16
【J地点】 三井野原高原

第8坂根トンネルを過ぎると急峻な断崖の車窓は終わりを告げ、荒涼とした雰囲気の三井野原高原に入って行くのでした。


坂根スイッチバック17
三井野原駅

三井野原駅は周辺のスキー場利用客等の利便を図るため、昭和24(1949)年に仮乗降所として設置された事に始まり、昭和33年には正式に駅として開業して現在に至っています。なお、当駅が立地する標高726mは木次線だけでなく、JR西日本全駅で最高所です。


坂根スイッチバック18
床面が赤地に白の水玉模様という、やたら派手な三井野原駅舎内



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/16(水) 07:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/240-7db70225
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック