丸子線地図01

上田丸子電鉄丸子線は大正5(1916)年に当時全盛期を迎えていた小県郡丸子町(現上田市)の製糸業者が中心となって、材料、製品の輸送を目的とした丸子鉄道(昭和18年に上田電鉄と合併し上田丸子電鉄となる)を設立した事に始まります。2年後の大正7年11月に丸子町駅~信越本線の大屋駅間6.5㎞が開業し、同14年には大屋駅から上田東駅までの5.4㎞が延伸開業して上田市街地と丸子町が一本の路線で結ばれました。
開業から間もない時期は旅客・貨物輸送ともに好調で終点の丸子町駅は郡内のターミナル駅として機能していましたが、昭和4(1929)年からの世界恐慌を契機として国内の製糸業は衰退し、丸子線の貨物取扱量も減少の一途を辿ります。この時点では旅客にはまだ需要があり、昭和8年には丸子町駅と中央本線下諏訪駅を結ぶ省営バス(後の国鉄バス)「和田峠線」が開通しているほか、昭和9年に上長瀬駅、同31年に下長瀬駅が開業しています。しかし戦後はバスに徐々に押されがちになり丸子線は昭和44年4月に全廃されました。


丸子線01
【A地点】 しなの鉄道(旧信越本線)大屋駅

開業当初の始発駅だった大屋駅。向かって右側の駐車場になっているスペースが丸子線の大屋駅(電鉄大屋駅)跡地です。丸子線の末期には国鉄とは別に自前の駅舎も建てられていました。
なお、信越本線の大屋駅は生糸輸送の便を図るために地元の要請によって設置された国鉄初の請願駅(明治29年開業)と知られており、ここからも同地区におけるかつての製糸業の隆盛ぶりが窺えるというものです。


丸子線02
【A地点】から上田東・丸子町方面を見る

丸子線の大屋駅はスイッチバック駅で、駅の西側約300mの地点から丸子町方面(大正7年開業)と上田東方面(大正14年開業)の線路が分岐しており、丸子町方面へはここで急カーブを描き進路を南へ変えていましたが、宅地化が進んだ為か廃線の跡地は確認できません。上田東駅に向かっていた信越本線と並行する区間の路盤は、廃止後に信越本線の複線化用地に転用されました。


丸子線03
【A地点】から大屋~信濃石井間を見る

大屋駅を出た丸子線は長さ190mの鉄橋で千曲川を渡っていました。この鉄橋(千曲川橋梁)は廃線後は「大石橋」(近代土木遺産Aランク)として車道に転用され、信号を使った交互通行の状態で長らく利用されていましたが、平成13(2001)年の台風災害によって一部が流失した事から、全面的に架け替えられる運びとなり平成16年に開通しています。

※開業から間もない時期に撮影された千曲川橋梁の絵葉書を入手しました。


丸子線04
【B地点】 現在の大石橋(L=194.6m、W=8.0m)



丸子線05
りんどう橋

旧大石橋の内、ボーストリング一連分は平成19年に丸子町内(現上田市)に移設され、人道橋の「りんどう橋」として活用されています。

地図


丸子線06
【C地点】 信濃石井~下長瀬間

大石橋以南の路盤は丸子町駅まで上丸子駅付近のごく一部を除いて車道に転用されているので遺構は殆ど残っていませんが、その代償として廃線跡を車で容易に辿ることができるようになってます。


丸子線07
【D地点】 北陸新幹線を潜る下長瀬~長瀬間の廃線跡



丸子線08
【E地点】 下丸子駅跡付近の丸子鐘紡専用線分岐点

下丸子駅は昭和10(1935)年に信濃丸子駅、昭和25年に丸子鐘紡駅と開業から廃止までの間に2回改称しています。2度目の改称「丸子鐘紡駅」は同駅から鐘紡(カネボウ)丸子工場への貨物専用線が建設された事によります。丸子線廃止後は鐘紡の輸送は滞りなくトラックに切り替わりましたが、現在では工場も閉鎖となり跡地にはカネボウベルプラザが建っています。


丸子線09
【F地点】 中丸子駅跡(奥が上田方面)

中丸子駅の跡地には駅舎の一部を転用したと言われている住宅(写真左側)とトイレ小屋(写真右側)が残っています。いずれも事前に情報を得ていないと到底それと気付けない物件ですが…。


丸子線10
トイレ小屋

一応、小屋の裏側にも回って内部も確認してみましたが、現在では農機具の倉庫になっているらしくトイレとしては使われてないようでした。


丸子線11
【G地点】

ここまで続いてきた廃線道は上丸子駅の前後で私有地(?)となり一旦途切れますが、100m程度なので隣接する市道で簡単に迂回することができます。


丸子線12
【H地点】 上丸子駅跡(奥が上田方面)

劇場が隣接し映画の上映日には大層な賑わいだったと言われている上丸子駅。駅の跡地は更地となり何も残っていませんが、駅前道路の取り付けが駅前らしさを残しています。ちなみに劇場があったとされる跡地には某学会の会館が建ってしまっているようです。


丸子線13
【I地点】 丸子中央小学校の裏に残る廃線跡の掘割



丸子線14
丸子中央小学校を過ぎると終点、丸子町駅
写真奥の白い建物が駅跡



丸子線15
【J地点】 丸子町駅跡

電車区も備えた丸子町駅の広大な跡地にはスーパー(マツヤ)が建っていましたが、今回訪ねてみると閉店して空き店舗になっていました。その為か数年前と比べると人の姿も疎らで、駅跡の一角に整備されたバスターミナルも広い敷地を持て余しているような印象を受けてしまいます。


丸子線16
昭和10年頃の丸子町駅のバス連絡風景

丸子町駅から和田峠(国道142号線)を越えて下諏訪駅へ至る省営バス和田峠線が昭和8(1933)年に開通した事は前述しましたが、これに合わせて丸子町駅にはバスがホームまで直接乗り入れられる構造の環状式連絡ホームが建設されました。これは電車とバスの「ドアtoドア」を実現する他に類のない画期的なアイデアではあったものの、次第に大型化するバス車両には対応が難しくなり昭和27(1952)年に廃止されています。


丸子線20
昭和10年頃の和田峠道

丸子町駅から和田嶺隧道まで約28.5㎞、下諏訪までは約42㎞。当時の省営バスでの所要時間は下諏訪まで約3時間を要しました。


丸子線17
丸子駅前停留所

千曲バスのバスターミナルは丸子線廃止から40年以上経った今でも「丸子駅前」を名乗っているほか、駅から県道167号線に接続する道路も「駅前通り」のままであり、県道との交差点の公式名称にもなっていました。そしてそれらの名称が違和感なく受け入れられるだけの雰囲気が丸子町駅跡にはまだ濃厚に残っています。


丸子線18
駅前通り交差点と丸子駅前郵便局



丸子線19



丸子線地図02



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/227-bf6bfdbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック