FC2ブログ
予讃線01
第二粟井坂トンネル松山側坑口跡

予讃線の光陽台駅~堀江駅間には、掘削中の崩落事故が原因で未完成のまま廃棄に至った粟井坂南口トンネル(第二粟井坂トンネル)が存在しており、4年ほど前に当ブログでも記事にしています。
結果的に現地には粟井坂南口トンネルの遺構は皆無であったので、両坑口の疑定地を紹介するだけで終わってしまいましたが、予讃線工事概要(伊予西条~松山間)に、粟井坂南口トンネルの導坑を写した写真を発見したため、少なくとも松山側坑口については疑定地が正しかった事が証明できました。

第二粟井坂隧道附近線路変更箇所

小屋ノ後方ニ見ユルハ舊線路ニテ左方丘角ノ方形黒点ハ第二粟井坂隧道導坑口ナリ本隧道ハ施工中再度ノ豪雨ニ遭ヒ上部地表ニ大亀裂ヲ生ジ坑内ニモ崩壊ヲ来セリ之ガ為メ松山線ノ全通期ヲ眼前ニ控ヘ海中ニ護岸石垣ヲ築造シ之ニ沿ヒ線路及道路ヲ付換ヘタル所ナリ



予讃線02
第二粟井坂トンネル松山側坑口跡
(平成30年7月24日撮影)






予讃線03
北条スポーツセンター裏側のトンネル

この予讃線工事概要の写真集には、大正10(1921)年から昭和2(1927)年にかけて開通した伊予西条駅~松山駅間の中から抜粋した8ヶ所の土木建造物が掲載されています。これらの土木建造物について松山方面から順番に現状確認してみようと試みましたが、2ヶ所目となる北条スポーツセンター裏側にあるトンネル(伊予北条駅~大浦駅)は猛烈な薮と暑さによって接近を断念せざるを得ませんでした。まあ、薮が落ち着いた冬場にでも出直す事にしましょう。

川溝付換法肩土砂溜工

松山線多度津起点八十八哩五十四鎖十九節九ニアリ此附近ハ上流ヨリ土砂ノ流下スルコト多ク下流ニ沈澱シ開渠其他ヲ埋没スル虞アルニヨリ上流法肩附近ニ土砂溜ヲ設ケタリ



予讃線04
北条スポーツセンター裏側のトンネル付近
(平成30年7月24日撮影)






予讃線05
千破山トンネル

松山市と今治市の境界付近に掘削された千破山トンネル(高松起点169.6km)。海に落ち込むかのような急峻な山肌は現在においても国道196号に極めて急なカーブを強いており、平坦な区間が多い同国道の中では随一の難所であり続けています。

千破山隧道

位置松山線多度津起点八十五哩六十五鎖八十節延長三百十呎二地質硬花崗岩ニシテ其構造ハ混凝土及混凝土塊トス



予讃線06
千破山トンネル
(平成30年7月24日撮影)






予讃線07
鋤崎山トンネル

続いて千破山トンネルの北側の鋤崎山トンネルと燈鹿山トンネル。開業以来90年経っても線路には目立った変化は見られませんが、山肌に取り付くように屈曲していた国道196号は海岸の埋め立て、トンネル掘削(砥鹿山隧道)等の近代土木技術を駆使して直線的に改められました。

鋤崎山及燈鹿山隧道連接ノ実景

菊間伊豫北條間ハ丘陵海ニ逼レルヲ以テ線路ハ之等ノ丘脚ヲ縫ヒテ進ミ本区間ニ隧道ヲ算スルコト十有五ニ及ベリ本写真ハ其一部ニシテ前方ハ鋤崎山隧道(延長八十八呎餘)後方ハ燈鹿山隧道(延長百三十五呎餘)ナリ



予讃線08
鋤崎山トンネル
(平成30年7月24日撮影)



予讃線09
鋤崎山トンネルを通過する特急「しおかぜ」



予讃線10
砥鹿山隧道 松山側坑口
(平成18年6月10日撮影)

予讃線・燈鹿山トンネルの隣に掘られた砥鹿山隧道(昭和43年開通、延長59m)は、平成11(1999)年に松山北条バイパスが開通するまでは長らく国道196号唯一のトンネルであり、カーナビのない90年代までは松山~今治間のドライブにおいて目印となる存在でした。


予讃線11
昭和43(1968)年まで利用されていた砥鹿山隧道の旧道







予讃線12
大明神川トンネル 伊予西条側坑口

予讃線では唯一の天井川トンネルである大明神川トンネルも予讃線工事概要に掲載されています。大明神川トンネル、加茂川橋梁及び伊予西条駅の詳細については以前の記事をどうぞ。

大明神川隧道

周桑郡三芳村地内多度津起点六十二哩七十二鎖三節ニ位シ国安三芳ノ村界ヲ流ルル大明神川ノ河底ヲ穿テル延長二百十五呎ノ隧道ニシテ函型筋混凝土造トス



予讃線13
大明神川トンネル 伊予西条側坑口
(平成30年7月24日撮影)



予讃線14
大明神川トンネルを通過する8600系「しおかぜ」






予讃線15
中山川砂利線

玉之江駅~伊予小松駅間の中山川には戦後の間もない時期まで、線路で使用する川砂利を採集するための砂利鉄道が敷設されていました。一応、現地を確認してみたものの確たる遺構は現存せず、昭和20年代の空中写真にのみ姿を残す幻のような存在です。

中山川砂利線ニ於ケル「スチームショベル」使用ノ実況

本線路ニ使用シタル砂利ハ大部分中山川ヨリ採集シタルモノナリ圖ハ同所ニ於ケル「スチームショベル」ニ依ル砂利採集積込ノ光景ナリ






予讃線16
加茂川橋梁

東豫ヲ横断セル巨流加茂川ニ架設シタルモノニシテ多度津起点五十二哩七鎖六十九節ニ當リ延長七百七十九呎径間五十呎五連基礎ハ井筒工ナリ


予讃線17
加茂川橋梁
(平成17年7月26日撮影)






予讃線18
伊予西条駅

新居郡西條町ノ南部ニ位シ松山線ノ支点ニシテ同線各駅中ノ主要停車場トス


予讃線19
伊予西条駅
(平成20年1月18日撮影)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/1122-5b14cae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック