高知県道229号線1

魚梁瀬に向けて旧国道55号線(県道364号線・南国野市線)を走行中に、野市小学校前から分岐する怪しげな県道(緑線)をカーナビで見付けました。通過しながら何か違和感を感じたので急停車して分岐地点まで歩いてみる事にします 。


高知県道229号線2
県道364号線(奥が高知側)

これが問題の分岐、県道同士の交差点です。
どこが交差点なのか分からない方が殆どだと思いますが、念入りに地図を確認した結果「30km/h制限」と「駐禁」の標識が付いてる電柱が建っている所が交差点になっているみたいです。


高知県道229号線3
謎の県道の入口

入口からいきなり何という狭さでしょうか。電柱6本分ぐらいの道幅しかなく、自動車での進入は不可能と思われます。


高知県道229号線4
ごめんなはり線の高架

入口からも見えていましたが、この路地のような県道は土佐くろしお鉄道(ごめんなはり線)の高架にぶつかって終了しています。地図には載ってない高架に沿った道で「のいち駅」前に繋がっており、自動車はこちらから出入りしているようです。
さて、この県道の正体ですが高知県道一覧によれば「県道229号・野市停車場線(L=0.053km)」という路線らしいです。野市停車場はごめんなはり線の現「のいち駅」ではなく、昭和49年に廃線になった土佐電安芸線の駅で、ちょうど県道の突き当たりの高架の下に駅がありました。通り掛かったおばさんから「安芸線の駅への出入りはこの道しか無かった」との証言も得られました。
停車場線と名が付く県道は大半が狭くて短い物ですが、それにしてもこの野市停車場線は群を抜いています。駅が遠い昔に廃線になっている事もあって存在自体が忘れられているかのようです。


高知県道229号線5
高架から旧国道側を振り返って撮影

旧国道の高架からここまで100m強あり、カーナビでも緑線は高架までは繋がっていない事から、県道区間はこの写真奥側の半分ぐらいだけのはずです。県道指定されている区間が最も狭い訳なんですが…。


高知県道229号線6
のいち駅前

のいち駅の開業に合わせて、駅を中心に南北に走る市道(旧役場付近~R55バイパス)が開通し、現在はこの道が野市停車場線の役割を担っています。いずれはこちらが県道229号線に指定される可能性もあるんではないでしょうか。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
不思議な県道ですね。
路面のほとんどが水路というのも不思議。
昔からこの道しかなかった。との証言に間違いがなければ、
古くから暗渠を設けて幅員を確保していたのでしょうね。
2009/04/21(火) 08:31 | URL | マフ巻 #nft/jt/c[ 編集]
そう言えば私も水路との関係が気になってました。
もしかするとこうなる以前はこの幅と水路と半々で使っていたのかも。
また通る事があったら聞き取りしときます。
2009/04/23(木) 01:01 | URL | しろ #-[ 編集]
今更なんですが、カーナビのデータはいつのものですか? 2002年発行の地図では市道の東の通りが県道色に塗られています。
2013/06/19(水) 23:37 | URL | 九朗 #lcZPo9ns[ 編集]
確かこの時のカーナビは2005年に買った2004年のデータだったと思います。ヤフーの地図を見ると確かに東の道が県道229号になってますね。
ってか確認してみると本当の旧県道229号は私が撮ってる小道のもう一つ西側のようなので今年の夏に帰省する時に行けたら確認しときます。
2013/06/20(木) 21:42 | URL | しろ #cim2vaZ6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/23-c654f7a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック