松山人車軌道地図

明治41(1908)年に東北本線上に松山町駅(宮城県志田郡松山町、現大崎市)が新設されましたが、この駅は当時の松山町の中心部であり役場も置かれていた千石地区からはやや離れていたことから、東北本線を利用する町内の乗客輸送を当て込んで大正11(1922)年に松山町駅と千石間(延長約2.5㎞、軌間610mm)を結ぶ松山人車軌道が開業しました。


松山人車軌道01
豆相人車鉄道(小田原~熱海)の人車

人車とは文字通り文字通り「人」が動力として客車を押す鉄道です。鉄道としては最も簡便な部類に属する物である事から、明治から大正にかけて主に東日本を中心に敷設され地域内輸送に大いに貢献しました。しかし人力を動力とする人車では当然ながら輸送における限界値があらゆる面で僅少であった為、戦前までに殆どの人車軌道が乗合バスなどに転換して姿を消しました。松山人車軌道も開業から僅か6年後の昭和3(1928)年に黒字経営を維持したまま廃止となり、バス事業を開始しています。


松山人車軌道02
【A地点】 東北本線松山町駅

松山人車軌道の起点駅だった金谷駅が置かれていた松山町駅の駅前広場。
80年以上も前に廃止になった松山人車軌道の遺構は全区間を通して何も残ってないので、以下は軌道が敷かれていた道路をさらっと紹介します。


松山人車軌道03
【A地点】から千石方面を見る

軌道が通っていた宮城県道153号線(松山停車場線)。当時の地形図を見ると沿道は一面の田園風景だったようですが、現在は住宅が立ち並んでいます。


松山人車軌道04
【B地点】 金ヶ崎駅跡

県道19号線(鹿島台高清水線)バイパスとの交差点になっている金ヶ崎バス停前。詳細な位置は不明ですが松山人車軌道にも同名の駅が置かれていました。


松山人車軌道05
【C地点】 旧県道19号線、松山郵便局前の廃線跡



松山人車軌道06
【D地点】 竹ノ花

旧松山町の市街地の入口に位置する竹ノ花の交差点。ここで軌道跡は南に方向を変え(左折して)、終点の千石を目指します。


松山人車軌道07
【D地点】から千石方面を見る



松山人車軌道08
【E地点】 松山ふるさと歴史館前

古い街並みが残る松山人車軌道の終点だった古い千石地区。wikiによりますと金谷~千石間2.5㎞に要した時間は約15分、運賃は大人20銭、小人10銭だったとのことです。ちなみに以前にも比較例に出した愛媛鉄道と別子鉱山鉄道の運賃と比べると高めの設定です。これは人車の性質上、人件費が嵩んだ為と思われます。

愛媛鉄道:新谷~喜多山(1.2km)…4銭(S3/現160円)
別子鉱山鉄道:土橋~山根(1.3km)…3銭(S4)

千石駅跡にほど近い松山ふるさと歴史館には復元された松山人車の客車が一両保存されています。


松山人車軌道09
松山ふるさと歴史館の復元車両

この木造単車は「幻の人車」といわれ、大正11年から昭和3年まで、松山町横町角から、町をとおり駅まで(2.5km)はしっていた「松山人車軌道株式会社」の人車である。この人車は残っていた車体を、仙台放送が昭和47年鉄道百年祭に展示する為、仙台市交通局に依頼して復元したもので定員8名(満員時15、6名)を乗せ車夫が車体の後部に肩を当てて押して動かしたものである。昭和62年7月ふるさと松山町に寄贈された。(大崎市教育委員会の説明板より)


松山人車軌道10
【F地点】 御本丸公園の複製人車

また、御本丸公園のコスモス園内ではコスモスまつりの開催中(毎年9月末から10月中旬)に複製人車が運行しており、人車に体験乗車する事ができるという話を聞き、私も乗車するべく遥々大崎市まで出かけたものの、なんと運行日はコスモス祭りの期間中のうち3日しかない事が現地で判明し、当日(9月24日)は該当日ではなかったので残念ながら乗車はできませんでした。
まあ、人車がレールに乗っている姿を見られただけでも良しとしましょう…。この複製人車は普段は麓の酒ミュージアムに展示されているそうです。


松山人車軌道11

なお、複製人車の運行についてはこちらのサイトに詳しいので熟読して行けば乗りっぱぐれる事はないかと思います(上の写真も転用させてもらいました)。


松山人車軌道12
御本丸公園のコスモス園



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/232-3721de50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック