江名鉄道地図01

江名鉄道は福島臨海鉄道の小名浜駅といわき市内の江名駅を結ぶ、約5.0㎞の鉄道路線として昭和28(1953)年に開業しました。福島臨海鉄道が営業管理をしていた事もあって常磐線泉駅から江名駅まで直通運転が行われ、実質的には福島臨海鉄道の一部のような扱いでしたが、昭和40年に海岸沿いの永崎付近で台風被害を受け、これがきっかけとなり昭和42(1967)年に小名浜~江名間の全線が廃止されました。なお、福島臨海鉄道は昭和47年に旅客営業を廃止して貨物専業鉄道になっています。


江名鉄道01
【A地点】 小名浜駅

江名鉄道の事実上の起点駅だった小名浜駅。福島臨海鉄道の中心駅ですが貨物専業鉄道の為か駅舎も簡素な造りで、あまり「駅前」という雰囲気を感じない立地です。海から近いので先日の震災・津波の影響で周辺には瓦礫が散乱していました。


江名鉄道02
小名浜駅舎



江名鉄道03
小名浜駅構内



江名鉄道04
小名浜駅から江名方面を見る

駅構内の側線はやがて一本に集約し緩やかな右カーブを描き、「いわき・ら・ら・ミュウ」入口交差点の手前で途切れています。かつてはここから約5㎞先の江名まで線路が続いていました。


江名鉄道05
信号が傾いている「いわき・ら・ら・ミュウ」入口交差点

小名浜駅構内を抜けた廃線跡地は四車線の広大な道路(小名浜港臨海道路)に飲み込まれてしまい、鉄道時代の痕跡は全く残っていません。

地図


江名鉄道06
小名浜港の座礁、浸水した船



江名鉄道07
【B地点】 小名浜港トンネル 小名浜側坑口

魚市場前にあった栄町駅跡地を過ぎると小名浜港臨海道路は上下別線の小名浜港トンネル(昭和60年竣工、延長172m)に入ります。この内、東行き(北側)のトンネルが江名鉄道の第1小名浜トンネルを拡幅転用した物です。
拡幅トンネルの常として拡幅前の面影は残っていませんが、江名鉄道が開通した昭和28年頃に造られた鉄道トンネルは無装飾のコンクリートトンネルが殆どなので、おおよその姿は想像できるような気がします。


江名鉄道08
【C地点】 第2小名浜トンネル跡

小名浜港トンネル(第1小名浜トンネル)を抜けた江名鉄道跡は北上する小名浜港臨海道路と分かれて、市道になって東進を続けます。臨海道路と市道の交差点は大きな切り通しになっていますが、これは江名鉄道の第2小名浜トンネルを開削した跡地で、切り通しの規模からトンネルの長さは100~150m程度あったように思われます。

地図


江名鉄道09
小名浜高校から第2小名浜トンネル跡を見る

切り通しを抜けると市道は下り勾配に転じて水産高校駅跡へ下っていきます。この坂の勾配は3%(30‰)強あり、鉄道としては結構きつい部類に入り、wikiの江名鉄道の頁では最大勾配が16‰と記載されている事から、この第2小名浜トンネル~水産高校駅間の坂に関しては「市道=廃線跡」なのか多少の疑問が残りました。


江名鉄道10
小名浜高校から水産高校前駅跡を見る 【地図



江名鉄道11
避難所になっている小名浜高校に来ていた陸自の車両(給水用)



江名鉄道12
【D地点】 県道と市道の合流地点
江名鉄道は海側の歩道辺りを通っていた



江名鉄道13
【E地点】 永崎隧道跡地

永崎集落で県道15号線は新道と旧道に分岐していますが、新道は江名鉄道の廃線跡を転用して建設されています。かつては上の写真に写っている山肌がもっと海側に迫っていた為、この(県道と江名鉄道の)分岐点には県道の「永崎隧道」(大正15年竣工、延長40.0m、幅5.0m)がありましたが、新道建設時に撤去されたようです。
現地ではここが永崎隧道の跡地だと気が付かなかったのでスルーしてしまいましたが、いずれ再訪して詳細に調べてみたいと思っています。

地図


江名鉄道14
【F地点】 永崎駅跡はコンビニの駐車場になっている

前述した江名鉄道が廃止される原因となった昭和40年の台風で、路盤に大きな被害を受けたのは永崎駅付近ですが、今回の震災・津波でもこの界隈は被害を受けているようです。

地図


江名鉄道15
震災でボロボロになった永崎海岸駐車場のアスファルト



江名鉄道16
夏場は多くの海水浴客、サーファーで賑わう永崎海岸

江名鉄道②【馬落前~江名】に続きます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/173-5f8502dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック