豪渓隧道01
(備中豪渓)窮通巌隧道

岡山県吉備中央町(旧賀陽町)の名勝・豪渓に存在した小さな隧道の絵葉書。この場所は今どうなっているのかと言うと。


豪渓隧道02
豪渓隧道跡地
(上記の絵葉書と同位置)

隧道は跡形もなく撤去され、このような状態になっていました。掲示板に寄せられた情報によると隧道の撤去工事が行われたのは平成9(1997)年であるとの事です。

『豪渓隧道』
大正10年竣工、延長17m、幅員3.0m、高さ3.0m
地図


豪渓隧道03
豪渓を迂回する町道との分岐点

豪渓付近の県道57号線(総社賀陽線)は見通しが悪く、離合困難な狭い区間が連続する悪路の上に、平成15年から23年まで土砂崩れによって長期間通行止になっていました。その為、岨谷から豪渓を迂回して伯備線・日羽駅に抜ける町道の整備が進められ、現在では町道の方が優先道路として扱われています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/218-ad945397
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック