仙人小屋01
【10:25】 西府橋を通過する快速「鎌倉あじさい号」

6月22日の「鎌倉あじさい号」は職場の同僚と共に米タン日記でお馴染みの西府橋へ。同僚を誘うに当たって散々「あさま色の183系」が来るぞと言っていたので、国鉄色の183系が現れた時にはちょっと気まずい思いでした。この後は最寄りの国立府中インターから中央道に乗ってジビエ料理で有名な山梨県北杜市の仙人小屋へ行って来ました。


仙人小屋02
仙人小屋
山梨県北杜市大泉町西井出6924-2

国立府中インターから長坂インターまで中央道に乗って仙人小屋に到着したのは12時過ぎ。立川からだと約2時間の行程です。

食べログ
地図


仙人小屋03
春の山菜定食(3,000円)

四季折々の山菜料理を供する仙人小屋にて私がオーダーしたのは春の山菜定食。3,000円と少し値は張りますが、「①ツリガネニンジン白和え、②フキノトウミソ和え、③山ウド煮物、④アマドコロひたし、⑤カラハナソウミリンじょうゆ、⑥行者ニンニク甘じょうゆ漬、⑦アケビのおひたし、⑧ミツバウツギの香りびたし、⑨カラスのエンドウつくだ煮、⑩トトキのトサ和え、⑪山ウコギのひたし、⑫ニリン草のひたし」以上、12種類のおひたしに山菜10種以上の天ぷらとサラダ、きのこ汁が付いた逸品。都会の生活に疲れた心身が癒されます。はちのこ丼(1,800円)や川魚イクラ丼(1,800円)とかも気になったのですが店員さんに定職と一緒だと完食は難しいだろうと諌められたので断念しました(量が多いのでこれで正解だったと思います)。


仙人小屋04
色々天ぷら定食(2,000円)

同僚が頼んだ主食は色々天ぷら定食。名前の通り色々な天ぷらが美味そうですね。こちらは山菜だけでなくパセリやトマト等の天ぷらも入っていたとの事です。


仙人小屋05
サイドメニューの「赤魚から揚げ」(1,200円)



仙人小屋06
みそおでん(300円)とイワナ塩焼(800円)

このイワナの塩焼は同僚が大絶賛してました。私も頼めば良かった…。


仙人小屋07
店内風景





仙人小屋08
きのこ天ぷら定食定(2,000円)

ここからは2011年の秋に行った時の秋メニューをご紹介。価格は当時の物なのでご注意を。


仙人小屋09
鹿肉丼(1,500円)



仙人小屋10
きのこ天ざるそば(1,500円)



仙人小屋11
仙人小屋の桃太郎(2011年秋)

当時1才だった仙人小屋の桃太郎。今回の訪問ではいなかったようなので既に猪丼にでもなってしまったのかな?。猪ぐらいならうちの親戚でもハントしてきますが実に美味い肉ですよ。


仙人小屋12
自家製 猪の焼肉



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/182-be5cdd4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック